MOBY

駐車監視モード付のおすすめドライブレコーダー5選!ドラレコは常時録画の時代

ドライブレコーダーは交通事故の際にとても頼りになるデバイスですが、そのメリットは他にもあります。スーパーで買い物をして戻ってきたら車に傷やへこみがあったなんていう方も中にはいるのではないでしょうか。その時の映像の証拠があれば、犯人を見つけだすことも容易になります。今回は車から離れていても証拠を残せるドライブレコーダーをご紹介します。

車の防犯性を格段に向上するドラレコ

出典:http://kenrent.jp/

ドライブレコーダーが有効なのは何も運転中だけではありません。

例えば、スーパーの駐車場で買い物中に当て逃げされたり、夜間に家の駐車場でいたずらされたりと、運転中以外にもこういった被害に合う可能性はあります。

こういったトラブルは、警察に届け出をしても犯人を捕まえるのが難しく、泣き寝入りしてしまったという人も中にはいます。

そこでおすすめなのが駐車監視モード付のドライブレコーダーです。パーキングモードとも言い、この機能を使えば、ドライブレコーダーでありながら監視カメラのような役目も担ってくれる頼もしい機能です。

車の当て逃げ映像

【COWON wi-fi AW1 ドライブレコーダー 当て逃げ犯を激写!】


この映像があればナンバープレートもしっかり確認でき、泣き寝入りせずに済みそうですね。

そのほかのドライブレコーダー激写映像はこちら

駐車監視モードとは?

エンジンをかけていなくても録画できる

エンジンをかけていない時でも音と映像を記録することができるので、当て逃げやいたずらの場合でも映像を手掛かりに犯人を見つけることができます。

この機能を持っているドライブレコーダーは基本的にエンジンをオフにすると自動的に駐車監視モードに切り替わります。

駐車監視機能には大きく分けて以下の2種類があります。

【衝撃センサー】
車が衝撃を感知すると録画を開始するタイプ。車が何らかの衝撃を感知しないと録画されないので、駐車監視という点ではやや劣ります。

【モーションセンサー】
車の周囲で動くものを感知して録画を開始します。そのため、車が衝撃を受ける前後の映像を残すことができるので、証拠映像としては衝撃センサーよりも優れています。

バッテリー上がりが心配

駐車監視モードを使うにはドライブレコーダーをACC電源(イグニッションがオンの時だけ通電)などではなく、常時電源(イグニッションオフ時でも通電)に繋げる必要があります。

この常時電源ケーブルは別売りのケースも多いので、購入時に確認しておきましょう。

駐車監視モードで気になってくるのがバッテリーの電圧低下ですね。
しかし、駐車監視モードに対応しているほとんどのモデルはバッテリーの電圧を検知して、電圧が下がると自動で給電を停止する「バッテリー保護機能」が搭載されています。

そこで今回はバッテリー保護機能かつモーションセンサーで駐車監視にもおすすめなパーキングモード付ドライブレコーダーをご紹介します。もちろん、通常のドライブレコーダーとしても十分使えますのでご安心ください。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す