MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > タイヤ・スタッドレス > スタッドレスにタイヤチェーンは必要か?
タイヤ・スタッドレス

更新

スタッドレスにタイヤチェーンは必要か?

スタッドレスタイヤでもチェーンの用意を。

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤとは、雪道や路面が凍結している場所でも安全に走行することを目的としたタイヤの一つを指します。滑りやすい道路でも高いグリップ力によって安定した走行ができることが特徴的です。

雪道や凍結した道路ではスタッドレスタイヤが推奨されていますが、実は道路の状態によってはタイヤチェーンも必要になるケースがあります。スタッドレスタイヤ単体よりもタイヤチェーンを取り付けたほうが、悪路を走行しやすくなります。万全を期すためには、スタッドレスタイヤとタイヤチェーンを併用することが理想です。

特に長期間使用しているスタッドレスタイヤの場合、劣化による機能の低下によって、期待する効果が得られないことがあります。雪やアイスバーンの状態によっては、スタッドレスタイヤの機能だけでは不十分である場面もあるのです。万一に備えて、スタッドレスタイヤを装着していてもタイヤチェーンは準備しておくべきです。そうすることで、より安全に、安心して雪道を走行できるでしょう。

また、スタッドレスタイヤを装着しているにもかかわらず、タイヤチェーンの装着が義務付けられる場合があります。そのような場合にタイヤチェーンを準備していなければ、そこから先は通行できなくなります。どのような場合にスタッドレスタイヤとタイヤチェーンの併用が必要になるのか予め確認しておきましょう。

2018年に施行されたチェーン規制

雪道を走行中の車

2018年12月に、大雪の際に健全な道路交通を確保することを目的としたチェーン規制が施行されたことで、スタッドレスタイヤを装着している車でも、規制対象区間ではタイヤチェーンを装着することが義務付けられました。 雪道の運転に慣れている人でも、チェーン規制の発令中はタイヤチェーンを取り付けなければ走行できません。スタッドレスタイヤであっても、チェーン規制中はタイヤチェーンが必須になることを押さえておきましょう。

チェーン規制は、大雪特別警報など交通に支障が出るような天候時に発令されます。チェーン規制の対象となる場所は、積雪の多い地域の急な上り下りのある道や、過去に雪が原因で通行止めになった地域などです。チェーン規制中は対象区間に入る前にチェックが行われ、タイヤチェーンを装着していないとそこから先へ進むことができません。規制が解除されるまで通行できないため、スタッドレスタイヤを装着していてもタイヤチェーンを準備することは大切です。 この場合に必要となるタイヤチェーンは、一般に販売されているものであれば問題ありません。 タイヤチェーンには金属製や非金属製、布製があるので、自分の生活スタイルに合うものを購入し、車につんでおくと安心です。ただし、スプレータイプのチェーンは、チェーン規制中の使用が認められていません。一般的なタイヤチェーンを準備する必要があります。

スタッドレスタイヤとタイヤチェーンを使い分けるポイント

タイヤチェーン

スタッドレスタイヤとタイヤチェーンをうまく使い分けることで、雪道でも安全に運転することができます。 冬になったらまずスタッドレスタイヤを装着し、その後チェーン規制が発令されるような状況でチェーンを使うようにすることが理想的です。雪が多い地域ではスタッドレスタイヤが便利ですが、滅多に道路が凍結しないような場所では、タイヤチェーンを準備しておくだけで十分でしょう。自分の生活環境を鑑みて、スタッドレスタイヤとタイヤチェーンのどちらが向いているか考えてみるのもいいでしょう。いずれにしても、念のためにタイヤチェーンを用意しておくことをおすすめします。

タイヤチェーンを購入する際は、簡単に着脱ができる非金属製のものか布製のものがおすすめです。初めてでも使いやすいものが多く、緊急時でも問題なく取り付けられるでしょう。収納を重視するなら折りたためる布製が、長く使いたいなら耐久性に優れた非金属製が向いています。

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第2グループ

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード