【自動車の歴史】マツダの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

ロータリーエンジンやSKYACTIV(スカイアクティブ)など、技術には定評のある自動車メーカー、マツダ。 これまでどのようなことが起き、どう対処していたのでしょうか? 簡単ではありますが今回はマツダの歴史についてまとめました。

創業と社名の由来

マツダ株式会社は広島県安芸郡府中町に本社を置く自動車メーカーです。

創業は1920年。コルクを製造する「東洋工業コルク株式会社」として設立されます。その後、「東洋工業」へと社名を変更。コルク以外にも自動車や削岩機、工作機械を製造していました。

現在の社名「マツダ株式会社」へは1984年に改称しました。社名は、創業者である松田重次郎氏の姓からと英知・理性・調和を司るゾロアスター教の主神、アフラ・マズダー(Ahura Mazda)に由来します。

また、余談ではありますが同じく広島に拠点を置くプロ野球球団、広島東洋カープの東洋はマツダの前社名東洋工業から取られたものです。

ブランドシンボル(エンブレム・ロゴ)の歴史

マツダ エンブレムの歴史

出典:http://www.neatorama.com/

2016年に変更したエンブレム

マツダ 新エンブレム

沿革

マツダ初の乗用車「R360クーペ」

出典:http://archive.tokyo-motorshow.com/

1931年に三輪トラック(マツダ号)の生産を開始します。
その後、1945年8月に広島へ原爆が投下されてしまいますが本社・工場ともに郊外へあったので直接の被害は免れました。しかし原爆投下以後、同年12月まで操業を停止していました。

1960年5月、初の乗用車となる「R360クーペ」を販売。
当時では最も安い価格で人気となりました。
その一年後、NSU社(現・アウディ)からロータリーエンジンについて技術提携を受けます。

その間に、「キャロル360」や「ファミリアバン」「ボンゴ」などを販売。1967年に初のロータリーエンジン搭載の「コスモスポーツ」を発売します。

自動車の生産、ロータリーエンジン搭載車「コスモスポーツ」

出典:https://www.jsae.or.jp/

車に詳しい方ならば、ロータリーエンジンといえばマツダ!と連想される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのロータリーエンジンはなにか簡単に説明しますと、一般的に使われるエンジン(レシプロエンジンといいます)が往復運動することにより出力を得るエンジン。
ロータリーエンジンは、回転運動により出力を得るエンジンです。円を描くイメージを思い浮かべて下さい。

そのメリットは高出力、振動が少ない、など。実際に運転してみると非常に乗り心地が良かったとか。

また、ロータリーエンジンを実際に製品として量産に成功した会社はマツダだけです(フランスの自動車メーカー、シトロエンも搭載車を販売したものの失敗したようです)。

故に、マツダ=ロータリーエンジンという連想も頷けます。

マツダのロータリーエンジンの詳しく知りたい方はこちら

次のページ