MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > 運転中のスマホや携帯、どこから道交法違反?使用時の注意点まとめ
道交法・交通事故

更新

運転中のスマホや携帯、どこから道交法違反?使用時の注意点まとめ

スマホながら運転は道路交通法違反

運転中のスマートフォン操作
©Shutterstock.com/Africa Studio

スマホや携帯電話を操作・注視しながらの「ながら運転」は、道路交通法 第71条5の5で禁止されています。さらに、運転中のスマホ使用者の事故やその危険増加を受け、2019年12月に 「ながら運転」は厳罰化。反則金や点数の引き上げ、罰則の強化が行われました。

道交法で運転中に禁止されているのは、大きく分けて①画面の注視、②機器の操作、③機器の保持の3つ。スマホや携帯など、手に持って使用するものは運転中に手に持つこともNGですし、ナビやテレビモニターを長い時間見ることもNGです。

注意したいのが、2019年12月に行われたのは「厳罰化」ということ。ながら運転の定義自体が厳しくなったわけではありません。

走行中はスマホの保持もNG!

スマホを注視、操作していなくても、運転中に手に持っているだけで違反となることにも注意が必要です。カーナビアプリを利用する場合は、スマホホルダーやスマホスタンドを活用しましょう。

【タイプ別】車載スマホホルダー人気おすすめ12選

完全停止中であれば、保持&操作OKだけど…

道路交通法 第71条5の5によれば、スマホでの通話や注視は「停止しているときを除いてはNG」となります。そのため、車が完全に停止している状態であればスマホの保持&操作もOKという解釈がなされるのが一般的のようです。

しかし、信号待ち時の停止状態は、いつ信号が青になるかわからないため、その間のスマホ操作は安全ではない行為ともいえます。信号待ちは「運転状態」と捉え、安全な環境を保ったほうが理想的でしょう。

信号待ち中の携帯電話(スマホ)の操作や通話の違反の罰金は?

ナビ操作は助手席の人にやってもらおう!

スマホやナビの利用が禁止されているのは、車内の運転者のみ。もちろん、助手席や後部座席のかたは対象外となります。

運転中はハンズフリーでスマホを使おう!

ハンズフリー 通話
©Shutterstock.com/

運転中にどうしてもスマホ操作が必要になる場合は、Bluetoothなどを利用しハンズフリー機能を活用しましょう。ハンズフリーは機器そのものを手に持っているわけではないので、違反対象にはなりません。

【注意】イヤホンやヘッドホンは違反になるケースも

注意したいのが、イヤホンやヘッドホンでハンズフリー機能を使う場合。そもそも、運転中のイヤホンやヘッドホンの使用は、周りの音声が聞こえなくする可能性があるため、着用時に事故を起こしてしまった場合、道路交通法 第70条の規定により、安全運転義務違反となる可能性があります。最新の情報は各都道府県警のホームページでご確認ください。

ハンズフリーでスマホを使用する際は、周囲の音が聞こえる音量に調整しましょう。

車の運転中のイヤホン使用は違反になるのか?条件や罰金や減点について

運転中のスマホ使用時の注意点まとめ

運転中はスマホを触らない&見ないが鉄則

運転中はスマホを触らない、持たない、見ないを守りましょう。画面を見る場合は2秒以下で!

スマホホルダーやスタンドを活用

スマホのナビやオーディオの機能を使う場合は、スマホホルダーやスタンドを活用しましょう。ただし、運転中は触らない、見ないが鉄則です。

操作したい場合はハンズフリー環境下で

操作したい場合は、ハンズフリーを利用しましょう。周囲の音声が聞こえにくくならないよう、片耳タイプのヘッドセットイヤホンを使う、音量に気をつけるなどの配慮も必要です。

自動運転なら「スマホながら運転OK」に?道交法改正案が閣議決定

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード