MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > サンダルやハイヒールで車を運転すると違反になる?違反点数と反則金は?
道交法・交通事故

更新

サンダルやハイヒールで車を運転すると違反になる?違反点数と反則金は?

危険!サンダルやハイヒールでの車の運転

ハイヒール 車
©demphoto/stock.adobe.com

サンダルやハイヒールで運転すると以下のようなことが起こりやすくなり、事故につながります。

  • フロアマットに引っかかり脱げてしまい、運転を誤る。
  • 脱げたスリッパやハイヒールがペダルと床の間に挟まり、操作が効かなくなる。
  • 車が段差などで予期せぬ動きをしたときに、ペダルの上で履物が滑って運転を誤る。

サンダルやハイヒールは滑ったり脱げたり危険性が高く、それが原因で運転(ペダルの操作)に支障をきたすおそれがあります。

足で操作するペダルは、車の運転で最も重要な「動く・止まる」の操作をする部位ですので、正確に操作できないと事故につながります。

実際に、ハイヒールや厚底サンダルを履いて運転していたドライバーが、足元が滑ったことでブレーキとアクセルを踏み間違えたことによる事故も起きています。

普段から履き慣れているからといっても、車の運転に適さない靴を履くのはやめましょう。

【サンダルで車の運転は違反?】道路交通法 安全運転義務違反

道路交通法では以下のように定められています。

第70条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

第119条 次の各号(第70条が含まれる)のいずれかに該当する者は、三月以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する

道路交通法 運転者及び使用者の義務

これを見ると「サンダル」「ハイヒール」といった具体的な履物の種類が挙げられていません。

しかし、サンダルやハイヒールでの運転は「ハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作」ができるかというと、難しいケースがあることが想像できます。

また、他の条文では以下のように定められています。

第71条 6 前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

道路交通法 運転者の遵守事項

つまり、具体的な内容は各都道府県の公安委員会が定めたルールを見るのがよいことがわかります。

【サンダルで車の運転は違反?】都道府県の公安委員会遵守事項違反

都道府県の公安委員会規則が定める「交通規則」では、道路交通法よりも具体的に規則が定められています。運転中の履物に関しては、自分の住む都道府県の交通規則を確認してみましょう。

東京・大阪など「木製サンダル」「げた」「運転の誤る恐れのあるスリッパ」NG

木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと。

東京都道路交通規則 第8条(2)

げた又は運転を誤るおそれのあるスリッパ等を履いて、車両(軽車両を除く。)を運転しないこと。

大阪府道路交通規則 (運転者の遵守事項) 第13条 (4) 

運転操作に支障を及ぼすおそれのあるげた,サンダル,スリッパその他の履物を着用して自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

茨城県道路交通法施行細則 第13条 (5) 

げた、スリッパその他運転操作を妨げるおそれのある履物を履いて、車両(軽車両を除く。)を運転しないこと。

福岡県道路交通法施行細則 第14条 (4) 

東京都や大阪府などの道路交通規則によると、「木製サンダル」「げた」「スリッパ」などが列挙されています。

埼玉では「ハイヒール」NGが明記

げた、木製サンダルスリツパ又はハイヒール、その他運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

埼玉県道路交通法施行細則 第10条 (5) 

埼玉県では「木製サンダル」「スリッパ」に加え、「ハイヒール」が明記されています。

沖縄や福井はサンダルが明記されていないが…

下駄、又は運転をあやまるおそれのあるはきものをはいて車両(軽車両を除く。)を運転しないこと。

沖縄県道路交通法施行細則 第12条 (2) 

下駄、スリツパその他運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物を着用して車両(足踏自転車を除く。)を運転しないこと。

福井県道路交通法施行細則 第16条 (3) 

Tシャツにビーチサンダルという印象が強い沖縄県では、「サンダルNG」という明確な表記はありません。しかし他の都道府県に倣えば、ビーチサンダルは「運転をあやまるおそれのあるはきもの」に該当するといってよいでしょう。

群馬では「足に固定しないサンダル」がNG

自動車又は原動機付自転車を運転するときは、げた、足に固定しないサンダル、スリッパ等運転を誤るおそれのある履物を用いないこと。

群馬県道路交通法施行細則 第25条 (1) 

ちなみに、群馬県ではサンダルのNG条件を「足に固定しないもの」と明記しています。ベルトなどで足にしっかり固定されていないサンダルは、ビーチサンダルを含めNGとみてよいでしょう。

愛知は道路交通法と同じような内容

運転の妨げとなるような衣服又は履物を着用して車両等を運転しないこと。

愛知県道路交通法施行細則 第7条 (3) 

愛知県はNGの履物の種類を具体的に明記していません。この点は道路交通法と同じような、曖昧な内容といえるでしょう。

したがって、具体的なNG例は他の都道府県の施行細則を参考にすると安心です。

静岡県はホームページに明記

運転操作に支障を及ぼすおそれのある下駄、スリッパその他のはきものを着用して車両を運転しないこと。

静岡県道路交通法施行細則 第9条 (2) 

脱げ易いサンダルやハイヒール等を履いて車両を運転した場合は運転操作を妨げる危険性があり、交通違反となります。

静岡県警察 運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物は違反です。

静岡県警のHPでは、細則を根拠にしたうえで「脱げやすいサンダルやハイヒール」と、細則では具体的にされていない履物を挙げています。

つまり、細則に明記されていなくても運転操作に支障を及ぼすおそれがあると判断されることがありうるということです。

ちなみに反則金は普通車が6,000円、大型車が7,000円。罰金は5万円以下で、違反点数はありません。

大阪もNG条件を細かく定めている

2 運転者の遵守事項(第13条関係)

(1) 第4号は、げた及び運転を誤るおそれのあるスリッパ等の履物を履いて自動車等を運転することを禁止したものである。

ここにいう「スリッパ」は、かかとをとめる装置がなく運転中足に定着しないため脱落しやすいことから運転を誤るおそれがあると認められるものであるが、通常、運転を誤るおそれがあると認められる履物には、このスリッパのほか、サンダル(わらじ式のものを除く。)、つっかけ草履等があり、いずれも足に対して定(密)着性を欠き、その形状、性能から運転操作の過程において脱落等の不安定な状態が起こり、運転を誤るおそれがあると認められる。

しかし、どの履物がこれに当たるかは、当該車両と履物について個別に判断しなければならない。

なお、草履等については、鼻緒があり、底が比較的薄く平らで、柔軟性があって足に定着し、しかも形態も特異なものでなく、運転操作の過程で脱落する等運転の妨げとなるおそれがないものであれば、これに含まれないものとする

大阪府道路交通規則の運用等について 平成12年6月9日 例規(交総)第38号

大阪府は「大阪府道路交通規則の運用等について」という通達で、運転中、足に定着しないため、脱落しやすく運転を誤る恐れがあるという理由で以下の履物で運転することを禁止としています。

  • かかとをとめる装置がないスリッパ
  • サンダル(わらじ式のものを除く)
  • つっかけ草履

草履は「鼻緒があり、底が比較的薄く平らで、柔軟性があって足に定着し、しかも形態も特異なものでなく、運転操作の過程で脱落する等運転の妨げとなるおそれがないもの」であれば認められています。

しかし、具体例を挙げるときりがないため、最終的には「どの履物がこれに当たるかは、当該車両と履物について個別に判断しなければならない。」という1文に集約されています。

ちなみに反則金は大型車7,000円、普通車6,000円です。

サンダルで運転したら違反点数は何点?

©ronstik/stock.adobe.com

サンダル履き運転が「安全運転義務違反(道路交通法第70条)」となるのか、「公安委員会遵守事項違反(道路交通法第71条)」となるのかで、違反点数は異なります。

どちらの違反に該当するかは、違反を取られた状況や、事故を起こしてしまったか、その場の警察官の判断などによって異なる可能性があります。

安全運転義務違反なら2点、公安委員会遵守事項違反なら0点(違反点数なし)です。

以下に、違反点数と反則金を表にまとめました。

安全運転義務違反公安委員会遵守事項違反
違反点数2点0点
反則金-大型車1万2千円7千円
反則金-普通車9千円6千円
反則金-二輪車7千円6千円
反則金-原付6千円5千円

運転用サンダル(ドライビングサンダル)は車の運転OK!

ここまでサンダルで運転するのは難しいといった話をしましたが、ちょっとしたお出かけや特に夏場はサンダルで運転したい!と思いますよね。

そんな時に便利なのが「運転用サンダル(ドライビングサンダル)」です。靴を履いた時にかかとをきちんと固定することができ脱落しにくい上、履き心地も軽いため、長時間の運転でも快適に過ごすことができます。

おすすめ運転用サンダルはコレ!

ノーブランド品 2WAY ドライビングサンダル

通気性があってムレにくいメッシュデザインの2WAYサンダル。弾力のあるクッション性インソールで履き心地抜群です。柔らかく屈曲性のあるアウトソールで足に馴染みやすく疲れにくいです。

エドウィン edm740

カカトが踏める2WAY仕様で、クロックスサンダルやスニーカーとして使用することだできます。通気性が高くアクティブに使用しても蒸れにくいです。軽くてクッション性のあるアウトソールが採用されているので、足腰への負担が軽減できます。

ドライブに適したドライビングシューズって?

©sh240/stock.adobe.com

パンプスやハイヒールで車に乗り込み、用意しておいた運転用シューズに履き替えるのもおすすめです。

運転しやすい靴であれば何でもOKですが、運転しやすさで選ぶならドライビングシューズを車内に用意しておくのもよいでしょう。コンパクトでかさばらないのも実用的です。

ドライブに適したドライビングシューズについては以下の記事で詳しくご紹介しています。気になった方は是非ご覧ください。

クロックスは種類によって車の運転に適さない場合も

クロックスを履いての運転は賛否が分かれています。かかとのベルトを下げていれば問題ないという意見と、かかとのベルトが外れたりずれたりする可能性があるという意見があります。

美脚、ヒップアップ効果が期待できる「クロックストーン(Crocs Tone)」は、自転車等の運転は控えるように公式からのお知らせがありました。

自動車、自転車、オートバイ等の乗り物を運転される際のご使用はお控えください。

crocks™ホームページより引用

サンダルやハイヒールでの車の運転は危ない!

©lzf/stock.adobe.com

運転に不適切な履物・靴を規定する、各都道府県の道路交通法施行細則では、NGとなる履物の名前や種類を表現する言葉が若干異なっています。

しかし、各都道府県でNGとなる履物が異なるというわけではなく、「道路交通法で定められた安全運転ができないものはNG」という言い換えであるといえます。

大阪府の道路交通法施行細則にあるように、具体例を挙げるときりがないため、「どの履物がこれに当たるかは、当該車両と履物について個別に判断」することが大切です。

運転しやすい靴や運転用サンダルで車を運転しましょう

サンダルやハイヒールでの車の運転は「運転を誤る恐れがある」という理由から、違反になるということがわかりました。しかしこうした履物でも、かかとがしっかり固定できる靴であれば大丈夫です。

運転用サンダルもあるので、夏場や長時間の運転の前に探してみてはいかがでしょうか。

意外と知らない車の法律についてはこちら

自転車編も要チェック!

あおり運転の次に気をつけたいのはコレ!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード