MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 普通車・軽自動車の寿命は約10年?走行距離は何km?乗換え時期の目安とは
役立つ情報

更新

普通車・軽自動車の寿命は約10年?走行距離は何km?乗換え時期の目安とは

普通車や軽自動車の寿命を、年数と走行距離から解説します。目安となる年数と距離は?車の寿命が近いときの症例や対処法、車の寿命を延ばすためのコツを紹介します。

普通車・軽自動車の寿命年数は何年?走行距離は何km?

エンジンルームをチェックする整備士
©buritora/stock.adobe.com

自動車の寿命は、主に走行距離と使用年数で判断します。しかし、単純に「年数のわりに走行距離が少ないからよい」ということではありません。走行距離が同じでも長期間使用されず放置されていた場合では、車体内部の劣化が進んでいるケースもあります。どちらかだけを判断基準とせず、総合的に見極めることが重要です。

走行距離は10万kmが目安

車の走行に関わる重要な消耗部品の交換は、走行距離約10万kmほどで訪れることが一般的。エンジン周辺のタイミングベルトをはじめ、足回りのブレーキパッドやタイヤなどは10年ほどで交換になるでしょう。とくに軽自動車は普通車と比べてエンジンが高回転するため、エンジン付近の消耗が早くなります。街乗りでは小回りやブレーキを踏む回数も多くなるため、タイヤの偏摩耗も起きやすくなります。そのため、エンジンオイルなどのオイル系統は半年ほどが交換目安となるでしょう。

使用年数は10年が目安

1年間の平均走行距離は約1万kmが目安。走行距離の目安は10万kmなので、使用年数は約10年が目安と判断できます。ただし、走行距離が10万km以下の車でも劣化が進んでいることがあり、消耗部品やエンジンの取り換えが必要になるケースことも。車検の有効期間内であっても長期間使用せず乗車する場合は、エンジンやブレーキなどが正常に作動するか点検することが大切です。

寿命年数と走行距離の関係は? どちらを重要視すればよい?

車の年数と走行距離は基本的には比例するものですが、まずは寿命年数よりも走行距離を基準に考えた方が良いようです。

寿命年数に関しては、10年を経過しても部品供給が潤沢な車であれば、引き続き乗り続けることができます。もちろんメーカーの部品供給は半永久的ではありません。クラシックカーは、メーカーの部品供給が終了した後も別の会社が部品を製造していますが、パーツは高価です。

以上のことから車の寿命は、新車で購入してからの経過年数と走行距離はもちろん、修理や維持にかかる費用(かけられる費用)も合わせて考えるべきでしょう。

車の寿命年数がきたときの症状3例

タイミングベルトが切れる

タイミングベルトとはエンジン内部の回転部品の動きに関係する部品です。走行中にタイミングベルトが切れてしまうとエンジンに重大な損傷を与えてしまうことがあります。

エンジンのスラップ音

エンジンのスラップ音は、エンジン内部のピストンの動きに問題あるときに発生します。車の心臓部であるエンジンの修理や交換は高額になることが多いため、エンジンの故障を車の寿命と判断する人もいます。

電気系統などの故障

エンジンやバッテリーが元気でも車の電気配線に関係する部品が故障することがあります。その場合、車全体の電気系統に寿命が近づいている可能性があります。

電気系統の故障そのものは走行に関する大きな問題にはならなくても、細々と修理していると意外と費用がかかることがあります。不便さに加えて費用がかかるとなると、車の寿命と判断する人も少なくないかもしれません。

車の寿命年数が近づいてきたときの対処方法3点

タイミングベルトの交換

タイミングベルトは約10万kmの走行距離が寿命と言われていますので、走行距離を見ながら車検時に交換するのがおすすめです。 まずは3万kmを超えたらタイミングベルトのたるみやひび割れ、異音などに注意しましょう。

エンジンオイルの交換

エンジン内を循環しているエンジンオイルはエンジンを冷却し、潤滑させ、汚れを落とします。エンジンオイルを定期的に交換することは、車の心臓部であるエンジンの寿命を長引かせることにつながります。

また、エンジンオイルの添加剤などによって、エンジンの機能回復に成功することもあります。

エンジン音の確認

車が寿命となる大きな原因の一つは、やはりエンジントラブルです。エンジントラブルは突如起こることもありますが、前兆がある場合もあります。

それを見分けるために普段からエンジン音を聞いておき、エンジン音や振動に違和感を感じたときはすぐに点検してもらうようにしましょう。

車の寿命を延ばすための方法

日頃のメンテナンスや運転方法に気を配ることが大切です。定期的に点検を実施することで、劣化している箇所に気が付くきっかけになります。

定期的にオイル交換をする

オイル交換によりエンジンや周辺部品の損傷を防止できます。オイルは、スムーズかつ安全に稼働するために必要な潤滑油。エンジンの冷却・洗浄・潤滑・防錆などといった重要な働きがあり、オイル交換を怠ると、エンジン性能や燃費の低下につながるだけでなく、燃料の不完全燃焼による故障の要因となり、エンジンの寿命に影響します。エンジンオイルの交換頻度は、5,000kmの走行あるいは半年ごとの交換が目安とされています。

運転方法に気をつける

急発進や急ブレーキは車体に負荷がかかり、ブレーキ系統やタイヤの劣化につながります。緩やかに発進・停車することで車への負荷を軽減できます。また、エンジンをかけたあとすぐの発車は、車の各部位が十分に温まっておらず、エンジンにダメージを与えてしまいます。とくに冬場は冷えている場合が多いため、十分に暖機してからの運転をおすすめします。

輪留めにタイヤを密着させすぎない

駐車時にタイヤが輪留めに強く当たると、サスペンションの不具合を招くことがあります。タイヤに長く負荷がかかるだけでなく、ステアリングのセンターがずれるなどの問題が起こりやすくなり、車の寿命にまで影響しかねません。輪留めに直接タイヤが触れないよう少しスペースを空けて駐車することで、こうしたアライメントの不具合からくるトラブルを避けられます。

屋根付きガレージ(カーポートなど)に停めて、雨風に当たらないようにする

雨風が当たらない場所に車を保管することで、ボディの劣化や内部のサビなどを防げます。車は雨風などの天候の影響を受けやすいため、走行距離や使用年数以外で寿命を間接的に縮めてしまうことも。ガレージ内に停める、またはカーポートなどを利用することで、こうした問題を防ぐための対策になります。

ベストな乗換え時期はいつ?

修理費用が高額になる場合や、自動車税が上がるタイミングが判断基準といえます。走行距離や使用年数など、一般的な自動車の寿命目安はありますが、高額な修理や交換を繰り返すことは経済的に有用とはいえません。

故障が多いということは、それだけ車体の性能やパフォーマンスが低下していることになります。オイル交換などの消耗品の交換程度であれば乗り続けることも可能ですが、エンジン系統の交換や修理などで高額になる場合は、乗換えが現実的かもしれません。

また、新車登録から13年以降になると自動車税と重量税の税額が上がります。13年未満と比較すると20%の重課となるため、維持費に大きな影響があるでしょう。税金が上がるタイミングで乗換えることも選択肢のひとつといえます。

【まとめ】車の寿命は10万kmを超えたら気にしよう。13年モノの車は買い替えもアリ

普通車・軽自動車の寿命は走行距離10万kmを目安にするのがわかりやすいでしょう。走行距離が増えてきたら、普段から点検・整備をこまめに行い、車の異常を早めに把握できるようにしておくと安心です。

「寿命年数」は10年とされていますが、メーカー公式の部品供給がある間は、修理費・維持費と相談しつつ乗り続けても問題ありません。ただし、新車登録から13年を経過した車は税金が上がります。車の状態がよくても維持費が気になる場合は、13年をきっかけに買い替えを検討してもよいでしょう。

中古車の寿命についてはこちら

すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!