MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > 軽自動車「軽貨物1BOX(キャブオーバーバン・軽商用車)」人気ランキング全9車種&評価口コミまとめ
新型車・モデルチェンジ

更新

軽自動車「軽貨物1BOX(キャブオーバーバン・軽商用車)」人気ランキング全9車種&評価口コミまとめ

MOBY編集部インターネット調査チームが総力を挙げて軽自動車「軽貨物1BOX(キャブオーバーバン・軽商用車)」について、2019年通年販売台数から人気ランキングを作成、各モデルの試乗評価やユーザーの声をインターネットから徹底情報収集しました。

軽貨物1BOX(キャブオーバーバン・軽商用車)人気ランキング(2019年通年)

順位メーカー名車名販売台数
1スズキエブリイ73,424
2ダイハツハイゼットカーゴ69,487
3ホンダN-VAN45,230
4日産NV100クリッパー28,828
5トヨタピクシスバン24,103
6三菱ミニキャブバン6,112
7マツダスクラムバン5,364
8スバルサンバーバン4,468
9三菱ミニキャブ・ミーブ521

現在の軽貨物1BOXの主なランキング構成は、エブリイとハイゼットカーゴの2トップに、そのOEMモデルがぶら下がる形です。2018年からN-VANが新規参入しましたが、古株の築いたマーケットを崩せずにいます。9位の異端児、電気自動車のミーブが下火になっている点も含めて、こうした構図はしばらく変化しないと思われます。

【1位】スズキ・エブリイ(73,424台)

 現行モデル発売年月日:2015年2月18日
新車価格:97万~153万円
画像は、PC
現行モデル発売年月日:2015年2月18日
新車価格:97万~153万円
画像は、PC

事業用車として街中でよく見かけるスズキ エブリイ。仕事用に購入して趣味にも使うユーザーも多く、MTのターボに乗るためにエブリイを選ぶケースもあるようです。ユーザーの評価観点は幅広く、キビキビとした走りや高速時の高い安定性といった走行性能関連から、メーター表示の見やすさやカップホルダーの位置など細かい工夫までさまざまでした。スズキ独自のAGSによる変速時に若干のショックが起きるらしく、人によっては不快感を感じる場合もありそうです。

【2位】ダイハツ・ハイゼットカーゴ(69,487台)

現行モデル発売年月日:2004年12月20日
新車価格:95万~153万円
画像は、クルーズターボ SA3
現行モデル発売年月日:2004年12月20日
新車価格:95万~153万円
画像は、クルーズターボ SA3

建設業や配送業で大活躍のダイハツ ハイゼットカーゴ。事業用以外にも、プライベートのレジャーやアウトドアとしても使われるようです。機能性重視のため、装飾や快適装備は最低限ですが、シンプルな構造はDIYにも向いています。気になる点として、積荷が多いときにエンジン音が大きくなる現象や悪路での振動の大きさを挙げるユーザーが一定数いました。基本的には1~2名乗車+荷物、という使い方を想定しているため、ファミリーユースには向かないそうです。

【3位】ホンダ・N-VAN(45,230台)

現行モデル発売年月日:2018年7月12日
新車価格:129万~183万円
画像は、STYLE FUN・Honda SENSING
現行モデル発売年月日:2018年7月12日
新車価格:129万~183万円
画像は、STYLE FUN・Honda SENSING

2018年7月に発売した商用車の新生 ホンダ N-VAN。快適性や楽しさはあえて排除された「働く車」に徹するスタイルに加え、従来の商用車にはなかった鮮やかなカラーやフレンドリーなフロントマスクの新世代感に好感触を示すユーザーが多い印象です。助手席側のピラーレス構造やフルフラット化の簡易さ、アクティブクルーズコントロールなどの先進機能で実用性は素晴らしい仕上がりとのこと。

【4位】日産・NV100クリッパー(28,828台)

 現行モデル発売年月日:2015年2月24日
新車価格:104万~159万円
画像は、DX
現行モデル発売年月日:2015年2月24日
新車価格:104万~159万円
画像は、DX

日産 NV100クリッパーは、スズキ エブリイのOEMモデル。商用としての実用性・積載性は当然として、やはりエブリイ同様5速AGSに関するレビューが目立ちました。AGSを便利で楽しい機構と感じられるか否かで、変速時のショックをストレスと捉えるか否かが分かれる印象です。装備が最低限でカスタムの余地が多いため、事業用だけでなく遊びのツールとして利用するユーザーにも注目されています。

【5位】トヨタ・ピクシスバン(24,103台)

現行モデル発売年月日:2011年12月1日
新車価格:112万~140万円
画像は、スペシャル "SA3"
現行モデル発売年月日:2011年12月1日
新車価格:112万~140万円
画像は、スペシャル “SA3”

トヨタ ピクシスバンは、ダイハツ ハイゼットカーゴのOEMモデル。ピックアップ仕様の「デッキバン」が採用されていない点以外は、ハイゼットカーゴと同一内容です。レビュアーはビジネスユーザーが大半で、荷物の積み下ろしがしやすい両側スライドドアや市街地配送に便利な小回りの良さ、後席の収納スペースの広さなどが評価されていました。快適性が乗用ワゴンに劣る点はほとんどのユーザーが受け入れています。

【6位】三菱・ミニキャブバン(6,112台)

現行モデル発売年月日:2015年3月6日
新車価格:99万~160万円
画像は、G
現行モデル発売年月日:2015年3月6日
新車価格:99万~160万円
画像は、G

三菱 ミニキャブバンは、スズキ エブリイのOEMモデル。スズキのR06A型エンジンや5速のAGS、各種先進安全装備、内外装すべて流用しており、レビュー内容もエブリイとほとんど変わりません。軽商用車として求められる積載性・機動性(外回りの良さ)・トルクバランスなどの性能は十分として、シートの固さやシフトフィールの悪さについては課題が残るというコメントが多い印象でした。

【7位】マツダ・スクラムバン(5,364台)

現行モデル発売年月日:2015年3月5日
新車価格:97万~143万円
画像は、PA スペシャル
現行モデル発売年月日:2015年3月5日
新車価格:97万~143万円
画像は、PA スペシャル

マツダ スクラムバンは、スズキ エブリイのOEMモデル。同一商品がスズキ・日産・三菱・マツダの4社にまたがる図式なので、ユーザーはディーラーとの関係や値引き条件の違いによって車種を選んでいるようです。メイン購入層のビジネスユーザーは、積載能力や運転席周りのゆとり、天井にある細かい収納スペースなど、単独もしくは2人で運搬作業をする際の使い勝手を高く評価しています。

【8位】スバル・サンバーバン(4,468台)

 現行モデル発売年月日:2012年4月2日
新車価格:95万~160万円
画像は、VC スマートアシスト
現行モデル発売年月日:2012年4月2日
新車価格:95万~160万円
画像は、VC スマートアシスト

スバル サンバーバンは、ダイハツ ハイゼットカーゴのOEMモデル。2012年にダイハツ設計となる以前のスバル製サンバーは、RR駆動にスーパーチャージャー付きのマニアックな仕様から「農道のポルシェ」と称されていました。現在でも旧サンバーのレビューやOEM化を惜しむ声が多く、他の軽商用車とは少し雰囲気が異なります。現行モデルの評価は可もなく不可もなく、ハイゼットカーゴと同様に事業用車としての実用性が一定の評価を受けていました。

【9位】三菱・ミニキャブ・ミーブ(521台)

現行モデル発売年月日:2011年12月8日
新車価格:180万~219万円
画像は、CD 10.5kWh
現行モデル発売年月日:2011年12月8日
新車価格:180万~219万円
画像は、CD 10.5kWh

三菱 ミニキャブ ミーブは、ミニキャブ バンをベースとした史上初の商用EVです。知名度は低いですが、維持費削減のため事業用車として選ぶユーザーが一定数存在します。ほぼワンペダルで加減速ができ、いくら踏んでも車内は静かなため、従来なかった走行感覚に驚く声が多い印象です。出勤後に現場の仮設電気を活用し満充電で帰宅、という賢い使い方も。ただ、冷暖房使用時の航続距離は30~40km程度まで落ちるとのことで、電気残量の管理には注意が必要とのことです。

この記事の執筆者
長岡 慎太郎

関連キーワード