MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > 前科50犯?交通違反の度に顔や住所が違う!プラヴォ・ヤズディ氏とは
エンタメ総合

更新

前科50犯?交通違反の度に顔や住所が違う!プラヴォ・ヤズディ氏とは

プラヴォ・ヤズディ氏とは

©LIGHTFIELD STUDIOS /stock.adobe.com

プラヴォ・ヤズディ氏 (Prawo Jazdy) は、1990年代のアイルランドにおいて、交通違反を繰り返したとされていたポーランド人です。

1990年代のアイルランドは、「ケルトの虎」と呼ばれるほど急激な経済成長を遂げており、ポーランドを始めとする旧東側諸国から労働者の受け入れを行っていました。

まさにそのタイミングで現れたプラヴォ氏は、アイルランド国内の各地でスピード違反や駐車違反といった交通違反を繰り返し、その数は50件に及んだといいます。

激レア!最強の免許証「フルビット免許」とは?取得方法や費用を徹底解説

なぜ免許取り消しにならなかったのか

警察に取調べを受ける男性のイメージ
プラヴォ氏は交通違反を犯す度に別人へと変貌した
©motortion /stock.adobe.com

50件以上もの交通違反を繰り返せば、当然ですが免許証は失効しているはず。なぜプラヴォ氏は幾度となく車を運転し、免許証まで所持できたのでしょうか。

その理由はプラヴォ氏の免許証にあります。なんと彼が取り締まりにあうたび、免許証に記載されている情報が全くの別人に変わっていたのです。年齢や住所はおろか、顔や性別まで異なっていたといいます。

そのため、プラヴォ氏は同一人物だと気づかれることなくやり過ごすことができていました。

【衝撃】煽り運転に怒ったダンプカーのまさかの仕返し…高速道路完全封鎖の大事件に

ようやくアイルランド警察がプラヴォ氏をマーク!

徐々に警察の違反者記録には「プラヴォ・ヤスディ」の名前が連なり、これを不審に思ったアイルランド警察はとうとうプラヴォ氏について調査を開始することに。

いつからかプラヴォ氏は「怪人物プラヴォ・ヤズディ」の名で呼ばれるようになっていきます。

こんな激レア車まで?マイナーな映画の悪役が所有する最高にクールな車5選!

調査の結果、衝撃のトリックが明らかに

2013年まで使用されていたポーランドの運転免許証
事件当時に運用されていたポーランドの免許証。
2013年に新しい様式に変更されている。

アイルランド警察が調査した結果、驚きの事実が判明します。

なんと「プラヴォ・ヤズディ (Prawo Jazdy) 」とは人名ではなく、ポーランド語で「運転免許証」を意味する言葉だったのです。

当時のアイルランド警察はポーランド語に疎く、交通違反で検挙されたポーランド人の免許証をうまく読むことができず、名前をプラヴォ・ヤズディと勘違いしたことがそもそもの理由でした。

これって違法?違法改造車(不正改造車)のチェックポイント6選罰金や懲役も!

きっかけは一通の手紙

ことが発覚したのはアイルランド警察の役員が記した手紙から。そこには、「Prawo Jazdyは免許証における姓名の項目ではなく、運転免許証を意味する単なるポーランド語である」と書かれていました。

さらに手紙は続き「警察が50人以上のプラヴォ・ヤズディを生み出してしまったことは、非常に恥ずべきことである」と、皮肉りました。

サウジの上級国民が熱狂する死亡遊戯「アラブドリフト」とは?その雄姿に刮目せよ

後にイグノーベル文学賞を受賞

アイルランド警察のイメージ
アイルランド警察にとってはなんとも不名誉な結果に
©Stephen /stock.adobe.com

2009年、アイルランド警察にはイグノーベル賞という、「人々を笑わせ考えさせた業績」に与えられる賞の文学賞が授与されることになりました。

受賞した理由は「アイルランド国内で頻繁に交通違反を繰り返した乱暴なドライバーであるプラヴォ・ヤズディに対して50回以上違反切符を書き続けたことに対して。」とのこと。

ちなみに同年の他部門では、「ガスマスクに変形するブラジャー」や「テキーラから作り上げたダイヤモンド」などが受賞しています。

世界各国のパトカーまとめ!スーパーカーからスポーツカーまで13台を一斉検挙

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード