MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ルーミー > トヨタ ルーミー用おすすめ人気スタッドレスタイヤと選び方|2022年最新情報
ルーミー

更新

トヨタ ルーミー用おすすめ人気スタッドレスタイヤと選び方|2022年最新情報

ルーミーに適合するタイヤサイズは?

ダイハツのトール、スバルのジャスティと兄弟車となる、トールワゴンタイプのコンパクトカーです。搭載されるエンジンは996ccの直列3気筒DOHCエンジンで、自然吸気とターボの2タイプが用意されています。リアにはスライドドアを採用し、用途に合わせて変えられる多彩なシートアレンジなど優れたユーティリティが魅力です。

この記事では以下モデルの以下タイヤに適合するサイズのある、スタッドレスタイヤを紹介しています。

  • 900系 165/65 R14・175/55 R15

※Amazonでは該当サイズの商品が表示されていない場合がありますので、購入の際はサイズをご確認ください。

トヨタ ルーミー用スタッドレスタイヤ人気6選

BLIZZAK VRX3 165/65R14(ブリヂストン)

様々な冬道で高い性能を発揮する

フレキシブル発泡ゴムを採用することで、ミクロの接地面積が向上し、氷上グリップが大幅にアップしたモデルです。トレッド表面に施した微細な凹凸が路面の水膜を効果的に除去し、装着初期から優れた氷上性能を発揮します。

また、進化したトレッドパターンが水流の動きをコントロールし、接地面への水の侵入を抑制することで接地性を向上させています。

OBSERVE GARIT GIZ165/65R14(トーヨータイヤ)

独自の技術で、安心して雪道を走行できる

吸着3Dサイプを採用することでアイス路面での制動性・コーナリング性を向上させ、厳しいアイス路面での信頼ある走りを実現しています。そのほかにも制動性やコーナーリング性を向上せさるコンビネーションブロックや、排水性や排雪性を向上させる連通スリットなどで高冬道で高い性能を発揮します。

iceGUARD 6 iG60 165/65R14(ヨコハマタイヤ)

氷上でのブレーキングとコーナーリングを進化させた

最新テクノロジーを投入した非対称パターン採用モデルで、イン側でのエッジ量を従来品比8%向上させるとともに、ウェット性能の向上も向上させています。

立体形状のサイプがお互い支え合うことでブロック剛性を向上させる「クワトロピラミッドサイプ」を、センターには高い排水性とエッジ効果を実現する「クワトロピラミッド ディンプルサイプ」を採用しています。

WINTER MAXX 02 165/65R14(ダンロップ)

冬道で必要な性能を、高次元でバランスさせた

凍結、雪上、ウエット、ドライなど様々な路面での走行性やライフ性能含む経済性において、高いレベルでバランスの取れたトータルバランス型モデルです。冷えても柔らかい液状ファルネセンゴム」を採用することで凍結路面にしっかり密着し、混合物の少ない高密度ゴムがライフ性能を向上させています。

ICE NAVI8 165/65R14(グッドイヤー)

氷上性能を向上させた、プレミアムモデル

シリーズ初の左右非対称パターンの採用とコンパウンドの改良により、冬道性能を向上とロングライフを両立させています。

多方向にラグ溝やスロットを配置したマルチ・ディレクショナル・エッジや、ピッチ数の最適化で氷上ブレーキング性能を向上させ、ウルトラ・NAVIブレードが氷上路面における倒れ込みを抑制することで高いグリップ性能を生み出しています。

AW-1 175/55R15(ナンカン)

パターンの進化とブロックの剛性アップが、冬道走行に安心感を生む

従来モデルに比べて氷雪路面での駆動力と制動力を向上させ、静粛性が格段にアップしたことで快適な冬道走行を可能にします。

トレッドの側面側をジグザク形状にすることで、細かい雪や削れた氷などとの接触範囲を確保してトラクション性能を上げ、接地厚を均一にする新パターンがタイヤと路面との高い密着性を実現しています。

スタッドレスタイヤに関するおすすめ記事

スタッドレスタイヤおすすめ人気ランキングはコチラ

スタッドレスタイヤの選び方ハウツーはコチラ

【特集ページ】スタッドレスタイヤに関する情報総まとめ

執筆者プロフィール
MOBY編集部 カー用品チーム
MOBY編集部 カー用品チーム
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事