MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 道交法・交通事故 > ながら運転はどこから道交法違反?運転中のスマホ使用時に注意したいこと
道交法・交通事故

更新

ながら運転はどこから道交法違反?運転中のスマホ使用時に注意したいこと

ながら運転とは?

©Tarokmew/stock.adobe.com

運転操作に関係ないことをしながら運転する行為を、一般に「ながら運転」と言います。なかでも昨今問題になっているのは、スマートフォンを操作しながら運転する「スマホながら運転」です。

スマートフォンや携帯電話などを操作する「ながら運転」は道路交通法代71条(運転者の遵守事項)5の5にて禁止されています。

厳密には、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(全部又は一部を保持しなければ操作できないものに限る)で通話をすること、そして画像表示用装置に表示されている画像を注視することを、当該車両の停止状態を除き禁止しています。

どこから「スマホながら運転」になる?定義は?

先に紹介した道路交通法第71条がスマホのながら運転を定義する基準です。

つまり、車両が動いている時にスマートフォンを握って操作したり画面を見るなどの行為が「スマホのながら運転」に該当することになります。

この基準に沿って、一般道でよく見かける運転中のスマートフォンを使う行為を取り上げ、それぞれがながら運転に該当するか否かを考えてみましょう。

1. 信号待ち中のスマホ操作

©NDABCREATIVITY/stock.adobe.com

信号待ちをしている時には自動車は停止状態にありますので、スマホを操作しても違反にはなりません。ただし、クリープ現象で少しでも動けば停止状態ではなくなるので、この時にスマホを握って操作していれば検挙される可能性はあります。

2. スマホを握って電話しながら自動車を走らせる

停止中以外のスマートフォンを保持した電話(=通話)のため、ながら運転となります。

保持しているだけで通話していなければ第71条の違反にはならないように推測されますが、スマホを持ちながらの運転は、危険で安全運転に支障をきたすのでやめたほうがよいでしょう。

3. 車両に固定したスマホホルダーに取り付けてアプリを操作する

スマートフォンが取り付けられているホルダーが車両に固定されている場合、運転手がスマホを保持する状態に該当しません。しかし、運転中に画面を見続ける行為が画像の注視と判断される可能性があります。以上から、ながら運転になる場合とそうでない場合があると推測されます。

4. スマホをホルダーに装着してハンズフリーで会話しながら運転する

ハンズフリーで通話する時、スマホを車両に固定したホルダーに装着し、画面を注視することなく運転していれば、ながら運転に該当することはありません。ただし、ビデオ通話を利用していて画面を頻繁に見ていれば、画面の注視として判断される可能性はあります。これはカーナビも然りです。

5. 運転しながらカーナビを操作する

©VanderWolf Images/stock.adobe.com

カーナビを見ずして操作することは難しいので、運転中のカーナビ操作は画面を注視する可能性が極めて高いです。

自動車メーカーがオプション装備で提供するナビゲーションシステムは、動いている最中のナビ操作が制限されています。スピーカーの音量調整ボタンが純正ステアリング上にも設置されるなど、運転手が運転に集中するための工夫が取り入れられています。

スマホほど厳しく取り締まっているとは聞きませんが、事故予防の観点からカーナビのながら操作は控えましょう。

スマホながら運転の罰則・反則金は?

道路交通法では、スマホながら操作は2種類の違反に分けられます。1つは「ながら運転した」場合(保持のみ)、そしてもう1つは「道路における交通の危険を生じさせた」(交通事故を引き起こした)場合です。

スマホながら運転で検挙された場合

刑事処分の場合には6月以下の懲役又は10万円以下の罰金が科されます(第118条第1項第3号の2)が、交通違反通告制度によって反則行為と定められているので、違反点数3点の累積・反則金は18,000円(普通車)の納付によって処分することができます。

スマホながら運転で交通事故を起こした場合

しかし、ながら運転で起こした交通事故(=交通事故を起こした時にながら運転をしていた場合)は刑事処分が確定で、1年以下の懲役または30万円以下の罰金が科されます(第117条の4第1号の2)。

さらにこの場合は反則行為として処理されないので、反則金を支払うことはできません。点数制度に則って違反点数6点が累積され、免許停止処分は確実です。

電話する時にイヤホンを装着するのは合法?違法?

©Andrii A/stock.adobe.com

スマートフォンを保持することなく通話する手段としてイヤホン装着が提案されることがあります。

イヤホンを使った通話行為は道路交通法では違法とされていませんが、多くの都道府県の道路交通法施行細則や道路交通規則の「運転者の遵守事項」の条文において禁止する旨が記載されています。

イヤホンをしながら通話したり音楽を聴く行為が運転中の周囲の状況判断を遅らせると懸念されているのが、条例で禁止されている理由と考えられます。

現代の自動車にはコネクテッドシステムが採用されたものが多くあります。Bluetoothを通じてスマートフォンをコネクテッドシステムへ接続して通話できるので、イヤホンを使わず安全かつ合法的に移動しながらの通話が可能です。

運転中のスマホ使用時の注意点まとめ

運転中はスマホを触らない&見ないが鉄則

運転中はスマホを触らない、持たない、見ないを守りましょう。画面を見る場合は2秒以下で!

スマホホルダーやスタンドを活用

スマホのナビやオーディオの機能を使う場合は、スマホホルダーやスタンドを活用しましょう。ただし、運転中は触らない、見ないが鉄則です。

操作したい場合はハンズフリー環境下で

操作したい場合は、ハンズフリー環境下で。周囲の音声が聞こえにくくならないよう、車のコネクテッドシステムを利用するのが最もおすすめです。

少しだけだからといって運転中にスマホに目を向けると、歩行者や車が突然飛び出してきた時に急ブレーキや急ハンドルなどのとっさの動作を取ることができません。

運転中のスマホ操作を控え、電話・メール対応しなければならない急ぎの要件を処理する際には安全な場所に停車してからにしましょう。

運転中のこんな操作も「ながら運転」になるの?詳しくはこちら

ながら運転にならないために!Bluetooth接続方法を知っておくと便利

自動運転車なら「ながら運転」OK?

執筆者プロフィール
中華鍋振る人
中華鍋振る人
自動車とバイクに関連する記事を書いています。モータースポーツは観戦よりも参戦派。道交法や違反に関する情報を、法律に詳しくない人にもわかりやすく解説しています。
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード