MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 「あの日本車は接収リスト入り」おそロシア…民間人だけでなく車も動員対象に?
ニュース

更新

「あの日本車は接収リスト入り」おそロシア…民間人だけでなく車も動員対象に?

予備役の動員めぐりますます混乱広がるロシア

ウクライナに侵攻を続けるロシアのプーチン政権は、2022年9月21日に軍の部分動員令に署名をしたことを明らかにし、約30万人の予備役をウクライナに派遣する方針だとされています。

ロシア国内ではこの予備役の動員に抗議する活動が相次いでおり、各地でデモが開催されたり、動員から逃れるために出国しようとする人が国境付近で列をなしたりといった、混乱が生じているようです。

トヨタがロシアでの生産事業を終了

乗用車も接収の対象になる?

カスピアンブルー/スーパーブラック

さらに、一般市民の動員だけではなく、個人・法人が所有する車両についても接収となる可能性があると、ロシアの現地メディアが報じました。

これはロシア連邦法の“ロシア連邦における動員訓練と動員について”に基づいたものとし、ここで対象となる車は軍が活用できる特殊車両のほか、乗用車も対象となっており、その“リスト”によれば日産 エクストレイル、三菱 アウトランダー、スズキ グランドビターラなど日本メーカーの車も含まれているといいます。

海外で暴れる日本車たち

対象となる車の条件は?

“リスト”に含まれ接収の対象となる可能性がある乗用車は、オフロード走行に適した、運転席を除いて座席数が8以下の車、または積載可能重量が3.5トン以下の車とされています。この要件を満たす車を探すことはそう難しくなく、“リスト”は「無限に続く」と言われているようです。

日本以外の海外メーカーの乗用車ももちろんこの“リスト”に含まれるものの、ロシアでは日本車は高い人気を誇っており、日本メーカーの新車を買うことが難しくなった現在では、中古車に人気が集中。

ウラジオストクでは日本から輸入された中古車が街を埋め尽くしていると言われるほどですが、こうした輸入された日本の中古車も軍用車として接収される可能性があります。

仕入れた日本の中古車、置く場所足りず街にあふれる

グローバルでの展開を急速に進めるBYD

「日本車は“もろい”から燃費が良い」というイメージが存在

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード