MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > おすすめカー用品ランキング&ジャンル別40選|車内が超便利になる快適グッズやアイテムは?
アイテム

更新

おすすめカー用品ランキング&ジャンル別40選|車内が超便利になる快適グッズやアイテムは?

ジャンル別におすすめのカー用品をランキング形式で紹介。便利なアイテムや、カーライフに合わせたおすすめグッズなど40個をピックアップしました。これを見れば収納グッズチャイルドシートドライブレコーダーなど、車を購入するタイミングで揃えておきたいマストアイテムがわかります。

【初心者向け】便利な日用品ランキングTOP5

第1位:スマホホルダー

スマホをカーナビ代わりに使う人の必須アイテム。おすすめはオートホールドタイプ。ダッシュボードやエアコン吹き出し口など、運転中に見やすい場所に取り付けよう。

第2位:シガーソケットチャージャー(充電器)

スマホの充電コードを繋げるシガーソケットプラグ。USBポートが2つ以上あるものが便利。

第3位:ゴミ箱

車内を清潔に保ち、整理整頓したいなら、車専用のゴミ箱を置くのがおすすめ。倒れにくいタイプや、デッドスペースを活用できるタイプが便利。

第4位:ドリンクホルダー

標準装備のドリンクホルダーでは使いにくい、足りない場合は、自分に合ったものを購入しよう。普段よく飲むドリンクのサイズや種類を考えて選ぶのがコツ。

第5位:灰皿

車用灰皿はワンタッチで消火できる機能があると便利。車内の臭いが気になる人は、こまめに灰を捨てて洗えるタイプを選ぶのがおすすめ。

おすすめ快適グッズ系カー用品ランキングTOP4

第1位:芳香剤

香りが広がりやすいのはエアコン吹き出し口取り付けタイプ。デザインにこだわった選びたいなら、置型や吊り下げ型がおすすめ。

第2位:消臭グッズ

頑固な車内の臭いには消臭剤や消臭スプレーがおすすめ。香りが気になる方は無臭タイプを。

第3位:空気清浄機

空気清浄機は車内のホコリや花粉だけでなく、タバコやカビの臭いにも効果的。車載用と表記がなくても、USB給電対応製品ならシガーソケットプラグ経由で使用できる。

第4位:加湿器

車内に置く加湿器は、スチームが出ない超音波式がおすすめ。卓上タイプでUSB給電対応の製品から絞り込むと探しやすい。

人気のインテリア系カー用品ランキングTOP8

第1位:ハンドルカバー

ゴムタイプのハンドルカバーはデザインや種類が豊富。購入前にハンドルの直径を測っておこう。

第2位:フロアマット

足元の汚れが気になる場合は、丸洗いが簡単なゴム製やプラスチック製のフロアマットがおすすめ。布製マットは好みの毛足の長さで選ぼう。

第3位:シートクッション

運転中に痛みや疲れを感じる身体の箇所に合ったものを選ぼう。シートクッションを置いたら、再度ドライビングポジションの見直しを。

第4位:シートカバー

シートのカラーやデザインにこだわりたいならシートカバーを。子どもやペットが車内を汚してしまうときも、あれば安心。

第5位:カーテン

後部座席の日よけや車中泊には、しっかり遮光できるレールタイプやピラータイプがおすすめ。運転席や助手席は必ずカーテンを開けて走行を。

第6位:サンシェード

暑さ対策には、車内で最も熱くなるダッシュボードを覆い隠せるフロントガラス用サンシェードが有効。遮光率90%以上&UVカット率が高めのものがおすすめ。

第7位:ルームミラー

ルームミラーのおすすめは、 横幅の広いタイプの平面鏡か広い範囲を映せる曲面鏡。ただし曲面鏡の使い始めは、後続車との車間距離や駐車時の後方視界に注意。

第8位:サンバイザー

パーフェクトビュー 1個 デイ&ナイトバイザー

パーフェクトビュー 1個 デイ&ナイトバイザー

1,380円(10/24 16:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

車用サンバイザーは可視光線透過率70%以上&UVカット率が高いものがおすすめ。フロントガラスには貼り付けないよう注意。

キッズやママにおすすめのカー用品ランキングTOP3

第1位:チャイルドシート

チャイルドシートは、生まれたばかりの新生児から6歳になるまでの全ての子どもに必要。6歳以降も使えるジュニアシート兼用タイプが便利。

第2位:ベビーシート

ベビーシートは新生児から1歳頃までの子ども用のチャイルドシート。一般に、進行方向に対して後ろまたは横向きに装着するものを指す。チャイルドシートと兼用できるタイプが便利。

第3位:シートベルトストッパー

シートベルトストッパーは急な身体への締め付けを軽減するアイテム。身体に負担をかけずに着用したいという、妊娠中や体調の悪い人に便利。

合わせて揃えたいおすすめカー用品ランキングTOP7

第1位:車内の収納系カー用品

モノや荷物が増えてきたら、収納系カー用品が便利。まとめて収納できるポケットや収納ボックスなら車内がスッキリ。アウトドア派はトランクやラゲッジスペース用の収納グッズが便利。

第2位:愛車を守る!防犯系カー用品

車両盗難や車上荒らしなどから車を守るためには、音の出る警報タイプ+GPSによる通報・追跡タイプなど、複数の防犯グッズを組み合わせて使うのがおすすめ。

第3位:100円ショップで買える低価格のカー用品

いざというときにあると頼りになる日用品は、車にも積んでおきたいもの。懐中電灯や水、ハンドワイパーなど、コンパクトなアイテムを厳選して購入しよう。

とくに、100円ショップはカー用品のラインナップは充実。安くて便利なアイテムが揃う。

第4位:アウトドア派におすすめ!車中泊グッズ

快適な車中泊のためには、マットレスやカーテン、電源、室内用の灯りなどを揃えておくのがおすすめ。夏冬シーズンに合わせた装備を入念に。

第5位:キャラクターグッズやカー用品

キャラクターグッズにも豊富にカー用品がラインナップしている。ワンポイントインテリアとしても、車内でキャラクターを統一してもかわいい。

第6位:車内やライトをドレスアップ!LED系カー用品

車内やライト周りをドレスアップできるLED系アイテム。置くだけ・挿し込むだけの照明器具から配線処理が必要なLED系テープまで、難易度は様々。DIYに自信がある方はライトのヘッドライト化を試してみては。

第7位:車の中でもスマホやタブレットを使おう!ハイテク系カー用品

スマホやタブレットを車内で快適に使うためには、充電器やBluetoothグッズ、車載用Wi-Fiルーターなどがあると便利。

ドラレコやETCなどおすすめ車載電子機器TOP4

第1位:ドライブレコーダー

あおり運転によって購入者が増えたドライブレコーダー。「前後撮影」「高画質」「駐車監視機能」を満たすアイテムが人気。海外製品も性能・品質が向上してきている。

第2位:レーダー探知機

スピード違反を取り締まるオービスの場所を知らせてくれるレーダー探知機。移動式やレーザー式などの最新オービスに対応している製品がおすすめ。

第3位:ETC車載器

新しく購入するなら、ETC 2.0対応の車載器がおすすめ。渋滞情報や安全運転支援などのサービスが受けられる。車載器の取付けはDIYでも可能だが、セットアップは専門店でしかできないので注意が必要。

第4位:冷蔵庫

保温のみであればクーラーボックスでもOK。シーズン問わず使いたいなら、冷蔵と加温ができる車載冷蔵庫(冷温庫)が便利。

カーナビやスピーカーなどのおすすめAV機器TOP4

第1位:カーナビ

現在販売されているカーナビは、ダッシュボードにはめ込む「2DINタイプ」と、ダッシュボード上に貼り付ける「ポータブルタイプ」。どの製品も基本機能や性能はある程度の水準に達しているので、地図の正確さ、表示の見やすさなどにも注目したい。

第2位:FMトランスミッター

Bluetooth機能や音楽再生用USBポートがなくても、FMトランスミッターを使えばスマホやポータブルプレーヤーの音楽を車内で楽しめる。充電しながら使えるUSBポート付きが便利。

第3位:ヘッドレストモニター

後部座席で映像を楽しめるヘッドレストモニター。コンパクトカーなら7インチ~9インチ、ミニバンは10インチ以上の大きさがおすすめ。

第4位:スピーカー

最近人気が高いのはハイレゾ対応のカースピーカー。音質にこだわる人には、アルパイン、パイオニア、JVCケンウッド製品が根強い人気。

アウトドアにおすすめのキャリア系カー用品TOP5

第1位:ルーフキャリア

ルーフキャリアは上に専用アタッチメントを付けて使うための、土台アイテム。ルーフレール装着車か否かで、取付けられるタイプが異なるので注意。

第2位:ルーフボックス

ルーフボックスはルーフキャリアと一緒に選ぶのがコツ。同じメーカーで揃えよう。高さ制限のある場所では、ルーフボックスをつけたままでも危険がないかを確認しよう。

第3位:ルーフラック

ルーラックもルーフキャリアと同じメーカーで揃えるのがベスト。大小さまざまな荷物をフレキシブルに乗せられて便利だが、走行中に落下しないよう正しく固定を。

第4位:サイクルキャリア

車内に自転車を積み込めない場合は、リアマウントタイプやルーフマウントタイプのサイクルキャリアがおすすめ。ヒッチメンバー付きの車なら、ヒッチメンバー用のサイクルキャリアも利用できる。

第5位:ヒッチキャリア

ヒッチメンバーを取付けた車であれば、各種ヒッチキャリアを利用できる。何でも詰めるカーゴラックなら、荷物の多いアウトドアでも快適。

【まとめ】購入前にサイズや規格の確認を

カー用品を購入する際には、車に取付けられるサイズやタイプであるかを確認しましょう。まずはよく使う日用品や、チャイルドシートなど必須アイテムから揃えていき、標準装備のアイテムは迷ったら無理に交換しなくてもOK。使いにくさを感じたら買い替えを検討しましょう。

初心者向けカー用品はこちらもおすすめ

すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部カー用品チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!