MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 1000万円超の車がそこらで即日完売!「東京キャンピングカーショー2022」がヤバすぎた
ニュース

更新

1000万円超の車がそこらで即日完売!「東京キャンピングカーショー2022」がヤバすぎた

2022年7月23日と24日の2日間、東京ビッグサイトで「東京キャンピングカーショー2022」が開催されました。

出展ブースは50を超え、展示車両は150台以上。有名YouTuberやアスリートによるトークショーなども行われ、会場には多くの来場者が訪れました。

キャンピングカーに馴染みのない人にとっては、「これだけの車両を集めて何をするのか」と疑問に思われるかもしれません。実際のところ、イベントにはどんな車が展示され、どんな人たちが訪れていたのでしょうか。

「ウチのリビングより豪華じゃん……」

ビッグサイトの長いコンコースを東端まで歩き、会場にたどり着いたのはお昼過ぎ。すでに会場は多くの人出で賑わい、なかでも子連れのファミリーやペット連れの方の姿が散見されます。

東京キャンピングカーショー2022会場風景

会場を回ると、人気車両には順番待ちの小さな列が生じており、キャンプ熱の高まりが感じられました。

キャンピングカーと聞くと、まずトラックや1BOXを改造した箱型の車両が思い浮かぶかもしれません。しかし、会場には「セレナ」や「N-BOX」など、乗用車の人気モデルをキャンプ仕様にカスタムした車両も多く見られました。

N-VANやN-BOXベースの軽キャンパーを扱うホワイトハウスキャンパーのブース

→東京キャンピングカーショー2022の取材写真を全部見る【画像46枚】

今年発売したばかりの「新型ノア」をベースとしたモデルも展示され、多くの参加者から熱い視線を集めていました。

新型ノアをベースにした「MR(Minivan Revolution)/Van Revo(バンテック新潟)」

とはいえやはり、キャンパーに人気なのはトラックをベースにした「キャブコン」や、ハイエースなどをベースとする「バンコン」のようです。

実際に、展示中のキャブコンに入ってみると、居心地のよさは「もはや家」というレベル。

家庭用エアコンや冷蔵庫はもちろん、大型テレビやクッションの効いたソファ、小洒落たインテリアに「ウチのリビングより豪華だ……」と思わずにはいられません。

ハイエース系の車両をカスタムしたバンコンも、外観からは想像できないスペースを擁しています。

アネックスのバンコン「リコルソ acモデル」の車内空間

睡眠・食事・休憩を複数人で行える設備と広さを備え、パーソナルスペースとしても「ここで十分暮らせる」という印象があります。

→「もはや家」なキャブコン、バンコンの車内をもっと見る

軽トラ・軽バンをカスタムした軽キャンパーは、軽規格を最大限活用する工夫が数多く取り入れられており、収納やシートアレンジに驚かされるシーンも。

TOWA MOTORSの軽キャンパー「クライン108 アーレ」

食事から仕事、睡眠までを手が届く範囲で済ませられる「ちょうどよさ」があり、ものぐさな筆者としては「ある意味これが一番快適かも」と感じる面もありました。

→コンパクトでも賢い空間設計!軽キャンパーの画像をもっと見る

WILD LANDによるフルオートルーフテント

さらに会場には、ビルダーによる完成車両のほか、乗用車のルーフにポン付け可能なテントや、防災面でも役立つポータブルバッテリーなど、キャンピングカー以外のオーナーにとっても取り入れやすい製品が見られました。

『ゆるキャン△』コラボ車両

その他、特別展示としてキャンプ系YouTuberの車両や、人気アニメ『ゆるキャン△』のコラボ車両など、話題性の高い車両も並べられ、それぞれのブースがさまざまな形で盛り上がりを見せていました。

執筆者プロフィール
鹿間羊市
鹿間羊市
1986年生まれ。「車好き以外にもわかりやすい記事」をモットーにするWebライター。90年代国産スポーツをこよなく愛し、R33型スカイラインやAE111型レビンを乗り継ぐが、結婚と子どもの誕生を機にCX-8に乗り換える...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード