初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

e-POWERとは?ハイブリッドとは違う?仕組みや搭載(予想)車種一覧

日産のノートe-POWERが売れています。2016年11月の発売から3週間で2万台を受注し、さらに2017年1月には、国内販売登録車ランキングで「ノート」が1位、「セレナ」が2位を獲得しました。日産車のワンツーは、1984年9月の「サニー」、「ブルーバード」以来、実に32年ぶりの快挙となっています。 日産では「発明」ともいわれているe-POWERとは何か?どこかすごくて、ハイブリッド車と何が違うのか? 今回はそんなe-POWERの魅力について探っていきたいと思います。

e-POWERとは?

日産 e-POWER

e-POWERはモーターのみで走る!

e-POWERは同社の電気自動車「リーフ」に搭載されている大出力モーターのみで走行します。
トヨタプリウスに代表されるような、これまでのハイブリッド車は、エンジンとモーターのそれぞれを動力として、シーンごとに役割を分担。より効率のいい方を選ぶ、もしくは併用して走行しています。

それに対して日産のe-POWERは、モーターのパワーのみで走行し、エンジンは発電専用となっています。したがって、エンジンは動力としては利用されません。まず、ここがハイブリッド車とe-POWERの一番の違いと言えます。

e-POWERのベースとなったリーフのモーター

日産リーフ・モーター

e-POWERのしくみは?

e-POWER・仕組み

e-POWERは、モーター、インバーター、バッテリーそしてエンジンと発電機から構成されます。(上図の中央参照)

e-POWERは、エンジンで電気を作る
e-POWERは、エンジン出力を使って発電機を回し、電気を作り出します。その電気を使ってモーターを駆動し走らせる仕組みとなっています。

電気自動車の場合は、大容量のバッテリーに蓄えられた電気を使ってモーターを駆動しています。e-POWERのように発電はできないので、外部充電が必要となります。
また、ハイブリッド車の場合は、エンジンもモーターと並行してタイヤとつながり両方とも動力として利用されます。

e-POWERはエンジンとタイヤはつながっておらず、100%モーター駆動となります。

e-POWERと100%電気自動車リーフとの違いは?

日産 リーフ

e-POWERは、リーフと同じモーターで走っています。では、何が違うのかと言いますと、e-POWERはバッテリーの電力のみで走行するのではなく、搭載されたエンジンで発電された電力を走行に使っているという点が100%電気自動車であるリーフとの一番の違いです。

リーフは大容量のバッテリーの電力のみで走行するので、外部からの充電が必要になります。対して、e-POWERはエンジンで発電した電力を使用しますので充電装置を持っていません。ここが一番大きな違いとなります。

e-POWERとレンジエクステンダーEVとの違いは?

BMW i3 外装

e-POWERとレンジエクステンダーEVとの違いについて解説いたします。

e-POWER、レンジエクステンダーEVともモーターで走るという意味では同じ構造を持つといってもいいかもしれませんが、e-POWERはエンジンによる発電のみであることに対して、レンジエクステンダーEVは外部充電がメインであるということが決定的な違いです。したがって、レンジエクステンダーEV車は、蓄電するための大容量のバッテリーが必要となり、あくまでエンジンはイザというときの補助といったスタンスなのです。

逆に、e-POWERはエンジンのみで発電し、外部充電装置は装備していません。したがって、バッテリーは必要最低限の容量に抑えた設計となっていますので、コスト面や重量面などでメリットをもたらします。

【レンジエクステンダーEVの代表車種】
BMW i3レンジエクステンダー

e-POWERはパワフル!

e-POWER 一体型パワートレイン

e-POWERに搭載されているモーターはリーフと同じモーターで、そのトルクは2.0Lガソリンターボ車と同等です。瞬時にフルパワーを得られるモーターの特性により、電気自動車とまったく同じ力強い加速とレスポンスが特徴となっています。

モータースペック
モーター 型式 :EM57
種類 :交流同期電動機
定格出力 :70kW(95PS)
最高出力 :80kW(109PS)/3008-10000rpm
最大トルク:254N・m(25.9kgf・m)/0-3008rpm
動力用主電池 種類 :リチウムイオン電池

e-POWER搭載車は?

日産 ノート e-POWER 2016年

日産e-POWERの搭載車種は、現在ノートのみです。ノートe-POWERは2016年11月の発売以来爆発的ヒットを記録しています。
特に、2017年1月には車名別の国内販売ランキングでノートは14,113台を登録し、見事第1位を獲得しています。第2位にも同社セレナが入り、32年ぶりの日産車ワンツーを果たした立役者となりました。

次項では、そんなe-POWERのすごいところについて、ノートe-POWERユーザーの声を交えつつ、詳しく紹介していきます。

e-POWERのここがすごい!

日産・e-POWER

【その1】e-POWERはスポーツカー顔負けの走り

e-POWERは、2.0Lターボエンジンと同等のパワー
e-POWERは、最大トルク254N・m(25.9kgf・m)/0-3008rpmという2.0Lターボエンジンと同等の強力なトルクを瞬時に発揮します。そのパワーとレスポンスは、通常のガソリンエンジンとは一線を画する異次元のもので、未来感覚あふれるものとなっています。

車重は1.2トンとやや重めですがリーフに比べ200キロも軽い。この種のクルマには珍しく、意のままにクルマを操れる感覚があります。まるでスポーツカーのようです。 サスペンションは良く出来ていて細かい凹凸にも良く反応して動きます。高級車のようなフラットライドを実現しています。

出典:http://www.carsensor.net/

無難な設定。VitzやFitとほぼ同じ感触で走れる。 運転席と樹種席の居住性もよく、後部座席も十分な広さがある。 トランクもスーツケースが2つは入る十分な広さがある。 走行性能もハンドリングも素直で癖が無く、加速性能にも違和感が無い。 VitzやFitと比べると、運転するのは楽しい。Swiftと比べると負けるという感触。

出典:http://www.carsensor.net/

e-powerです。 加速が良くてとても気持ちよいです。 加速を楽しみながらも(いわゆるべた踏みです)、ペダルを徐々に離すことで無闇にブレーキを踏むことなくスムーズに減速して止まれます。それで20km/lは走っていました。止まるときのアクセルの離し加減で、走りながら徐々に減速しつつ充電させることで燃費が良くなるようです。 たまたま会社の仕事でアクアのレンタカーを借りましたが、同様の走りを求めて走った結果、12km/lの結果でした。 アクアも良い車と思いますが、そういう走りには向いていないのかと思います。 エンジンの掛かり具合はアクアと似ているなと感じました。

出典:http://www.carsensor.net/

【e-POWERのここがポイント】
モーターならではの鮮烈な走りは、どのユーザーも美点として感じているようです。メーカーのキャッチコピーでもある「ひと踏み惚れ」として顕著に評価されていると言って間違いなさそうです。

【その2】e-POWERは静か

異音 騒音

©Shutterstock.com/ WilmaVdZ

モーターならではの静粛な走り
e-POWERはモータードライブ。したがって、静かな走りも特徴の一つです。100%電気自動車ではないので、走行中はエンジンが発電機として始動しますので、無音の連続EV走行はできませんが、発進時や減速時など発電用エンジンを休止して、モーターのみで走行するシーンでは、まさに電気自動車のような静粛性を実現しています。

静粛性や車内の広さは同クラスの他車種よりも優位だと思います。

出典:http://www.carsensor.net/

、走行中は静かで快適ということが購入の決め手になりました。まず、加速機能ですが動き出すときはとてもスムーズでモータードライブ機能を搭載しているので静かに発進できて乗り心地抜群です。今までは走行中の振動やエンジン音が気になっていましたが、日産ノートに乗り換えたら全くといっていいほどエンジン音は気にならずストレスなく運転できています。

出典:http://www.carsensor.net/

【e-POWERのここがポイント】
静粛性については賛否両論ありそうです。遮音性などの対策をしっかり施されていると評価する声がある一方で、エンジンが始動すると3気筒の宿命を感じるといった意見が多く見受けられました。エンジンによる発電を伴うモーター駆動ですので、静粛性に対する過度な期待は禁物かもしれません。

【その3】e-POWERは燃費がいい

超低燃費
e-POWERのエンジンは発電専用ですので、より効率がよく低燃費になるように専用設計されているのが特徴となっており、燃料消費率 (国土交通省審査値)は34.0km/L~37.2㎞/Lと抜群の低燃費となっています。
実際のところはどうなのかについて検証していきたいと思います。

コンパクトなので取り回しも楽で安定性もあります。 高速なとでは安定しているので運転していて楽です。 燃費も気をつけているのですがリッター15キロ位は走ります。小回りが利き、燃費が良い。あと所有者が少ないので大きな駐車場内でも比較的見つけやすい。普通のファミリーカーなのに、加速感はとても1.5とは思えない良い加速をしてくれます♪

出典:http://www.carsensor.net/

燃費は大体の平均ですがリッター16kmほどです。勿論冬場などはタイヤを履きかえるため少々平均値は下がってしまいますが。 私が一番重宝しているのは、肘掛。これがあるのとないのでは雲泥の差です。

出典:http://www.carsensor.net/

【e-POWERのここがポイント】
燃費に関してはおおむね好評のようです。乗り方ひとつで大きく変わるのはどの車も同じで、e-POWERについては、街乗りでも20㎞/L前後の燃費が期待でき、郊外路や遠出では30km/L超の燃費も夢ではない様子です。

100%電気自動車リーフで、モーターユニットを早くから世に送り出し、一歩リードしてきた日産ならではと言えるのではないでしょうか。

【その4】e-POWERは未来の運転感覚?

ビジネスマン 運転

©iStockphoto.com/ Geber86

e-POWERは、3つの走行モードが用意されていて、その運転感覚に大きな特徴があり、それが未来的と言われているゆえんです。

e-POWERドライブの大きな回生発電と減速力
モーターによる電気駆動ですので、減速時にはに回生発電し、バッテリーへ充電するのですが、e-POWERドライブのSモード、Eモードではアクセルペダルを緩めるだけで、より強く回生発電するとともに、減速いたします。

2ペダルでの加減速が新感覚
その減速力はこれまでなかった感覚で、2ペダルで加減速できる新鮮なものとなっているのがe-POWERドライブの特徴です。

低速からトルクがあるので街中は低回転で、踏みたい時に踏み込めばグングン加速していきます! コーナーリングも純正で良く動く足なのでとても良く曲がりました。ボディ剛性も高くコーナーでボディがふらつくなんてありません! メーターなどのインパネもスポーティーな雰囲気で良かったです! シートは純正でも問題ありませんね。車高がちょうどいいので乗り降りが楽。室内も広めなので高速での走行も難なく運転できます。燃費も良い。運転席の座り心地は良い。 リラックスしながらドライブが可能で、荷物も載せやすかった。小回りが利く。すごくおしゃれで、しっかりしておりハンドリング等もよく、全体的に良い印象がとても強いですね。サスペンションはしなやかな走りを生み、燃費も良好です。 軽すぎないステアリングとキビキビ感は希薄だが粘っこいサスセッティングで長距離を走っても疲れをあまり感じません。

出典:http://www.carsensor.net/

加速機能ですが動き出すときはとてもスムーズでモータードライブ機能を搭載しているので静かに発進できて乗り心地抜群です。今までは走行中の振動やエンジン音が気になっていましたが、日産ノートに乗り換えたら全くといっていいほどエンジン音は気にならずストレスなく運転できています。また、燃費もよくて特に遠くに出かける方や、ドライブを楽しみたい方にはおすすめの車です。3つのドライブモードがありとてもスムーズで比較的運転しやすい車だと思います。また、一定の車間距離を保ってくれる機能や、自動ブレーキ機能も備わっており安心して運転できる車です。

出典:http://www.carsensor.net/

【e-POWERのここがポイント】
e-POWERドライブのSモード、Eモードは、その強力な減速力がこれまでにない運転感覚で新鮮でもあり、一方で慣れるまでは違和感の残るものでもあるようです。

e-POWERがこれまでの概念とは違う発想で設計された一面をここに見ることができます。

現在e-POWERが搭載されている日産・ノートについてはこちらの記事

次のページ

この記事の執筆者

よっしーこの執筆者の詳細プロフィール

13年間自動車ディーラーで営業していた経験を生かして自動車・バイクのライターをしています。ドライブ・ツーリングが大好きで、そのジャンルの記事も得意です。 現在はフォルクスワーゲンのダウンサイジングターボ車にハマっています。愛車はフォルクスワーゲン・パサートです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社