MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 「駐車場の路面で車の劣化を早めてしまう」って本当?砂利・土・コンクリート…どれがいい?
ニュース

更新

「駐車場の路面で車の劣化を早めてしまう」って本当?砂利・土・コンクリート…どれがいい?

車を所有する際、確認すべきことの1つが保管場所の状態です。自宅のガレージや月極駐車場など、さまざまな場所があり、地面の状態も、アスファルトやコンクリート、砂利、土など色々です。

整備工場を営む筆者が、未舗装の地面に車を置き続けることで起こることや、保管場所の環境により車の劣化を進めてしまった例を挙げていきます。

砂利や土の駐車場が車に与えるダメージとは?

車にとっては、アスファルトやコンクリートといった舗装された状態であることが、最も良い状況といえます。しかし、未舗装の場所に駐車せざるを得ない状況もあるでしょう。

アスファルトやコンクリートは、平らな地面で水はけも良いため、駐停車させるには最適な環境です。一方、砂利や土などの未舗装では車に悪影響を及ぼす可能性があります。

砂利や土は水はけが悪く、雨が降った後には水蒸気があがります。水蒸気の上がっている地面に車を置くと、下回りに水滴が付いてしまうのです。

下回りにはゴムや鉄など素材で作られた部品が多く使われています。こうした部品は水分にさらされ続けることで、劣化が早まる可能性があります。

©xiaosan /stock.adobe.com

実際に、整備入庫した車の下回りを確認すると、ゴムの劣化やロアアームの傷、サスペンションからの油漏れなどで修理が必要な車は、未舗装の地面に駐車していることが多いです。

また、低年式の車は最新の車に比べると下回りの劣化が激しい車も多く、水や石などの影響を受けやすくなります。下回りだけでなく、飛び石や雨は塗装を劣化させて、ボディが錆びる原因にも繋がるのです。

特に、低年式の車の保管場所はアスファルトやコンクリートなどの車に優しい地面を選ぶのがオススメです。

執筆者プロフィール
河野みゆき
河野みゆき
1975年生まれ。経理事務の仕事を経て、23歳で家業の自動車整備販売業を継ぐ。主な業務は自動車販売、車検業務、自動車保険の取り扱いなど。自動車に関する知識を女性目線で発信したいと思い、ライターとしても活...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード