MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > ドライブにはエナドリ!ドンキ限定「ブラックアウト ガラナ」はコスパ最強?
役立つ情報

更新

ドライブにはエナドリ!ドンキ限定「ブラックアウト ガラナ」はコスパ最強?

ドン・キホーテ限定エナドリ「ブラックアウト ガラナ」

ドライブ中の飲み物として人気のエナジードリンク。

2大エナジードリンクの「レッドブル」と「モンスターエナジー」のほか、国産エナジードリンク「ZONe」、カフェインレスのエナジードリンク「ライジン」など、さまざまなブランドが登場しました。

上で挙げた4つのブランドはコンビニなどで販売されているメジャーどころのエナジードリンクは、MOBYでレビューをおこなってきました。しかし、これら以外にもエナジードリンクブランドは山のように存在しています。

特徴的なPOPのフォントやペンギンのマスコットでおなじみのディスカウントスーパー「ドン・キホーテ」限定で販売されている、ドン・キホーテオリジナルエナジードリンク「BLACKOUT(ブラックアウト)」も、そんなエナドリブランドのひとつ。

黒と紫の怪しいカラーリングが特徴的な「BLACKOUT GUARANA(ブラックアウト ガラナ)」がどんなエナドリなのかチェックしてみましょう。

「超魔剤」超えるカフェイン量180mg

ブラックアウト ガラナの1本あたりの量はロングドライブにうれしい500mlの大容量。それだけに、1本あたりに含有される成分も多めになっています。

アルギニンは620mgで、カフェインはなんと180mgも配合。飲みすぎ注意な「超魔剤」のZONe Ver.2.0.0のカフェイン量150mgを30mgも上回りました。もちろんブラックアウト ガラナも飲みすぎ注意です。

ガラナやマカでパワーアップ

さらに、ブラックアウト ガラナはその商品名のとおり「ガラナ」のエキスを原材料に含んでいます。また、サプリメントなどでもおなじみの「マカ」のエキスも配合。

カフェインやアルギニンだけでなく、ガラナエキスやマカエキスも配合しているブラックアウト ガラナ。エナジーをギンギンに欲張りたい人向けのエナドリと言えるかもしれません。

後味が独特な飲みやすいガラナ飲料?

エナジーを感じられる成分が十分入っていることはわかりましたが、いちばん気になるのはやはり味。美味しく飲めることも、エナジードリンクには重要です。

ブラックアウト ガラナを開封してみると、北海道の名産コーラに似た、ガラナを使った飲料らしい香りが感じられました。香り自体はそこまで強くなく、飲みやすそうな印象を受けます。

飲んでみると、ガラナ飲料らしい甘みがあるものの、酸味も強いため口に残る甘ったるさはありません。意外にも軽やかな口当たりです。

しかし、飲み込んだあと鼻を抜けるシロップ薬のようなケミカルな甘い風味は確実にガラナ飲料。一般的なエナジードリンクとはまた違う、目の冴えるパンチがある味わいとなっています。

万人受けする味ではなく、好き嫌いがハッキリと分かれる味でしょう。

1本税抜200円以下のコスパの良さが光る

ブラックアウト ガラナの購入価格は税込214円でした。ZONeと同じく、大容量・低価格が売りのエナジードリンクと言えます。

味は人を選ぶものの、成分量から見るコストパフォーマンスの高さは日常的にエナドリを飲んでしまっている人にとってありがたいもの。

ブラックアウト ガラナ以外のブラックアウトも気になるところですね。

なお、ブラックアウト ガラナは前述のとおりドン・キホーテのオリジナルエナジードリンクとなっているため、購入できる店舗はドン・キホーテのみ。コンビニや自販機などでは買えないという点は少し残念です。

基本的には在庫限りのようで、店舗によっては販売していません。気になる場合は、見かけたら買い逃しがないようにしておくと良いでしょう。

BLACKOUT GUARANAについて

購入価格214円(税込)
内容量500ml
エネルギー240kcal
たんぱく質1.5g
脂質0g
炭水化物59g
食塩相当量1.1g
ナイアシン5.3mg
カフェイン180mg
アルギニン620mg
アスパラギン酸4mg
アラニン4mg
イソロイシン3mg
エナドリポエムあり

【みんなの意見】投票受付中!

Q. 一番好きなエナジードリンクのブランドは?

仕事や勉強で気合を入れたり、気分転換したりする時に役立つエナジードリンク。あなたが一番好きなエナジードリンクのブラン...

  • RED BULL
  • MONSTER ENERGY
  • ZONe
  • KIIVA
  • RAIZIN
  • その他
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る

甘さ控えめの果実フレーバーがトレンドに?伊予柑味の限定レッドブルもうまい!

余る?余らない?ゲーム内アイテム「タフネス30」イメージしたウマ娘コラボZONe!

エナドリなのにカフェインゼロ!独自路線突き進む「ライジン」の新作をチェック!

そのほかのエナドリレビューはこちら!

執筆者プロフィール
MOBY編集部 高山 志郎
MOBY編集部 高山 志郎
平成元年生まれ、東京都出身。エナジードリンクをよく飲む。バイクやレーシングカートを経て車好きに。あまり人気がない車ばかり乗ってきたため、部品の流用やDIYに詳しくなった。結婚を機に普通の車(マツダ ロ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード