MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 道交法・交通事故 > 【要注意】三角停止表示板の義務違反の罰則は重い?発煙筒で代用できないの?
道交法・交通事故

更新

【要注意】三角停止表示板の義務違反の罰則は重い?発煙筒で代用できないの?

三角停止表示板とは

©NopponPAT/stock.adobe.com

三角停止表示板(三角表示板、三角停止板とも言います。道路運送車両法の保安基準では警告反射板、停止表示器材とも呼ばれます。)は、故障や事故などのために道路上に停止する場合に、安全のために車の後方に設置するものです。

一般道路では標示の義務はなく、よほどの事がない限り使わないはずですので、ほとんどの方は普段意識することはないと思います。

参考:道路交通法の表記

自動車の運転者は、故障その他の理由により本線車道若しくはこれに接する加速車線、減速車線若しくは登坂車線(以下「本線車道等」という。)又はこれらに接する路肩若しくは路側帯において当該自動車を運転することができなくなつたときは、政令で定めるところにより、当該自動車が故障その他の理由により停止しているものであることを表示しなければならない。

道路交通法第4章の2 高速自動車国道等における自動車の交通方法等の特例 ・第75条の11 故障等の場合の措置

高速道路では三角停止表示板の表示義務あり

©jaimax/stock.adobe.com

教習所で必ず習うことですが、会話の中で一般的に使用される「高速道路」と、法律における「高速道路」では定義が異なります。

ここで言う高速道路とは道路交通法第75条2の3により、「高速自動車国道及び自動車専用道路」としていることから、高規格幹線道路などの自動車専用道路も対象となるので気を付けてください。

なぜ三角停止表示板は必要なのか

©Борис Бондарчук/stock.adobe.com

高速道路上で車を停止させるということは非常に危険なことです。停止しているのだということを後ろから走行している車にも分かってもらうために必要なのです。

たとえ路側帯に駐車してあっても、後ろから走行してきた巻き込まれてしまうという事故が後を絶ちません。

三角停止表示板を表示することは義務があるからというだけではなく、身の安全を守ることにもつながります。

三角表示板は車からどこに置く?

三角停止表示板を置く位置は、道路交通法等で指定されていないため、場所は任意となります。安全性を高めるためには車の後方50〜100mを目安として、地形や運転視界に応じて距離を調節しましょう。

見通しが悪い場合は後続車の早期視認を促せるように遠くへ置き、カーブや傾斜などで停止車両が後続車の死角に入りそうな場所では、距離に関わらず確実に気付いてもらえる地点に置くことが大切です。

風で倒れないように足部分はしっかりと展開し、後方から三角形がしっかり見えるようにして路肩側の路側帯に寄せた位置に三角表示板を置きます。反射板が付いている側を後方に向いていることも忘れずに確認しましょう。

車を移動させる際には、撤去し忘れないように注意してください。

三角停止表示板を表示しなかった時の違反と罰則

©sharaku1216/stock.adobe.com

故障車両表示義務違反となり、5万円以下の罰金で過失罰はありません。交通反則通告制度の適用があり、その場合の反則金は普通自動車で6,000円です。違反点数は1点です。

ただし、違反となるのはあくまで設置の必要がある時に設置しなかった事に対してです。三角表示板を搭載していないからといって違反になることはありません。

三角表示板は発煙筒で代用できないの?

©あんみつ姫/stock.adobe.com

発炎筒は三角表示版の代用としては認められません。発炎筒は巨大なマッチのような構造なので燃焼時間はわずか5分程度です。

また発炎筒使用時には煙も発生するのでトンネル内では視界不良を招き、オイル漏れや燃料漏れがあった場合にも引火の危険性があるので使用できません。

道路交通法施行規則第二章の6「停止表示器材の基準」第9条17項には、停止表示器材として認められる灯火式の停止表示器材は、200m先から確認できる紫色の点滅光と定められています。

そのため、赤色の炎を発する発炎筒やLED非常信号灯(LED発炎筒)はどれだけ目立つものであっても三角停止表示板の代用としては使えません。

紫色の回転灯なら代用できる?

紫色の回転灯なら三角停止表示板の代わりに使えます。ただし、灯火式の停止表示器材は保管環境等によって視認性が変化するうえ、道路交通法施行規則の要件を満たす製品はそれほど販売されていません。

また、紫色の回転灯は三角停止表示板の代用となることを知らない人の方が多いため、後方から接近する運転手が故障車が停止していることを認知できず、かえって危険を招く恐れがあります。

灯火式の停止表示器材は、悪天候時など三角停止表示板の補助としての使用に留めるのがよいでしょう。

コンパクトでおすすめの三角停止表示板

まずは自分の車にあるか確認しましょう。覚えがない人はまずトランクを探してみましょう。

新車で買った時には標準で付いてくる場合もありますが、付かない場合もあります。中古車を買った方なども分からないと思います。

あった場合にはきちんと使えるものかまで確認してみましょう。もし無かった時や、壊れていた場合にはどんなものを買ったら良いのでしょうか。おすすめの三角停止表示板をご紹介します。

おすすめ三角表示板1 エーモン 三角停止板

自動車関連のパーツ等に定評のあるエーモン工業の製品です。いざという時のため、信頼のあるメーカーのものでしたら安心です。

重りが付いているために、簡単に倒れてしまうこともありません。必要十分の機能にして、1,000円程度に収まる価格が魅力的です。

おすすめ三角表示板2 PDR・三角停止板

収納時はコンパクトになることが特徴的な製品です。ほとんど使う必要がないものを積むことで、収納スペースを犠牲にしたくないという人におすすめです。

おすすめ三角表示板3 キャットアイ(CATEYE)・三角停止表示板

重量感もあり、しっかりした安定性があるようです。せっかく買うものならば質にこだわりたいという方におすすめです。

おすすめ三角表示板4 LIHAO・三角停止板・反射ベスト・手袋3点救急セット

表示版に加えて、ベストと手袋がセットになっています。危険を伴うため、安全のために万が一の時に備えておきたい方にはこれぐらいのセットがあった方が安心です。3点セットでこの価格はお得です。

三角停止表示板は必ず車に載せておこう!

タイヤチェーンの装着時に設置している三角表示板
タイヤチェーンの装着時なども表示版は忘れずに
©chihana /stock.adobe.com

三角停止表示板の重要性にお分かりいただけたと思います。今後、一度も使う機会はないかもしれませんし、使う機会がないに越したことはありません。それでも、「万が一の時のため」のお守りと考えて準備しておきましょう。

また、持っていたとしても慣れていないと設置に手間取るものです。すでに車に搭載されているならば、いざ使うときにすぐに組み立てられるように、一度は取り出して設置の練習をしてみてください。

高速道路で「もしもの時に使える」ニッチな豆知識7選!

二次被害で死亡事故が多発!高速道路で車が故障したらどうすればいい?

知っ得!高速の非常駐車帯に車を停めていい例外ケースとは?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード