MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 雨って洗車代わりになるの?カーコーティング担当スタッフの神回答に納得
ニュース

更新

雨って洗車代わりになるの?カーコーティング担当スタッフの神回答に納得

梅雨の時期は雨が続くこともあり、『雨が降るから洗車しない』『雨を洗車代わりにしている』という方も多いのではないでしょうか?

しかし「雨が降るから洗車をしなくて良い」ということではありません。雨がクルマにダメージを与えることがあるので注意が必要です。

雨でクルマは綺麗にならないどころか……

©︎naka/stock.adobe.com

雨が降るとクルマの汚れを綺麗に洗い流してくれそうな気もしますが、むしろ汚れることが多いです。

普段クルマに乗っていれば、ボディには花粉や砂ぼこり、油分などが付着しています。その状態で雨が降ると、乾いた後にウロコ状の汚れがボディに固着し、頑固なシミの原因となってしまうのです。

特に春先は花粉や黄砂などが飛散することも多いため、雨が降った後に水分が蒸発し、これらがボディに残ることによって、斑点状のシミになってしまうこともあります。

また、激しい雨の中を走行することも洗車の代わりにはなりません。水たまりには、油や泥、路面のホコリなどが含まれているため、足回りやその付近が汚れてしまいます。さらに、対向車や前方車のタイヤに巻き上げられた水も飛んでくるため、余計汚れる可能性が高いです。

そもそも、クルマに付いた汚れは高圧洗浄機でも綺麗に落とすことが難しいので、雨が洗車の代わりになることはほぼないといえるでしょう。汚れが固着している場合は、なおさら雨の力だけで落とすことはできません。

汚れによっては落ちやすくなることもある

雨で汚れを落とすことは難しいですが、汚れを落とす”手助け”をしてくれることはあります。

カー用品店でコーティングを担当しているスタッフによると、「雨が洗車の代わりになるとは言えませんが、軽い汚れや鳥のフンなどは落としやすくなります。そのため、雨の日に洗車を行う方もいらっしゃいます。」とのこと。

鳥のフンや虫の死骸は、落とそうとすると擦り傷が付いてしまうことも多いですが、雨の日はこういった汚れが柔らかくなり、非常に落としやすくなります。

雨に晒すだけでは意味がありませんが、雨によって汚れは浮きやすくなるため、雨の日に手洗い洗車あるいは洗車機を利用する方も一定数いるようです。

手洗い洗車とガソリンスタンド洗車機どっちがおすすめ?洗車のやり方とコツ

執筆者プロフィール
成田 佑真
成田 佑真
1993年生まれ。普段は医療機器販売を行っているが、暇があれば自動車関連記事を読み漁る。愛車はマークX。子どもの頃からマークⅡに憧れ、社会人になりマークXを購入。週末は必ず手洗い洗車を行い、ドライブに出か...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード