MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > イニシャルDに出てくる車種&聖地まとめ|漫画「頭文字D」の登場車とキャラクター
エンタメ総合

更新

イニシャルDに出てくる車種&聖地まとめ|漫画「頭文字D」の登場車とキャラクター

頭文字D(イニシャルD)とは?

伝説的な自動車漫画の金字塔!

頭文字D(イニシャルD)は、1995年から2013年にかけて週刊ヤングマガジンにて連載された自動車漫画の金字塔です。

群馬県を中心とした北関東の峠を舞台に、天才アマチュアドライバーの主人公が、様々な”走り屋”にレースバトルに挑まれ、モータースポーツの世界を知っていくストーリーとなります。

「ギャアアアア」というドリフトの擬音と共にページいっぱいに迫力あるシーンが展開され、車の細かな挙動の描写、そして極限バトル中のキャラクターが生み出す数々の名言など、車に詳しくない方でも楽しめる内容となっています。

頭文字D(1) (ヤングマガジンコミックス)

頭文字D(1) (ヤングマガジンコミックス)

しげの秀一
748円(12/09 17:19時点)
発売日: 1995/11/06
Amazonの情報を掲載しています

イニシャルDに登場する車種と乗車キャラ一覧

イニシャルDで、物語に携わってくる登場する車種やキャラクターをピックアップしてみました。

主人公の藤原 拓海が操るAE86型スプリンタートレノをはじめ、物語を動かしていく印象強い車たちが活躍します。ぜひ、原作漫画やアニメ版を楽しむなら注目してみてください。

車種乗車キャラ
トヨタ  スプリンタートレノ(AE86型)藤原 拓海
日産 シルビア(S13型)池谷 浩一郎
日産 180SX (RPS13型、中期モデル)健二
マツダ サバンナRX-7(FC3S型)高橋 涼介
マツダ アンフィニRX-7(FD3S型、前期モデル)高橋 啓介
日産 スカイラインGT-R(BNR32型)中里 毅
ホンダ シビック(EG6型)庄司 慎吾
シルエイティ(日産 シルビア S13型&180SX)佐藤 真子
三菱 ランサーエボリューションⅢ須藤 京一
三菱 ランサーエボリューションⅣ岩城 清次
トヨタ カローラレビン(AE86型)秋山 渉
トヨタ MR2(SW20型)小柏 カイ
ユーノス ロードスター(NA6CE型)末次 トオル
ホンダ シビック タイプR(EK9型)二宮 大輝
ホンダ インテグラ タイプR(spec96、前期型)スマイリー酒井
ホンダ S2000 (AP1型、前期モデル)城島 俊也
日産 スカイラインGT-R(BNR34型)星野 好造
スバル インプレッサ WRX STi バージョンV藤原 文太

藤原 拓海|トヨタ スプリンタートレノ(AE86型)

主人公である藤原拓海搭乗車種。1983年にトヨタ自動車が発売した小型の乗用車「スプリンター」のスポーツモデルです。この型式番号の「AE86」からスプリンタートレノは、俗に「ハチロク」という愛称で親しまれています。

自然吸気の1.6Lエンジンと後輪駆動の組み合わせ、旧態的なサスペンションは、当時のレベルからしても単純な構造であり、他の国産スポーツカーと比較して見劣りしていました。

しかし、構造が単純だったが故に改造が容易であったこと、当時新規開発された4A-GEU型エンジンを搭載したことが、チューニング志向の強い層の支持を得ました。

頭文字Dで取り上げられたことにより、カルト的な人気を博し、現在でもプレミアム価格で取引されています。

池谷 浩一郎|日産 シルビア(S13型)

主人公の先輩である池谷浩一郎搭乗車種。1988年5月に発売し、歴代シルビアの中で最も販売台数が多く、若者を中心に爆発的に売れました。

当時すでに少なくなっていたミドルクラスの後輪駆動車で、スポーツ走行にも適した設計であったことにより、スポーツ走行用の様々な改造パーツが開発され、サーキットや峠などで走るための走り屋御用達マシンとなっています。

健二|日産 180SX (RPS13型、中期モデル)

日産 180SX (RPS13型)

高橋 涼介|マツダ サバンナRX-7(FC3S型)

マツダ サバンナRX-7(FC3S型)

主人公のライバル高橋涼介搭乗車種。マツダが開発したスポーツカー「RX-7」の1985年に発売された2代目です。

インタークーラー付きターボが搭載され、最高速度はメーカーテストで238.5km/hを記録。ポルシェ944との類似性が自動車雑誌などで話題となり、初代に引き続き「プアマンズ・ポルシェ」の呼称が使わたが、その性能はスポーツカーとして十分な性能を発揮しています。

高橋 啓介|マツダ アンフィニRX-7(FD3S型、前期モデル)

主人公のライバルであり前述の高橋涼介の弟、高橋啓介搭乗車種。1991年12月、2度目のフルモデルチェンジによりFD3S型RX-7が発売されました。

車体の軽量化やエンジンの高出力化を図るなど、「ピュア・スポーツ」をコンセプトに掲げる車両として開発が続けられましたが、日本国内市場および北米市場におけるスポーツカー需要の低下や、ターボ過給機付ロータリーエンジンの環境対策の行き詰まりなどの理由により、2002年8月に生産終了となってしまいました。

中里 毅|日産 スカイラインGT-R(BNR32型)

日産 スカイライン GT-R(1989年)

主人公のライバル中里毅搭乗車種。1989年に登場した通常のスカイラインとは別の高性能スポーツカーです。

デビュー後のカーレース会では破竹の快進撃を続け、累計4万3661台という「GT-R」史上最高の販売台数を記録しました。現在のモータースポーツ会でも第一線で活躍しており、多くの車好きから支持を得ています。

庄司 慎吾|ホンダ シビック(EG6型)

@Belogorodov/stock.adobe.com

主人公のライバル庄司慎吾搭乗車種。通称「スポーツシビック」と呼ばれた5代目シビックです。

荒れた路面での乗り心地やうねりのある路面での追従性が大幅に向上しており、これまでのシビックの中で最も優れた乗り味とハンドリングを実現し、盛んにスポーティイメージを強調し、人気を得ました。

佐藤 真子|シルエイティ(日産 シルビア S13型&180SX)

Photo by FotoSleuth
Photo by FotoSleuth

主人公のライバル佐藤真子と沙雪搭乗車種。日産「180(ワンエイティ)SX」の車体にS13型シルビアの前部を接合した車両です。両車は姉妹車の関係にあるためパーツの互換性が高く、流用が比較的容易に行え、この特徴をうまく利用したのがシルエイティと言われる車両です。

その始まりは、あるチューニングカー愛好者が180SXの前部を破損した際に、「リトラクタブルヘッドライトは修理するのに部品代が高くつくため、台数が多く部品代の安い姉妹車のシルビアの前部を使ったらどうだろうか」という発想をしたことが原点とも言われています。

須藤 京一|三菱 ランサーエボリューションⅢ

三菱 ランサーエボリューションⅢ(1995年)

岩城 清次|三菱 ランサーエボリューションⅣ

三菱 ランサーエボリューションⅣ(1996年)

秋山 渉|トヨタ カローラレビン(AE86型)

トヨタ カローラレビン(AE86型)

小柏 カイ|トヨタ MR2(SW20型)

@art_zzz/stock.adobe.com

城島 俊也|ホンダ S2000 (AP1型、前期モデル)

ホンダ S2000 (AP1型、前期モデル)

星野 好造|日産 スカイラインGT-R(BNR34型)

日産 スカイラインGT-R(BNR34型)

イニシャルDの聖地は?

頭文字Dの舞台には、群馬県を中心に栃木県、長野県、埼玉県などさまざまな峠道・山道が選ばれています。

主人公・藤原拓海が腕を磨いた“ホームコース”や、ライバルたちとの戦いを演出した場所まで、一度は行ってみたいスポットが各地に点在。今回は、数ある舞台に選ばれた場所から、一度は訪れてもらいたいスポットを厳選して解説します。

なお、峠道・山道を走る際は法定速度を守って、安全運転でドライブを楽しみましょう!

榛名山|群馬県高崎市

@Kumi/stock.adobe.com

「榛名山」は、群馬県の中南部にある高崎市に立地しており、「上毛三山」の1つです。

@WAWA/stock.adobe.com

作中では「秋名山」と名前を差し替えられていますが、バトルに使用されるコースは群馬県道33号「渋川松井田線」の一部そのもの。藤原拓海が家業の豆腐配達で走行するルートであるほか、池谷浩一郎が率いる「秋名スピードスターズ」のホームコースともなっています。

急角度で難易度の高い“連続ヘアピンコーナー”をはじめ、現実の県道33号でも作中に登場する背景と重なる部分が多数存在。コースの東側は「伊香保温泉街」、西側は「榛名湖」と観光スポットも隣接するなど、人気の観光地でもあります。

赤城山|群馬県前橋市・桐生市・渋川市ほか

@zepkatana/stock.adobe.com

「赤城山」は、群馬県の県庁所在地・前橋市を中心に5市1村へまたがる、「上毛三山」の一角です。

作中では、FC3S RX-7を操る涼介、FD3S RX-7を操る啓介の“高橋兄弟”が所属する「赤城レッドサンズ」のホームコースとなっています。

バトルを繰り広げたコースのモデルは群馬県道4号線「赤城道路」となっており、藤原拓海の駆るAE86スプリンタートレノがバトル中にエンジンブローを演じた場所としても描写されています。

コース全体を見渡すと、上りでも下りでもコースの序盤・終盤に急カーブ、ヘアピンカーブがあり、中盤は角度の緩い高速コーナーが多数存在して、難易度の高さが伺えます。

現実では、明治時代以前に存在した「旧前橋藩営牧場」の歴史を引き継ぐ「赤城白樺牧場」、“日本さくら名所100選”にもピックアップされた「赤城南面千本桜」など観光スポットも隣接しています。

妙義山|群馬県甘楽郡下仁田町・富岡市・安中市

@paylessimages/stock.adobe.com

榛名山・赤城山と並び、上毛三山の一角となっているのが「妙義山」です。

R32スカイラインGT-R使いの中里毅が所属する「妙義ナイトキッズ」のホームコースで、群馬県道196号「妙義山道路」がコースのモデルとなっています。

榛名山、赤城山と比較すると小刻みにS字カーブがやってきて、アップダウンの激しいコース設定であり、妙義ナイトキッズの前に拓海、高橋啓介が苦しめられる、熾烈なバトルシーンを演出しています。

現実では、「道の駅みょうぎ」や温泉などの休憩施設が隣接しており、妙義山から確認できる周辺景色を楽しめる、人気の観光地となっています。

いろは坂|栃木県日光市

@スプやん/stock.adobe.com

栃木県日光市の有名観光地「いろは坂」も、イニシャルDの作中に登場する舞台の1つです。

赤城山のバトルでエンジンブローを喫した拓海のAE86スプリンタートレノが復活を遂げた場所であり、ランサーエボリューションⅢを駆る須藤京一、MR2を操る小柏カイとの戦いを繰り広げました。

@Takahiro/stock.adobe.com

コース設定で注目したいのは何度も立ちはだかるヘアピンカーブで、秋の紅葉が広がる時期には観光バスでにぎわう場所が一転、AE86スプリンタートレノなどの車たちがテクニックを駆使して攻めのバトルを展開する描写で胸を熱くします。

実際に聖地巡礼をしてみると、観光バスのすれ違いなどが困難で渋滞が発生する難所。藤原拓海をはじめとした腕のいいドライバーたちが活躍した場所と思って、ゆっくりドライブを味わうとよいかもしれません。

伊香保温泉|群馬県渋川市

@サラリーマン/stock.adobe.com

イニシャルDでは峠道・山道でのバトルも注目ポイントですが、拓海の地元と設定されている群馬県渋川市の「伊香保温泉」も聖地巡礼へ訪れたいスポットです。

拓海の父・藤原文太が営んでいた「藤原とうふ店」のモデルとなった豆腐店が立地していた場所であり(現在は廃業、再現されたジオラマが北群馬郡吉岡町「おもちゃと人形自動車博物館」に展示)、作中の前半戦でヒロインとなっていた茂木なつきと拓海が温泉街をデートしている描写があるなど、重要なシーンを描写するのに使われていたのが伊香保温泉の街並みです。

365段の石段が連なる温泉街への道のり、名物の温泉まんじゅうを口にしながら拓海たちが青春を過ごした雰囲気を味わうとよいでしょう。

頭文字D登場車に乗って90年代の青春を!

©phaisarnwong2517/stock.adobe.com

頭文字Dの登場車種を全てご紹介できたわけではありませんが、どれも90年代を謳歌した素晴らしいスポーツカーの数々でした。

頭文字Dは車に詳しくなくてもストーリーや雰囲気を楽しめる作品ですが、キャラクターと同じくらい車も主役級の存在。ぜひとも興味を持って見ることをおすすめします。

そして、実際に登場車種を購入して、かつての走り屋の青春に少しでも触れることができたら最高ですね!

頭文字[イニシャル]D フルスロットル・コレクション -First Stage Vol.1-(CD付き) [DVD]

頭文字[イニシャル]D フルスロットル・コレクション -First Stage Vol.1-(CD付き) [DVD]

三木眞一郎, 矢尾一樹, 岩田光央, 高木渉, 石塚運昇
9,329円(12/09 17:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

頭文字DのスカイラインR34が1/24プラモデルになって登場!

榛名山周辺観光ドライブスポットと頭文字Dコース

イニシャルD聖地巡礼!碓氷峠に行くなら「峠の釜めし」!ドライブレポ

執筆者プロフィール
長谷川 優人
長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期にライター業を開始。日常系アニメと車好き。現在所有はワゴンR(MH95S)。アニメ作品の聖地巡礼などで、各地へドライブに出かける。

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事