MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > あなたならどうする?車が浸水した時の脱出方法は?割るべきガラスはどれ?
ニュース

更新

あなたならどうする?車が浸水した時の脱出方法は?割るべきガラスはどれ?

ゲリラ豪雨などの災害によって、運転中突然の大雨に遭遇することも珍しくありません。

特に、アンダーパスなどでは道路が冠水し、車が水没してしまう事故も増えています。万が一、水没した車の中に取り残されてしまった場合、どのように脱出を図ればいいのでしょうか。

水没に備えて脱出用ハンマーを準備しておこう!

車が水没すると、水圧によって車のドアの開閉が困難になります。水量が増えていけば、自力でドアを開けて車外に脱出するのは不可能かもしれません。

そのような危機的状況になった場合、窓ガラスを割って車外に脱出する方法があります。そのために必要な準備や脱出の手順を、交通事故などで救助作業を行っている自動車整備業者の担当者に聞きました。

©andrewbalcombe/stock.adobe.com

「昔の車であれば、窓を手動で開閉できるので、水没しても力尽くで開けることが可能なケースもありました。しかし現在では、電動式になっているので、水没し電気系統が動かなくなってしまうと、窓を開けられなくなります。

そのようなケースを想定して、事前に窓を割るためのハンマーを用意しておく必要があります。カー用品店などで千円から高くても3千円ほどで購入できますので、運転席近くの収納ボックスなどに準備しておいてください。

基本的には、運転席から一番近いサイドウィンドウを割って脱出することになります。フロントガラスの方が割れやすいと思っているドライバーもいるかもしれませんが、フロントガラスは、粉々にならないような加工がしてありますので、脱出には不向きです。

実際にフロントガラスを割る実験をしてみましたが、脱出用のハンマーで叩いても、ヒビが入るだけで、粉々にはなりませんでした。人間が脱出するのは難しいでしょう。

また、サイドウィンドウやリアウインドウであっても割れにくい強化ガラスが採用されている場合もあり、脱出には時間がかかる車種もありますから、早めの避難が大切です。」

執筆者プロフィール
室井大和
室井大和
1982年生まれ。ライター歴6年、自動車業界9年。合わせて約15年。雑誌編集、記者、指定自動車教習所員資格保有。愛車はスズキスイフトスポーツ(33型)、BMW323i(E90型)、ジムニー(JB23型)。車はセダンではじ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード