MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > うっかり違反する前に!駐車禁止標識の意味、範囲は?駐停車禁止との違いや罰則をチェック
お役立ち情報

更新

うっかり違反する前に!駐車禁止標識の意味、範囲は?駐停車禁止との違いや罰則をチェック

トリッキーな駐停車禁止表示も画像付きで解説!意外と知らなかったり、勘違いしているケースも!駐停車禁止との意味の違い、罰則もまとめてお伝えします。

駐車禁止標識の意味と範囲

駐車禁止標識
駐車禁止標識

上の画像が、おなじみの駐車禁止標識です。まずは、「駐車禁止」の定義、意味、法律のおさらいから始めましょう。

駐車とは?

道路交通法 第2条18 では次のように駐車の定義を定めています。

車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止すること(貨物の積卸しのための停止で五分を超えない時間内のもの及び人の乗降のための停止を除く。)、又は車両等が停止し、かつ、当該車両等の運転をする者(以下「運転者」という。)がその車両等を離れて直ちに運転することができない状態にあることをいう。

道路交通法 第2条18

平易なことばで簡潔に書きますと、

「すぐに車を発進できない状態で車をとめること。」

となります。

細かい話になりますが、「すぐに」の定義はありません。

駐車禁止の場所でエンジンを停止し、ドライバーが車から降りてドアの脇に立っていた場合、「すぐに」車を発進させられると解釈しても良いのかどうかまで定められていません。現場で取り締まる警察官の判断でどちらにでもなる、と考えて、ドライバーは運転席に座ったままでいる、とする方が安全です。

駐車禁止の場所であっても認められる車の停止

以下は駐車禁止の場所で車を停止させても駐車禁止には当たりません。

  • 人の乗り降りのための停車
  • 荷物の積み降ろしのための “5分以内”の停車

これ以外は駐車禁止となります。

駐車禁止の範囲

道路上のどこからどこまでが駐車禁止なのかは、道路標識ないしは道路標示で示されます。

道路標識の下側にある矢印は、その標識の「始点」と「終点」を意味する補助標識となります。

道路標示による駐車禁止の範囲

道路標識ではなく、路面に直接ペイントして規制等を示すのが「道路標示」です。道路標識とセットで標示されていることが多いですが、道路標識が省略され道路標示だけという場合もあります。

駐車禁止の道路標示が描かれている場所は、すべてその範囲となります。

駐停車禁止との違い

駐車禁止と駐停車禁止はよく似ています。まずは前述した「駐車」の定義と「停車」の法定義から比較しましょう。

駐車停車
車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止すること(貨物の積卸しのための停止で五分を超えない時間内のもの及び人の乗降のための停止を除く。)、又は車両等が停止し、かつ、当該車両等の運転をする者(以下「運転者」という。)がその車両等を離れて直ちに運転することができない状態にあることをいう。車両等が停止することで駐車以外のものをいう。

停車の定義:道路交通法 第2条1項19号

すなわち「停車」は、車の時速0kmの状態すべてを定義され、信号待ちや渋滞での停止状態も「停車」となります。

「駐停車禁止」は、信号待ちや渋滞による停車までを禁止するものではありません。(無理です)

わかりやすくまとめると次のとおりです。

駐車禁止駐停車禁止
人の乗り降りのための停車と 荷物の積み降ろしのための “5分以内”の停車を除き、すぐに車を発進できない状態で車をとめること。車を停止させる一切の行為を禁止。ただし、事故防止や信号、警察官による指示のときは除く。

「駐車禁止」「駐停車禁止」の道路標識・標示・ラインの違い

駐車禁止標識は、斜め線1本、標示は破線、駐停車禁止標識はバツ印、標示は実線になるという違いがあります。

駐停車禁止場所の覚え方【運転免許学科試験にも使える!】

運転免許の学科試験では、駐車禁止標識がある場所とない場所を含めて10箇所の駐車禁止場所と距離を覚えておかなくてはなりません。しかし10箇所もの場所をすべて覚えるのは大変です。

試験勉強を助けるキーワードとなるのが「トキ坂コマオ不安定」の語呂合わせです。以下のの9箇所に「駐停車禁止の標識や標示がある場所」を加えることで全10箇所の駐車禁止場所が覚えやすくなります。

  1. ト・トンネル
  2. キ・軌道敷内
  3. 坂・坂道の頂上付近や急勾配
  4. コ・交差点とその端から5m以内
  5. マ・曲がり角から5m以内
  6. オ・横断歩道や自転車横断帯の前後5m以内の場所
  7. 不・踏切から前後10m以内
  8. 安・安全地帯の前後10m以内
  9. 定・停留所び標示から10m以内

そのほか「トキ坂コマオ5年生不安定な10歳」のように距離情報を追加した覚え方や「トキ坂コマオ5年生、バスに揺られて不安な遠出」「校長危篤、5歳のコマオ10年不安定」など、趣向を変えた語呂合わせも存在します。

これらの覚え方は、地域や教習所によって覚え方が言い伝えられているようです。

道路標識・標示はなくても駐車禁止の場所の範囲

道路交通法により、道路標識や標示がなくても駐車禁止となる区域が定められています。その区域は下記の通りです。

  • 駐車したとき車の右側の3.5m以上の余地がない場所
  • 交差点、横断歩道
  • 自転車通行帯
  • 交差点やカーブから5m以内
  • 消火栓、防火水槽など消防関係設備から5m以内、火災報知器から1m以内
  • 駐車場など車の出入り口から3m以内
  • 急な坂道や坂の頂上付近
  • 道路工事の現場から5m以内

上記で注意したいのは、○mというのは前後の距離ではなく、半径となるため、対向車線も駐車禁止の範囲内となることです。対向車線に駐車するときは十分注意してください。

また、前述の他、下記の法で定められた駐車方法に従わない場合も駐車禁止違反となります。

  • 路側帯に単なる白線が引かれている場合、道路の左端から0.75m以上離して駐車
  • 道路の左側が破線で右側が白線の「駐停車禁止路側帯」、白線が2本の歩行者用路側帯の場合は車道の左側に寄せて駐車。路側帯への駐車はできない。

駐停車禁止の路側帯とは?

歩行者と軽車両が通行可能な「駐停車禁止路側帯」と、歩行者のみが通行可能な「歩行者用路側帯」への駐車が認められないのは、あくまで路側帯を通る軽車両や歩行者を妨害しないためのルールです。

「駐停車禁止路側帯」と呼ばれてはいるものの、この2つの路側帯はあくまで路側帯内への駐停車が禁止されているだけであり、標識や他の条件で駐停車が禁止されていない場合の除き、路側帯内側に進入しなければ駐停車が認められます。

駐車禁止場所に「停車」はできる?

©Paylessimages/stock.adobe.com

駐車禁止場所は、あくまで駐車が禁止であり停車することはできます。

ただし「人が乗っていれば」または「5分以内なら」運転者が車から離れても駐車禁止には該当しないという認識は誤りです。

道路交通法2条18項に記載される「貨物の積み下ろしにともなう5分を超えない駐車」および「人の乗降のための停止」は「駐車」の定義からは外れますが、「停車」に該当するとも明言されていません。

駐車禁止などの規則は、渋滞防止や危険回避のために設けられているルールです。また、荷物の積み下ろしにともなう5分という時間は、郵便・宅配業者向けの緩和措置と受け取るのが自然でしょう。

駐車禁止場所に停車することはできるものの、一般車両はやむを得ない場合を除いて停車を控えるべきです。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード