MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > 坂道発進の手順とコツは?MT車・AT車をエンストさせずに運転する方法
役立つ情報

更新

坂道発進の手順とコツは?MT車・AT車をエンストさせずに運転する方法

自動車学校や教習所に通うと避けて通れないのが坂道発進。苦戦した方も多いのではないでしょうか。今回はエンストせずにスムーズに坂道発進する3つのコツをご紹介します。

MT(マニュアル)車で坂道発進する手順

  1. 停車したらサイドブレーキを強めにかけます。
  2. アクセルを少し踏んだ状態でクラッチを少し離して(半クラッチ)、エンジンの回転が下がる(エンジン音が静かになる)ことを確認します。
  3. エンジン音が下がったらサイドブレーキを解除します。

AT(オートマ)車で坂道発進する手順

©Artinun/stock.adobe.com
  1. 停車したらサイドブレーキを強めにかけます。
  2. アクセルを少しだけ踏んでエンジンの回転音が大きくなることを確認します。このとき、アクセルを強く踏むとうるさくなるので注意が必要です。目安は、停車時よりもほんの少しエンジン音が高くなったな、という程度です。
  3. エンジン音が高くなったとほぼ同時にサイドブレーキを解除します。

ただしAT車は、よほど勾配の急な坂でない限り後退する心配はいりません。

ゆるやかな坂で停車したのであれば、サイドブレーキをかけずにアクセルを踏まなくても後退せずにスムーズに発進できる場合もあります。

MT車でサイドブレーキなしで坂道発進する方法がある?

MT車の坂道発進時のサイドブレーキ併用は運転の基本ですが、実はサイドブレーキを使わなくてもペダル操作だけで坂道発進する方法があります。

まず、ブレーキを踏んで坂道で停止します。その状態でブレーキペダルから右足を離したらすかさずアクセルペダルとクラッチペダルを操作します。アクセルペダルを先に踏んで少し高めの回転数に合わせ、クラッチペダルを半クラッチの位置で合わせる感じです。

上手くいけばフットブレーキもサイドブレーキも使うことなく坂道の上で停止することができます。この状態になったら、アクセルペダルをさらに踏み込むと同時にクラッチを完全に繋ぎましょう。

エンストとは?坂道発進で起きるとどうなる?

「エンスト」とは、「エンジンストール」の略で、ドライバーの意図せずにエンジンが停止してしまうことを意味しています。どのような原因でエンストしてしまうのでしょうか。

MT車でエンストする原因

MT車(自分でギアを操作しながら運転する車)は、発進するとき、左足を使ってクラッチと呼ばれるペダルを操作(踏み込んだり、離したり)しなければいけません。

その際、一気にペダルを離してしまうとエンジンが強制停止してしまうのです。

特に坂道発進のときにエンストすると、エンジンが止まり、バックしてしまいます。後方から来ている車に接触してしまう可能性があり大変危険です。

AT車でエンストする原因

AT車は、クラッチペダルがないので基本的にはエンストしません。よって、坂道であってもアクセルを踏めばバックせずにスムーズに発進できます。

万が一、AT車に乗っているのにエンストしてしまう場合は、別の原因が考えられます。故障であったり、燃料切れであったり、いずれにせよ、すぐに整備工場などで診てもらう必要があります。

坂道発進を成功させる(エンストしない)コツ3選

坂道発進を成功させるコツは、以下の通りです。

  1. クラッチの操作をなめらかに行なう(MT車)
  2. アクセルを少しだけ踏んでエンジンの音を聞く
  3. サイドブレーキを使う

それぞれについて詳しく説明します。

©R_Yosha/stock.adobe.com

1.クラッチの操作をなめらかに行なう(MT車)

踏み込んでいるクラッチペダルをゆっくり離すことで、エンストしにくくなります。

クラッチを離すとエンジンで作られた動力(エネルギー)がタイヤに伝わっていくため、動力が伝わる瞬間が急激だとエンストしやすくなります。これは、坂道であっても平坦な道路であっても同じです。

クラッチをなめらかに離していくことでスムーズに発進できるようになります。

2.アクセルを少しだけ踏んでエンジンの音を聞く

エンストは、エンジンの回転が低いときにも起こりやすくなります。クラッチを離すときにアクセルを少し踏んでエンジンの回転を上げておけばエンストしにくくなります。

ただし、あまり踏み込みすぎるとうるさくなり、ガソリンの消費も激しくなるので、エンジンが軽くうなる程度に踏み込みましょう。

AT車でもアクセルを少し踏んでおけばなめらかに発進できます。

3.サイドブレーキを使う

サイドブレーキは、主に駐停車時に使用するものですが、急な坂道で停車してしまった場合には、AT車であっても後退してしまいます。そのため、サイドブレーキを使うことで後退を防げます。

車が下がらないようにするコツは?

坂道発進時に車両が下がらないようにするコツですが、基本的にサイドブレーキを使って坂道発進することに尽きます。先ほど紹介したサイドブレーキ無しの坂道発進よりも圧倒的に成功しやすいことに加え、クラッチディスクを無駄に消費しません。

しかし、サイドブレーキを使った坂道発進に慣れてくると、自然とサイドブレーキを使わず坂道発進できるようになります。サイドブレーキ有りの坂道発進を通じて感覚的にアクセルペダルとクラッチペダルの使い方を習得できるからです。

同じMT車でも車種ごとに多少の特性・癖があることも往々にしてあります。下がることなく確実に坂道発進を成功させたいのであれば、サイドブレーキを使うのが吉です。

サイドブレーキを使わないかつ下がらない坂道発進を成功させたいのであれば、ブレーキペダルから足を離してからアクセルペダルとクラッチペダルを操作するまでの時間を可能な限り短くすること、そしてアクセルペダルとクラッチペダルの絶妙なコントロールを身につけましょう。

オートマでも教習所で坂道発進を教えるのはなぜ?

©キャプテンフック /stock.adobe.com

教習所のカリキュラムにオートマの坂道発進が含まれているからと答えるのが正直なところですが、具体的な理由を考えると、オートマでも坂道発進時に車が下がる場合があるからと思われます。

オートマ(AT)車、CVT車、BEV(電気自動車)などはドライブモードにすればアイドリング時(アクセルオフ)の状態でも車両が動き出すので坂道発進時に下がることはなさそうに見えます。

しかし、坂道の傾斜の程度によっては当たり前のように下がってきます。ゆえに坂道発進の練習をオートマでもやりましょうということと思われます。

仮にオートマで坂道発進の練習することなく免許を取得したとしましょう。傾斜のきつい道でブレーキペダルから足を離した時に車が突然下がり出したらパニックになりかねず、慌ててブレーキを踏もうとしたら間違ってアクセルペダルを思いっきり踏んでしまって前の車両に追突するといったみたいな二次災害になりかねません。

3つのコツを実践し不安のない坂道発進を!

©Suttipun/stock.adobe.com

こうした坂道発進のコツは、車種や路面状況によっても変わってきます。自動車学校や教習所でも必ず習う内容ではありますが、免許を取得してから時間が経っていると忘れてしまったという方も多いと思います。

今回の3つのコツを実践していただければ坂道発進に対する不安がなくなると思います。ぜひ快適で楽しいドライブに役立ててください。

車のニュートラル(N)の意味・正しい使い方とは?ニュートラルは賢く使おう!

ヒルスタートアシストはホントに便利?機能・使い方や搭載車

FR車で雪道は危険?スタッドレスタイヤを履いておけば安心?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード