初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

洗車タオルおすすめ人気ランキングTOP10!吸収性の高いマイクロファイバーが人気?

洗車後の拭き上げに使用する洗車タオル。どれも同じと思っている人は要注意。間違った使い方は、洗車した車を傷つけてしまうことも!おすすめの洗車タオルできれいに、そして効率的に愛車を拭き上げてみませんか?厳選した10種類のおすすめ洗車タオルをご紹介します。

洗車タオルの選び方

洗車用のタオルには素材や大きさに種類があり、適切なものを選ばないと、せっかくの洗車時に車を傷つけてしまうことにもなりかねません。ボディについた傷はサビを発生させ、車体の劣化に繋がるので注意が必要です。

また、せっかく買ったのにタオルの大きさが小さすぎた、大きすぎたなどのリサーチ不足は洗車のモチベーションを低下させてしまいます。

そのような事態を防ぐためにも洗車タオルの性質について理解し、適切な用途で使用することが重要です。

素材で選ぶ|マイクロファイバー素材が人気!

洗車タオルに使われている素材は、吸水性の高いPVA素材やセーム革などがあり、特に人気が高いのはマイクロファイバー素材のタオルです。

マイクロファイバー

マイクロファイバー素材は、細かなチリを繊維表面に取り込む性質が特徴的で、速乾性にも優れています。その反面で、取り込んだチリや細かいゴミによってボディを傷つけてしまうことがあるので注意が必要です。

マイクロファイバー素材は洗車タオル以外にもメガネレンズのクリーナーや下着、寝具などにも用いられています。

拭き上げ時にボディへの引っかかりが少なく、抵抗感なく水分を拭くことができます。

PVA

ポリビニルアルコールという素材で、合成樹脂の一種です。耐久性が非常に高く、頻繁に洗車に使用してもくたびれにくい素材といえます。

PVA素材自体は水を含むと柔らかくなり、車のボディを傷つける可能性は低いですが、十分に水分を含んでいないと固くなる性質があるため注意が必要です。

素材の密度が高くなるほど吸水性には優れますが、拭き取り時にやや引っかかりを感じます。

セーム革

鹿の革をなめして作った素材です。純粋なセーム皮と、ポリエステル繊維やPVA素材を混ぜて作られた、人工セームや合成セームと呼ばれるものが販売されています。

純粋なセーム革は高価で使い始めは固く使いにくいですが、徐々に革が馴染んで柔らかくソフトな拭き上げが可能になります。

合成セームは比較的安価で購入でき、使われている素材によって使用感はメーカーによって違ってくるので、ネットでのレビューをみたり自分で使用したりしながら比較していくしかありません。合成セームはボディへの張り付たり乾燥後に硬化したりしてしまうものが多いので、それらを重視してレビューを見るといいでしょう。

吸収性で選ぶ|吸収性が高ければ拭き上げ回数を最低限にできる

吸水性が高い洗車タオルを選ぶと、拭き上げ回数を最低限にできます。吸水性を重視することは、洗車の作業時間を効率化することに繋がります。

ボディに水滴が残っている時間が長いと、イオンデポジット(水染み)という専用の除去材が必要なシミになってしまいます。なので、作業時間の短縮は重要な要素なのです。

吸水性が高い素材はマイクロファイバー素材だけではありません。むしろPVAや人工セーム革などの素材の方が優れた吸水性を示すことがあります。

なお各素材の吸水性は気温や湿度でも左右されるので素材だけでなく状況によっても吸水性は変動します。

洗車タオルおすすめ人気ランキングTOP10!

Amazonでの評価と使用している素材から、おすすめできる洗車タオルを10点ご紹介します。素材や吸水性、サイズにも注目しながら、自分に合う洗車タオルを探してみてください!

【第1位】シュアラスター 水滴拭き取りクロス S-42

吸水性に優れたPVA素材の洗車タオルです。連続気泡で水が浸透しやすく、素早く吸水するので、ボディに水滴が残りません。タオル表面にはエンボス加工が施されており、貼り付きにくく、塗装面にも優しい工夫がされています。

水滴拭き取りクロス S-42の口コミ

全体的に高い評価となっていましたが、滑りが悪いといった悪い評価もありました。代表的な評価は次のようなものがあります。

「値段は安くないが、これ一枚で水の拭き取りが完了する」
「水滴をしっかり取ってくれるので作業が楽」
「吸水力や水切れの良さが最高」
「高吸水高排水で洗車に慣れていない初心者でも、素早く作業が完了する」
「マイクロファイバーの洗車タオルに慣れていると、滑りが悪く感じて車に傷が付くのではないかと不安になる」

【第2位】シュアラスター マイクロファイバークロス S-81

洗車後の水滴からワックス類の拭き取り、仕上げまで、オールマイティーに使えるマイクロファイバー素材の洗車タオルです。

超極細繊維でボディに優しく、厚みがあるので扱いやすさ抜群。濡れ拭きと乾拭きどちらにも対応できるので、1枚持っていて損はない洗車タオルといえます。

マイクロファイバークロス S-81の口コミ

全体的に高い評価となっていましたが、細かい水滴が残るといった悪い評価もありました。代表的な評価は次のようなものがあります。

「無色のマイクロファイバークロスなので色落ちの心配がない」
「肌触り抜群でボディに優しい」
「大きめで使い勝手がいい」
「滑りが良く拭き心地が好き」
「大まかな水分は吸水してくれるが、細かな水滴は残る」

【第3位】Vacplus 洗車タオル

厚手の珊瑚フリスで作られたマイクロファイバー素材の洗車タオルです。汚れや曇りを拭き取る性能はもちろん、吸水性にに優れ、洗車時間の短縮に貢献してくれます。

Vacplus 洗車タオルの口コミ

全体的に高い評価となっていましたが、絞りにくいといった悪い評価もありました。代表的な評価は次のようなものがあります。

「耐久性が高く、長持ちする」
「吸水力が高く、2枚あれば絞らなくても作業を終えられるほど」
「繊維が細いので痕が残らない」
「ふわふわの厚手で車に優しい」
「厚手なので吸水力はいいが、絞りにくく排水性に欠ける」

【第4位】カークランド マイクロファイバータオル

36枚入ったマイクロファイバー素材の洗車タオルです。厚織りで吸水性が高く、高い光沢の輝きに磨き上げることができます。40cm×40cmの大きさで使いやすいサイズです。

マイクロファイバータオルの口コミ

全体的に高い評価となっていましたが、タグが邪魔といった悪い評価もありました。代表的な評価は次のようなものがあります。

「とにかく安い。36枚もあるので気兼ねなく使える」
「他のマイクロファイバータオルとは比べ物にならないぐらいの吸水量と絞りやすさ」
「大きめのタオルで裏表毛の長さが違うので使い分けができる」
「吸水性が良く、扱いやすい大きさ」
「タグが邪魔。タグを切らないと拭き取り時に車のボディに傷が付く」

【第5位】アイオン プレミアムセーム 911-Y

セーム革素材の洗車タオルです。拭き取り抵抗を極限まで低減し、ボディのコーティング皮膜に優しい作りになっています。

ラージサイズで広範囲を一気に拭き上げることが可能。洗車の時間短縮にぴったりの1枚です。

プレミアムセーム 911-Yの口コミ

全体的に高い評価となっていましたが、耐久性については悪い評価もありました。代表的な評価は次のようなものがあります。

「水を一発で残らず吸うのでウォータースポットが残らない」
「面白いほど水を吸う。拭き筋も残らない」
「大きいので楽に拭き取れる」
「滑りがよくて、スーッと引っ張るだけで水滴が残らない」
「15回くらい使用したあたりから吸水性が悪くなってきた。耐久性がもう少しあってほしい」

【第6位】タロウワークス 洗車タオル マイクロファイバー

タロウワークスが洗車時のふき取りや磨き上げまで想定して自社研究開発した、マイクロファイバー素材の洗車タオルです。2枚セットで乾拭き、水拭き、両方に対応しています。

洗車タオル マイクロファイバーの口コミ

全体的に高い評価となっていましたが、色落ちするといった悪い評価もありました。代表的な評価は次のようなものがあります。

「十分な大きさで安い」
「ボディーにも優しく素早く吸水してくれる」
「軽自動車なら1度もタオルを絞ることなく拭くことが出来る」
「ソフトな生地で質感が良い」
「色落ちするので一度洗濯してから使ったほうがいい」

【第7位】ソフト99 プレミアム吸水クロス

参考価格: ¥ 541
(2019年02月28日現在)

マイクロファイバーの目付量を、使い勝手の良い最大限の目付量に設定して作られた洗車タオルです。豊富な繊維量で保持できる水分が多く、適度な厚みとクッション性があるので、コーティング車にも安心して使うことができます。

プレミアム吸水クロスの口コミ

全体的に高い評価となっていましたが、細かい繊維が残るといった悪い評価もありました。代表的な評価は次のようなものがあります。

「ふわふわと柔らかいのでボディー拭き取りには安心して使える」
「スッと水を吸い、筋状の跡も残らない」
「コシが強く丈夫」
「厚みもあるので何回も絞らなくてもいいし、毛足が長いのでキズも入りにくい」
「拭き取った後に細かい繊維が残る」

【第8位】GYEON シルクドライヤー

参考価格: ¥ 1,728
(2019年02月28日現在)

50×55cmのサイズで、ボディに乗せて軽く滑らせるだけでぐんぐん水滴を吸水してくれる洗車タオルです。撫でる程度の力で吸水できるので、車に傷をつけることがありません。

シルクドライヤーの口コミ

全体的に高い評価となっていましたが、サイズについては悪い評価もありました。代表的な評価は次のようなものがあります。

「値段に納得の吸水性」
「半年ほど使っても劣化していない」
「何度もタオルを往復させる必要がなく、拭き取りが早く終る」
「拭き上がりは今まで使ったタオルの中で最高レベル」
「サイズが大きすぎて絞りにくい」

【第9位】AvaneQ 洗車タオル 超絶吸水 5枚セット

約30cm×40cmサイズのマイクロファイバー素材タオルが5枚セットになったお得な洗車タオルです。超極細繊維を採用しており、水分はもちろん細かい汚れまできれいに除去してくれます。

洗車タオル 超絶吸水 5枚セットの口コミ

全体的に高い評価となっていましたが、縁取り加工については悪い評価もありました。代表的な評価は次のようなものがあります。

「4つ折りでちょうどハンドサイズになり使いやすい」
「丈夫でコストパフォーマンスの良い洗車タオル」
「柔らかく抜群の吸水力」
「適度な厚さ&大きさで使いやすく、吸水性も問題なし」
「縁取り加工でほつれがないようにしてあるのは親切だが、縁取り加工部分が車に傷を付ける原因になるので洗車タオルとして出すならなくしてほしい」

【第10位】ユニ工業 ユニセーム

参考価格: ¥ 537
(2019年02月28日現在)

PVA素材を主成分にした合成セームの洗車タオルです。きめが細かく、柔軟で弾力性があり、滑らかな表面がデリケートな塗装面にも優しくフィットして水滴を吸い取ってくれます。

ユニセームの口コミ

全体的に高い評価となっていましたが、本セーム革と比べると吸水性は劣るといった悪い評価もありました。代表的な評価は次のようなものがあります。

「歴史ある商品で安心して使用できる」
「軽いし、拭き取りも抜群」
「使えば使うだけ性能が上がるので長く使える」
「コーティングしていても傷が付かない」
「本セーム革より吸水性は劣る。吸水性を重視するなら本セーム革を使うべき」

100均で買える洗車タオルの評価・口コミ

ダイソーをはじめとする全国にある100円ショップでも洗車タオルを販売しています。しかし、大切な愛車で使用感を試すのは少し抵抗があるかと思います。安くて品質も良いとなれば使わない選択肢はありません。

今回はダイソーとSeria(セリア)が販売するPVA素材の洗車タオル(どちらもサイズは同じ)の口コミを紹介します。

ダイソーの洗車タオル

「厚みがあまりないので絞りやすく女性でも簡単に扱える」
「吸水性能はしっかりしている」
「少し水滴が残る」
「すごくきれいに拭けるわけではない」

Seriaの洗車タオル

「ダイソーのものより厚みがある」
「水滴の残りが少ない」
「専用のケースがついていて嬉しい」
「最初は色落ちがある」

ダイソーのものよりもSeriaの方が厚みがある分、吸水性に対する評価が高い傾向にありました。しかし、女性や手の小さな男性からは薄くて絞りやすいダイソー製が支持を集めています。

状況によって適切な種類の洗車タオルを選ぶことが大切!

100均でも洗車タオルは買えますが、車を効率的にきれいに拭き上げるにはやはりカー用品メーカーの洗車タオルの方が水滴が残りにくい、ボディに引っかからないなど、細かい点で高性能になっています。

Amazonやカー用品店で買っても、比較的安く手に入れることができるので、いろいろ試してみて自分にぴったり合った洗車タオルを見つけてみてください!

タオル以外の洗車グッズに関するおすすめはこちら!

洗車に関する記事はこちらから!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す