MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > 車を楽しむ > アウトドア > キャンプ > 「シンデレラトイレすげぇぇ…」世界最先端技術がキャンピングカーを無双にする
キャンプ

更新

「シンデレラトイレすげぇぇ…」世界最先端技術がキャンピングカーを無双にする

キャンプやアウトドアで困るのがトイレ問題。キャンピングカーにはトイレ設備が常設されていることがほとんどですが、「後始末が大変なため、普段は使用しないようにしている」というユーザーも多いかもしれません。

そこで活用したいのが、地球環境対応トイレと言われている「焼却炉式のトイレ」を搭載したキャンピングカーです。どのような仕組みになっているのでしょうか。

→「焼却炉式のトイレ」ほかスゴ装備を搭載したKABEのキャンピングカー画像を全部見る

日本導入初!究極のエコトイレを取材

スウェーデンのキャンピングカー・トレーラーハウスメーカー「KABE JAPAN」は、8月6日、7日に幕張メッセで行われた「遊べるモビリティ」の総合展「アソモビ2022 in Makuhari」でキャンピングカーを出展。

展示されていたキャンピングカー「Travel Master Imperial i910 QB」と「Travel Master Royal x880 LQB」には、焼却炉式のトイレが採用されています。

Travel Master Imperial i910 QB

KABE JAPANの担当者は、焼却炉式トイレの特長を次のように説明します。

「今回展示している一部のキャンピングカーには、ノルウェーを拠点にエコトイレを開発しているシンデレラグループの地球環境対応トイレ「Cinderella Incineration Toilet」を採用しています。

シンデレラの地球環境対応トイレは、70回に1回、ガスによる焼却で排泄物を灰にして、肥料として再利用が可能な焼却炉式のエコトイレです。

トイレを使用するたびに毎回便器に紙をセットする必要はありますが、水を一切使わないので、給水タンクも不要で、臭いもなく衛生的です。700回ほど使用したらフィルターを掃除するだけなので、手間もかかりません。

このシンデレラのエコトイレを採用したキャンピングカーは、日本では当社が初めてだと思います。」

地球環境対応トイレ「Cinderella Incineration Toilet」
見た目はいたって普通だが……その仕組みは?

執筆者プロフィール
室井大和
室井大和
1982年生まれ。ライター歴6年、自動車業界9年。合わせて約15年。雑誌編集、記者、指定自動車教習所員資格保有。愛車はスズキスイフトスポーツ(33型)、BMW323i(E90型)、ジムニー(JB23型)。車はセダンではじ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード