初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

初心者マークをつけない&位置・場所が違うと罰金?義務期間はいつまで?

初心者マークに関する全知識!車の初心者がつける初心者マーク。車以外でもよく見かけますが、身近なようで意外と知らないことが多いかもしれません。教習所でみっちり習った初心者やベテランドライバーも、ここでもう一度おさらいしませんか?

意外と知らない初心者マークのこと

初心者マークとは日本の道路交通法に基づく標識の一つです。

その色や形状から若葉マークとも呼ばれますが、そもそも初心者マークや若葉マークというのは通称であり、正式名称は「初心運転者標識」と言います。

1972年の10月1日から導入されたこの制度は、道路交通法第71条の5 第1項で定められており、普通自動車一種運転免許証の取得後1年を経過しない運転者はこのマークを表示する義務があります。

(初心運転者標識等の表示義務)
第71条の5 第84条第3項の普通自動車免許を受けた者で、当該普通自動車免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算して1年に達しないもの(当該免許を受けた日前6月以内に普通自動車免許を受けていたことがある者その他の者で政令で定めるものを除く。)は、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けないで普通自動車を運転してはならない。

出典:http://www.houko.com/

初心者マークの義務期間から貼る位置について

初心者マークの表示義務期間は1年!

初心者マークは、普通自動車免許を取得してから通算で1年間の表示義務があります。

ただし、免許の効力が停止されていた期間は1年の内に含まれないので、免許取りたてで免停をくらってしまうと1年以上の間初心者マークを掲示し続けなくてはならないので注意しましょう。

初心者マークを貼る位置は?

初心者マークは、車体の前面と後面の両方に、地上0.4メートル以上1.2メートル以下の見やすい位置に装着する必要があります。自家用車の他にもタクシーなどの営業車も表示対象車です。見えない位置では貼っていると認められませんので
・前方と後方両方の位置
・見えやすい位置
は必ず守って初心者マークを表示しましょう。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す