初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ドライブレコーダー人気ランキングTOP9!2018年最新の売れ筋はやっぱり国内メーカー?

防犯目的や事故の映像記録だけでなく、趣味で車載風景を撮影することもできるドライブレコーダーは、車に乗るなら欲しいアイテムです。どんなドラレコを買えばいいのか?初めて購入する方にも、買い替えを検討している方にも、参考になるメーカー別シェアや売れ筋おすすめランキングをご紹介します!

ドライブレコーダーのメーカー別人気シェアは3社でほぼ独占?

BCN AWARD 2018

予期せぬ自動車事故や、防犯目的で非常に効果的なドライブレコーダー。
上記のグラフは、実売データに基づくドライブレコーダーメーカーシェア「BCN AWARD 2018」の結果です。
「コムテック」「ユピテル」「ケンウッド」の3メーカーだけで、全体の7割を占めていることがわかります。人気メーカーからドライブレコーダーを選びたいという方には、なかなかわかりやすい図式だと言えるでしょう。

その他3割のシェアの内実はというと、主に中国などの海外メーカーで占められていると推測できます。

トップシェア3社、またそれ以外の人気メーカーについての概要と製品の特徴について解説していきます。

コムテックのドライブレコーダーの特徴

コムテックは、2018年現在ドライブレコーダーの販売シェアNo1のメーカーです。ドライブレコーダー以外にも、GPSレーダー探知機やポータブルナビなどの自動車関連機器を販売しています。

コムテックのドライブレコーダーは、「HDR」から始まる型番の高性能なハイエンドモデルと、「ZDR」から始まるお手頃なスタンダードモデルがあります。商品サイクルは短めで、旧型のモデルは昨年発売のもの以外はあまり売っているのを見かけません。最新型であるほど、視野や解像度が洗練され、LED信号機対応などの機能が充実しているので、手に入れるなら旧モデルよりも最新モデルがおすすめです。

ユピテルのドライブレコーダーの特徴

ユピテルは、40年以上の実績のあるカー用品メーカーで、現在はコムテックにその座を譲っていますが、2017年にはドライブレコーダーNo1シェアを誇っていました。コムテックより長く続く歴史や、商品の高い品質・性能から、民間用以外にも警察や消防、官公署からの信頼度が高く、ユピテルのドライブレコーダーが多く採用されています。

シンプル・ハイグレード・ハイグレードプレミアムの順に性能と価格が上がっているシリーズをラインナップしており、夜中の映像記録やスマホアプリとの連動、動体検知機能など多彩な便利機能を備えた商品が充実しています。水平360°+垂直360°の全方位映像が記録できる全天球ドライブレコーダーも発売されており、もはや死角なしです。

ケンウッドのドライブレコーダーの特徴

ケンウッドは、映像機器・音響機器・無線機器・音楽映像を主に取り扱う老舗ソフトメーカーです。ドライブレコーダーのシェア率の高さでも有名ですが、高解像度のカーナビ「彩速ナビ」が著名です。

カー用品というよりも、ビデオカメラやオーディオ技術のノウハウを磨いてきたメーカーであるため、その映像技術はドライブレコーダーに惜しみなく注ぎ込まれています。

現在普通に販売されているのは大きく分けると3タイプのドラレコで、スペックや同梱のmicroSDカードが違う型番違いの合計5機種があります。

ランキング外の人気メーカーの特徴

以下では、ランキング外の大手ドライブレコーダーメーカーについてご紹介します。

パイオニア

パイオニアは、車載機器やPC・スマホ関連機器を主に取り扱う大手メーカーです。特にカーナビでは世界一の技術とシェア率を誇る『カロッツェリア』ブランドが有名です。

パイオニアが発売するドライブレコーダーは、十八番であるカーナビモニターと連携して映像を写すことができるタイプや、カメラ・液晶画面・操作ボタンが一体となったタイプなどが発売されており、トップシェア3社と差別化を図る努力が見られます。

パナソニック

パナソニックは、もはや説明の必要がないレベルで著名な家電メーカーです。映像技術が得意分野で、テレビやPC以外にもカーナビやドライブレコーダー市場に参入しています。

パナソニックのドライブレコーダーは、第1号が2015年に発売され、現在は3種類の商品がラインナップされています。解像度やLED信号機対策などはもちろん、季節によっては激しく変化する車内温度に耐久性のある設計にするなど、パナソニックならではの信頼できる内容です。

セルスター

セルスターは、レーダー探知機を主力製品とする自動車関連エレクトロニクス製品の専門メーカーです。

GPSレーダーと連携したドライブレコーダー商品が特徴で、モーションセンサーを利用した駐車監視システムや、車間距離や車線走行状況を判断してくれる安全運転支援機能を搭載するモデルは、映像証拠の確保以上に、物理的な身の安全も守ってくれます。

売れ筋は?ドライブレコーダー人気ランキングTOP9

どんなドライブレコーダーが人気なのか、ドライブレコーダーの売れ筋人気ランキングをTOP9までご紹介していきます。ランキング計上基準として、「Amazon ランキング大賞 2018上半期」カーエレクトロニクス部門からドライブレコーダーのみを抽出しています。

【1位】コムテック ZDR-012

Full HD 200万画素の高画質で鮮明な映像を撮影することで、万一のトラブルや予期せぬ事故が起きた時の事故原因解明やスムーズな事故処理等に役立つだけではなく、ドライブの記録映像として後から楽しむこともできます。

参考価格: ¥ 9,980
(2018年09月20日現在)

コムテック ZDR-012が人気第1位となった理由は、価格ではなくその高い性能です。ZDR-012の価格は1万円弱と決して安くはありませんが、自分の人生を左右するかもしれないドライブレコーダーの選択に、多くの人が経済面を度外視して、その高い性能を買っているのです。

ZDR-012は白飛びしない高画質映像、取り付けの簡単さなど、ユーザーの痒い部分に全て手が届く非常に器用なレコーダーです。

【2位】APEMAN RB-C470-JP

ループ録画、動き検出、スーパー夜視など、充実した機能が備わっている上に、格安で購入できるドライブレコーダーです。

参考価格: ¥ 4,280
(2018年09月20日現在)

ドライブレコーダーのトップシェア3社以外の海外メーカーからのランクインです。1位のモデルとは違い、人気の理由は低価格であることが大きいでしょう。

さらに、優れた夜視性能、高画質映像、ループ録画機能付きなど、ドライブレコーダーに期待する要素としては十分と言えます。

【3位】ユピテル WD300

本体以外のコストを抑える事により、低価格での提供を実現したWEB限定のフルスペックドライブレコーダー。
扱いやすく多機能で、非常用電源がもしもの場合の不安を消し去ります。

参考価格: ¥ 9,999
(2018年09月20日現在)

コムテックに続いて、ユピテルの商品がランクイン。WD300が人気の理由は、必要な機能のほとんどを備えたフルスペックドライブレコーダーであることです。

ふと不安に感じる「事故で電源が断たれては元も子もないのでは?」という声に対し、非常用電源を搭載し、記録中の映像破損を防いで保存する機能が嬉しく、その他は画質や使いやすさ、正確なセンサーなど基本的な部分まで全て優秀です。

【4位】ユピテル DRY-ST3000P

ユピテルのフルスペックドライブレコーダーです。
GPS機能が正確な日時を記録し、録画方法も常時・ワンタッチなど様々、バックアップ機能も搭載した充実のモデルです。

参考価格: ¥ 10,900
(2018年09月20日現在)

連続ユピテルからのランクイン。
3位のモデルは販路をWEB限定にすることで低価格でした。通常販売型のDRY-ST3000Pは、少々価格があがりますが、コンパクトでフルスペックのドライブレコーダーとして高い人気を誇ります。

【5位】TOGUARD ce680

手のひらサイズの超小型ドライブレコーダーです。
駐車時にも録画が可能で、万が一車を離れた際にトラブルに巻き込まれても、しっかりと証拠を残すことができます。

参考価格: ¥ 3,699
(2018年09月20日現在)

手のひらより小さい超小型サイズで、運転中の視界を邪魔することがありません。

広角6層ガラスレンズや1080PフルHD撮影、動き検知機能などドライブレコーダーとしての機能が十分でありながら、トップレベルの低価格が人気の理由でしょう。

【6位】Chortau B-T002

SONYセンサー/レンズを採用するので、ビデオ解像度1920*1080PフルHD(30fps)と写真解像度1800万の高画質撮影が可能で、夜でも前車のナンバープレートも確認できます。

参考価格: ¥ 7,890
(2018年09月20日現在)

安価で高機能な海外メーカーからのランクインです。
SONYレンズを採用しており、ビデオ解像度1920×1080のフルHD(30FPS)、写真は1800万画素と、高画質撮影が可能な他、スマホやPCのディスプレイに使用されるIPSスクリーンを使用することで、物体の色彩と明るさが段違いです。

【7位】ケンウッド DRV-325

従来モデル(KNA-DR350)に比べ約20%の小型化を実現。ユーザーニーズの高いコンパクトデザインとしたことで、車内からの視界を妨げることなく、スタイリッシュな装着が可能です。さらに、フルハイビジョン録画による高画質記録や、さまざまな録画モードを搭載。更に大容量32GB microSDカード付属した高性能と小型化を両立したケンウッドのスタンダードドライブレコーダーです。

参考価格: ¥ 12,630
(2018年09月20日現在)

国内シェアトップ3社から、コムテックやユピテルと多少の差を付けられながらもランクイン。

小型でスタイリッシュなデザインや、露出を変えた複数の撮影画像を合成するHDR (ハイダイナミックレンジ)を採用、速度・高度・緯度などの自車位置情報を正確に把握するGセンサーなど機能は充実しています。同じような機能を持ち、より低価格のモデルが続出しているため、少し人気が落ち込み気味です。

【8位】猿人 APEMAN RB-C550-JP

前方に加え、後方にもカメラを取付けることで、後方から追突された場合もしっかり記録できます。
防水、抗干渉、耐熱性、耐寒性あり、世界基準のIP67/IP68高防水性能を備えており、砂やホコリなどの粉塵が内部に侵入することも防ぎます。

参考価格: ¥ 7,880
(2018年09月20日現在)

再びAPEMANブランドからランクインです。
リアカメラを搭載し、後方の映像も撮影することができ、耐水性・耐久性が高く、信頼して使用できるドライブレコーダーです。

2位のモデルより型式が古く、価格も高めなので、8位という順位になったことが推測できます。

【9位】Jinwode DVR48B

ルームミラー型のおしゃれなドライブレコーダー。
ルームミラーと一体化で視野の邪魔にならず、既存のルームミラーに被せるだけで視界を妨げることなく、車内のインテリアも損なうことがありません。

在庫情報無し
(2018年09月20日現在)

海外メーカーから変わったタイプのドライブレコーダーがランクインしました。

ルームミラー型でおしゃれなだけでなく、ルームミラーに被せることで、運転席からの視界に見事に溶け込むことに成功しています。その他ドライブレコーダーとして必要な機能を十分に搭載しており、著名なメーカーでなくとも、こういったアイディア勝負で人気を勝ち取ることができるのだとわかります。

人気のドラレコの中から自分にぴったりのものを選ぼう!

ドライブレコーダー ドラレコ

©Shutterstock.com/Helioscribe

上のランキングで解説したように、「ドライブレコーダー」と一括りにまとめても価格や機能はピンキリです。

使用用途によっては必要でない機能もあるため、ただ単に高いモデルを買えばいいというわけではなく、お金の無駄遣いになってしまう可能性もあります。自分の使用用途とドラレコそれぞれの機能をよく照らし合わせ、予算と相談しながら自分にぴったりのモデルを探してみるといいでしょう。その際はぜひ本記事を参考にしてみてください!

国産主要6メーカーの中で、どれが欲しい?【投票受付中】

【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派?

Q. 欲しいと思うドライブレコーダーのメーカーはどれ?

万が一事故が起きた際に記録を残し、責任の所在をはっきりさせることができるだけでなく、防犯目的や車載動画の撮影などの用...

  • コムテック
  • ユピテル
  • ケンウッド
  • パイオニア
  • パナソニック
  • セルスター
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る
Powered by

ドライブレコーダーに関するおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す