MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > 【自転車編】みんな知らずに捕まる道路交通法15選!家族に教えてあげたい
道交法・交通事故

更新

【自転車編】みんな知らずに捕まる道路交通法15選!家族に教えてあげたい

自転車も小さな違反で摘発されるように法改正された!

6月1日から自転車運転中に危険なルール違反を繰り返すと『自転車運転者講習』を受けることに!
自転車違反については「赤切符」が適用されます(「青切符」ではありません。)。交通事故が絡む場合などは、捜査書類で送致されることもあります。 pic.twitter.com/QWOd4UXE7I— 熊本県警察本部 (@yuppi_KK) 2015年5月19日

2015年6月から、改正道路交通法が施行され「自転車運転者講習制度」が始まりました。この「自転車運転者講習制度」は、危険、悪質な自転車の運転をして違反を3年内に2回以上した場合に、講習を受けなければならないことを定めたものです。

この自転車運転者講習制度を「摘発カウント」と呼びます。

なお、この講習の受講の通知を受けてから3ヶ月以内に受講しなければ、5万円以下の罰金が科せられます。この講習の費用は、5,700円、講習時間は休憩時間を除く3時間となっています。

以下、注意しておきたい自転車に関わる道路交通法と罰則を15選、紹介します。

歩行者にベルを鳴らすの禁止

危険を防止するために、止むを得ない状況を除き、ベルを鳴らすことは違反となります。

罰則摘発カウント・2万円以下の罰金

自転車に乗って犬の散歩禁止

犬が突然走り出さない保証はありません。自転車で犬の散歩は禁止です。

罰則摘発カウント・3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金

スマホ(ながら運転)禁止

スマートフォンを操作しながらの運転を指します。よく見ますがすぐ捕まります。歩行者との重大な死亡事故等の原因はこれが多いです。イヤホンを着用して通話しながらの運転も禁止です。

罰則摘発カウント・3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金

傘さし運転禁止

視界が悪くなるものを手でもつこと、担ぐこと自体が禁止です!固定器具であっても風でバランスを崩す恐れがあり、積載制限の違反になります。

罰則摘発カウント・3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金

イヤホン・ヘッドホン禁止(地域により判断は異なる)

両耳・片耳で議論になったりしますが、問題なのは運転に集中できなくなることです。片耳であろうと禁止されています。

罰則摘発カウント・3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金

※各都道府県の条例により、摘発の判断がわかれます。違反とならない地域もありますが、危険ですので止めましょう。

自転車の2台並走禁止

対面から通行してくる歩行者の妨げになり、大変危険です。自転車に乗っている際に会話が必要な場合、縦に並んで話すしかありません。

罰則摘発カウント・2万円以下の罰金

夜の無灯火運転禁止

無灯火は大変危険です。電球がちゃんとついているか確認しましょう。これはすぐ捕まります。故障していても整備不良として扱われます。仮に故障した場合、自転車から降りて押していくしかありません。

罰則摘発カウント・5万円以下の罰金

右側通行禁止

自転車は自動車と同じ左側を走行し、自転車道がある場合はそこを走らなければいけません。

罰則摘発カウント・3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金

自転車は歩道を走るの禁止

自転車 乗る男性

基本的に「標識で許可された場所」「運転者が13歳未満・70歳以上の高齢者か身体が不自由な場合」「交通状況から止むを得ない場合」を除き、.歩道を走ってはいけません。

歩道を走る場合は「車道側を徐行」しなければならず、路側帯を走る場合は歩行者がいる場合、自転車が進路を譲らなくてはいけません。

罰則摘発カウント・2万円以下の罰金

自転車も飲酒運転禁止

飲んだら乗るな!乗るなら飲むな!のスローガンが有名ですが、飲酒運転は立派な犯罪です。最悪の場合、自転車での飲酒運転であっても免許取り消しになることもあります。

罰則摘発カウント・5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

自転車も一時停止・一方通行の無視は禁止

自動車と同様、標識を確認する習慣を身につけましょう。

罰則摘発カウント・3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
「自転車を除く」と記載される標識の例
©Hassyoudo/stock.adobe.com

※ただし補助標識で「自転車を除く」と表記してあればOKです。

進路変更時の合図もすること(地域により判断は異なる)

原則、しなくてはいけません!

【意外な交通違反シリーズ第6回】
自転車で「右折・左折・停止」する時に原則手信号(ハンドサイン)を示さないこと。

ただし安全のためしなくても良い場合もあります。
道路交通法第53条の違反となり、罰則は5万円以下の罰金です。 pic.twitter.com/eLHqHxhUcZ— おもしろ地理 (@omosirochiri) 2016年12月10日

危険な状況以外は原則「右折」「左折」「停止」の手信号をしなければ違反になります。

罰則摘発カウント・5万円以下の罰金

※各都道府県により判断がわかれており、指導となるケースは稀なようです。片手を離しての運転も危険であるため、無理のない範囲で行いましょう。

児童のヘルメット未着用禁止

頭の損傷が最も多い

子供を同乗させる場合、保護者にはヘルメットの着用義務が発生します。こちらは罰則はありませんが、必ず守りましょう。

罰則!3年以内に2回以上摘発されたら?

バツマークをする男性

3年以内の2回の取り締まりで、5700円の講習(3時間)を受講しなければいけません。通知から3ヵ月以内に受講しないと罰金が発生します!

動画でも再度、家族で確認を!

道路交通法は知らなかったでは済みません。交通安全、自転車の乗り方について家族でしっかり話し合いましょう!

自転車が歩行者を轢く死亡事故も多発しており、1億円近くの賠償金にまで至ったケースもありました。自転車の不注意で家族全員の人生が変わってしまうこともあります。

自転車も立派な車であるということを、自覚して運転しましょう!

自転車に関連する記事はこちら

おすすめ関連記事

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!