MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 時代を作った!トヨタの偉大なる名セダンたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

時代を作った!トヨタの偉大なる名セダンたち【推し車】

数あるトヨタのセダンから名車を3台選べ…と言われると、かなりの難題です。

マイカー元年の扉を開いた初代カローラ、ハイソカーブームの先駆け初代クレスタ、今ヨーロッパでセダンの主流となりつつある4ドアクーペの元祖、初代カリーナED、国産プレミアムコンパクトの最適解と定評あるプログレ…といった感じでキリがありません。

アレも紹介したい、コレも紹介したい!という気持ちをグッとこらえ、「時代を作ったレベルで名車」と言える、トヨタの名セダン3選を厳選しました!

トヨペットクラウンRS(1955)

太平洋戦争に負けてすぐの頃はトラック以外ほとんど生産を許されず、乗用車生産を再開してもトラックシャシーへ架装業者が載せた、頑丈だけれども野暮ったいボディの車をタクシー向けに細々と作るくらいだった日本の自動車業界。

しかし1955年、戦後設計としてはエンジンもボディも自社製な、トヨタ初の本格セダンとしてデビューしたのがトヨペットクラウンRS、いわゆる初代クラウンでした。

まだ国産車の品質に疑問を持たれていた時代でもあり、トヨタも保険として頑丈なタクシー仕様車「マスター」を同時デビューさせていたものの、そのマスターを不要とする人気を獲得したクラウンは、日本を代表するセダンへと成長したのです。

最新「クラウン」中古車情報
本日の在庫数 118台
平均価格 118万円
本体価格 23~438万円

初代プリウス(1997)

1990年代、もはや大衆向けセダンは飽きられるほど作り、現在のミニバンSUVブームへ続くRVブームだった日本で衝撃的デビューを飾った、世界初の量販乗用ハイブリッドカー、初代プリウス。

サイズの割に車内空間に余裕がある4ドアセダンというパッケージこそ平凡でしたが、「実燃費で10km/Lも走れば優秀」だった時代にモーターで走る限りガソリンを食わず、20km/L前後の実燃費を誇るハイブリッドカーは、まさに革命でした。

やがて世界の自動車メーカーは、順調に進化したトヨタのハイブリッド技術にとても太刀打ちできないと一斉にEVへと舵を切る「ルール変更」を強いるなど、まさに歴史を作った名セダンです。

最新「プリウス」中古車情報
本日の在庫数 9406台
平均価格 128万円
本体価格 7~700万円

コンフォート(1995)

タクシー業界を主要顧客とした国産セダンの決定版、それまでの集大成となる名車が、1995年に発売されたコンフォート。

一見して旧型マークIIセダンをベースとした古めかしい車でしたが、あえて強靭さにこだわらないしなやかなボディを含め信頼性や耐久性に優れ、「日本で真に求められるセダンとは何か」という本質を絶妙に突いた、究極のセダンです。

誰よりもセダンを乗り回すタクシードライバーやタクシー会社から絶大な支持を受け、2018年の生産終了以降も、タクシーの中古車市場では人気継続中。

まだ他にもセダンは作られていますが、コンフォートはクラウン以来のトヨタセダンが歩んだ歴史にとって、ひとつの頂点と言えるでしょう。

最新「コンフォート」中古車情報
本日の在庫数 20台
平均価格 56万円
本体価格 36~79万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

トヨタの歴史を名車で振り返る!

クラウンの歴史を振り返る!

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード