MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > クラウン > 【続報】新型クラウンが販売延期になった理由が判明…「あの車」が関係
クラウン

更新

【続報】新型クラウンが販売延期になった理由が判明…「あの車」が関係

新型クラウン販売延期の理由が判明!

撮影:三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY

7月15日に世界初公開された新型クラウン。本来ならば発表と同時に発売する予定でしたが、急きょ今年秋頃に発売を延期しています。

これについて前回の記事では今年6月に届け出がされたbZ4Xのリコールの原因調査の影響で、元町工場の生産体制が整っていないことが理由なのではないかと予想していました。

その後の調査によって追加情報を入手。本記事では新たに入手した新型クラウンの発売が延期になった理由をお伝えします。

一部パーツが「bZ4X」と共通だった可能性

トヨタ bZ4X

前回お伝えした通り、新型クラウンの生産自体は堤工場で7月6日からすでに開始しており、元町工場でも8月1日から生産される予定です。

発売前にクラウンの実車を見たディーラーによると、bZ4Xのリコールで不具合があるとされたハブボルトが、新型クラウンにも使われている可能性があるといいます。

つまり、bZ4Xのリコールの原因調査が完了するまで、同じパーツを使用する予定の新型クラウンも生産ができないということに。

実際、トヨタから販売店に伝えられた内容では、新型クラウンの発売を延期した理由は「半導体不足」ではなく「品質管理の問題」と記載されていたようです。このことからもクラウンの部品に何らかの問題があると予想できます。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード