MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > エンタメ > エンタメ総合 > 「交通費で10万円前後」それでもドリフトに金額以上の楽しさを見出す女性オーナーの素顔
エンタメ総合

更新

「交通費で10万円前後」それでもドリフトに金額以上の楽しさを見出す女性オーナーの素顔

「ルミライズ」でドリフト女子にインタビュー!

2022年10月1日、富士スピードウェイのマルチパーパスコースにて、女子だけのドリフト大会「ルミライズ」が開催されました。

初級・中級・上級それぞれのクラスで、総勢29名のドライバーが熱戦を繰り広げたドリフトコンテストのほか、ミスコンやホテルでの表彰パーティといった華やかなイベントも。

《次のインタビュー》《お金・危険性》ドリフトを無理のない趣味として向き合う女性オーナーにインタビューはこちら

インタビューに応じてくれた「そらてぃん」さん

競技はもちろん、車を愛する女性たちの交流の面でも大いに盛り上がった「ルミライズ」ですが、今回は参加者のなかから、S15シルビアで初級クラスにエントリーした「そらてぃん」さんに話を聞きました。

とあるD1ドライバーに憧れて……

なんと18歳の頃からシルビアに乗っているという「そらてぃん」さん。ドリフトの世界に興味を抱いたのは、地元の友人がきっかけだったそうです。

そらてぃんさんの愛機、S15シルビア

「ドリフトが趣味の友達と一緒にD1グランプリを見に行ったときに、ドライバーの中村直樹さんの走りに引き込まれてしまったんですよね。

もともと物心つく頃から乗り物は好きだったのですが、シルビアを買ったのは完全に中村さんの影響ですね。なので最初から、ドリフトをするためにS15を選んだんです」

内装はスパルタンな印象

話に挙がった中村直樹さんは、2021年のD1グランプリでシリーズ優勝を果たした凄腕ドライバー。このルミライズにも審査員として参加し、大会前日の練習日には「付き添いクラス」という枠で圧巻のパフォーマンスを披露していました。

「そらてぃん」さんのS15も、当時中村さんが乗っていたS15と同じエアロパーツを装着しているとのこと。

「この車はフルノーマルで買って、それから1ヶ月経たずにエアロを組んだんですよ。まずは見た目からカッコよくしたいので、外装にはちょこちょこ手を入れていますね。

ボディカラーも、購入してすぐにピンク色に塗り替え、今年に入ってから今のカラーに替えたんです」

リア周りもエアロパーツでマッシブに

このシックでお洒落なカラーは、MINIの新色「エメラルドグレー」という色なのだそう。国産車にはあまり見られない色合いが、ドリ車スタイルと絶妙にマッチしていますね。

執筆者プロフィール
鹿間羊市
鹿間羊市
1986年生まれ。「車好き以外にもわかりやすい記事」をモットーにするWebライター。90年代国産スポーツをこよなく愛し、R33型スカイラインやAE111型レビンを乗り継ぐが、結婚と子どもの誕生を機にCX-8に乗り換える...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード