初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

自動ブレーキとは?ブレーキアシストとの違いと車を買う時の注意点

安全装備の「自動ブレーキ」は、今や必須の機能です。ブレーキアシストと自動ブレーキの違いを解説し、車を買うときの注意点も紹介します。それぞれの特徴を知り、近年増加している「ぶつからない車」や「自動ブレーキ車」。誤解なく安全にドライブを楽しみましょう。

「自動ブレーキ」と「ブレーキアシスト」の違いとは?

AT車 ブレーキペダル

©shutterstock / NorGal

「自動ブレーキ」と「ブレーキアシスト」は、名称は似ていますが異なる機能です。それぞれの特徴を知り、誤解なく安全にドライブを楽しみましょう。

自動ブレーキとは?

自動ブレーキは「衝突被害軽減ブレーキ」ともいいます。
前方の障害物との衝突を予測、警報を鳴らす、被害軽減のための制動制御をする装置です。

前方を走っている車が停車したことに気づかない場合、そのまま追突してしまいます。自動ブレーキのセンサー類で前方の車の停車を検知すると、まず警報を鳴らします。もしもドライバーが警報に気づかなかったとしても、自動でブレーキ制御を行い、衝突被害を軽減してくれます。

このように「衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)」は、警報・自動ブレーキの2段階で衝突被害を軽減する安全機能です。

詳しくはこちら

ブレーキアシストとは?

ブレーキアシストとは、強いブレーキ力が必要なときにブレーキの力を補助、ブレーキ力を増す装置です。ブレーキアシストがあることで、緊急時とっさにブレーキを強く踏めないといいう場合も安心できます。

ブレーキアシストが働くタイミングは車によって大きく2つに分けられます。

1つは急ブレーキ操作をコンピューターが感知したときに作動するタイプです。コンピューターがブレーキペダルの踏み込み速度と踏み込み量を検知し、ブレーキを踏む力が不十分と判断すると、力を補助してくれます。

もう1つは、ブレーキを踏む力が一定以上の強さを超えたときに作動するタイプです。こちらは細かなブレーキ操作が多い市街地でも、効果的なアシスト効果が期待できます。

詳しくはこちら

「自動ブレーキ」と「ブレーキアシスト」の違いは?

ブレーキアシストはドライバーのブレーキ動作をきっかけに作動する安全機能です。あくまでパワーの補助であり、自動的にブレーキがかかる機能ではありません。

対して自動ブレーキは、ドライバーの判断に依存せず、センサー類により追突の危険を事前に察知し、警告ののちブレーキ制御を行ってくれます。

積極的な危険の検知および回避動作については、自動ブレーキの機能が優れています。

もちろん、センサー類を過信することは危険ですので、総合的に見てどちらが安全かは単純に判断できません。どちらもあくまで安全運転の補助機能と捉えるべきでしょう。

自動ブレーキは「サポカー・サポカーS」に分類される

サポカー・サポカーSのWEBサイト

自動ブレーキを搭載した車は「サポカー」に分類されます。正式名称は「セーフティ・サポートカー」です。

サポカーには「サポカー」と「サポカーS」の2種類があります。定義は以下のとおりです。

・サポカー:自動ブレーキを搭載した、すべての運転者に推奨する自動車
・サポカーS:自動ブレーキに加えて、ペダル踏み間違い時加速抑制装置といった機能を搭載した自動車。とくに高齢運転者に推奨。

さらにサポカーSは「ワイド」「ベーシック+」「ベーシック」の3つの区分に分けられています。サポカーSは自動ブレーキに加えてその他の事故軽減機能が備わっているため、より安心して運転することができるでしょう。

なお、ブレーキアシスト機能のみで自動ブレーキを備えている車は、「サポカー」に分類されません。

「サポカー」と「サポカーS」の区分

種類機能
サポカー自動ブレーキ
サポカーSワイド自動ブレーキ(対歩行者)
ペダル踏み間違い時加速抑制装置
車線逸脱警報
先進ライト
ベーシック+自動ブレーキ(対車両)
ペダル踏み間違い時加速抑制装置
ベーシック低速自動ブレーキ(対車両)
ペダル踏み間違い時加速抑制装置

サポカーについて詳しくはこちら

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す