MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > パジェロにもピックアップ版があった?1990年代の国産ピックアップトラックたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

パジェロにもピックアップ版があった?1990年代の国産ピックアップトラックたち【推し車】

根強い需要に応えて2017年にトヨタがハイラックスの国内販売を復活後、引き続き堅調なセールスに加えて新たなユーザー層も獲得していると言われますが、そもそも一度は販売不振で消えたジャンルだけに、一気に大ヒットとはいきません。

やはりかつての黄金期は、商用小型ボンネットトラックを除けば、1980年代から1990年代にかけ、RVブームに乗った各社が競ってスポーツタイプのピックアップトラックを販売していた頃です。

その時期に各社から販売されていた、2リッター以上の国産大型ピックアップトラックの中から厳選した3台を紹介します。

日産 ダットサントラック(9代目D21・1985年)

日産D21 ダットサントラック(9代目ダブルキャブ)

初代はなんと戦前の1935年登場、2002年に10代目D22型の国内販売を中止するまでの67年間、同一車名で売っていた国産車として最長記録を持つのが、「ダットラ」の愛称で知られた日産のダットサントラックです。

1997年にD22型へバトンタッチするまで、1990年代の大半を売っていたのは9代目D21型で、国内仕様は主に商用のシングルキャブと、RV用途でも人気のあったダブルキャブ。

無骨なデザインがオフローダー派にはウケてハイラックスと並ぶ人気に。小型のサニトラと並ぶ日産ピックアップトラックの象徴でしたが、派生モデルとしてワゴン型の本格RV、テラノが登場すると次第に取って代わられていきました。

最新「ダットサントラック」中古車情報
本日の在庫数 5台
平均価格 213万円
支払総額 131~300万円

三菱 ストラーダ(初代K34T・1991年)

三菱K34T ストラーダ(初代)

マツダ プロシードやいすゞ ロデオともども地味とはいえ、三菱もピックアップトラックに熱心だったメーカーで、パジェロやデリカスターワゴンといった三菱4WDSUVの原型だったフォルテに続き、ストラーダを発売。

商用イメージの強いフォルテと違い、RVブームにあやかった内外装の充実やディーゼルターボのパワーは、まさにパジェロのピックアップトラック版。

車名がパジェロピックアップだったら、パジェロミニなどのようにパジェロ人気に便乗し、もっと販売を伸ばせたかも知れません。

実際は販売が伸びず、1996年登場の2代目も1999年で国内販売を終えたものの、2006年から後継のトライトンを販売した事もありました。

トヨタ ハイラックス(6代目140/150/160/170系・1997年)

トヨタ ハイラックス/ハイラックス スポーツピックアップ(6代目)

1960年代に日野を傘下にしたトヨタが、同社のブリスカ後継として1968年に初代発売、2004年に販売不振から国内販売を終えるまで、一時は最後の国産ピックアップトラックだったのが6代目ハイラックス。

2代目にスポーティルックでAT車もあるグレードを設定、3代目で4WDを追加するなどRV色を濃くしてライバルのダットラへ対抗、1990年代にはワゴン版のハイラックスサーフともども1990年代に全盛期を迎えます。

しかし、RVブームがより乗用車的なクロスオーバーSUVへ移行したのと、ベースとなる商用ボンネットトラック版の需要縮小もあって、ハイラックスといえども国内販売の中止を余儀なくされたのでした。

最新「ハイラックス」中古車情報
本日の在庫数 660台
平均価格 408万円
支払総額 77~670万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード