MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > あなたの記憶の中のベストオブカローラはどれ?歴代カローラの名車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

あなたの記憶の中のベストオブカローラはどれ?歴代カローラの名車たち【推し車】

1966年の初代発売以来、同時期登場のライバルが消滅しても代を重ね、今も国産唯一の小型セダンとして、ハッチバック(スポーツ)、ワゴン(ツーリング)、SUV(カローラクロス)、旧型(カローラアクシオ/フィールダー)といった派生車含み販売が続くトヨタ カローラ。

長くライバル関係を続けた「戦友」である日産 サニーともども「マイカー元年」の扉を開き、ファミリーカーからWRCで活躍するスポーツモデルまで、さまざまな用途で使われてきました。

今回はそんなカローラのセダンから、特に「名車」として厳選した3台を紹介します。

マイカー元年に生まれた初代(E10系・1966年)

初代E10系カローラ 2ドアセダンDX

日本における乗用車がまだタクシーやビジネス用途メインだった1960年代前半は、庶民の足はもっぱらスバル360のような軽自動車か800ccクラスの小型車、仕事兼用のライトバンという時代でした。

そこへ当時としては立派な性能で安価な新時代の大衆車としてデビューしたのが初代カローラでした。一足早く登場した初代日産 サニーの1リッターエンジンへ対抗し、発売直前にエンジンを1.1リッターへ変更。「プラス100ccの余裕」というキャッチコピーで売り出します。

税制上は不利でも、同じような価格なら少しでも豪華な車を求めていたユーザーにこの変更が刺さり大ヒット。海外での販売にも成功し、現在のカローラの礎となりました。

最後のFRとなった4代目(E70系・1979年)

4代目E70系カローラ 4ドアセダン1500SE

既に大衆車のFF化が世界的な流れとなっていた中、車体表面をスッキリと平滑にして空気抵抗を減らすフラッシュサーフェス化を行いつつ、角張ったヴォクシーな形状で保守層ユーザーの期待にも答えた最後のFRカローラが、4代目E70系。

スポーツモデルのカローラレビンはよく知られる次のAE85/86まで、カローラバン/ワゴンも70系のまま1987年まで長らく生産されましたが、セダンや2ドアハードトップなど通常のカローラは1983年にFFの5代目E80系へ4年で順当にバトンタッチ。

最後のFRカローラはスポーツツインカムの2T-Gを搭載したGTを中心に、今でも旧車好きには人気があります。

バブル時代が生んだ豪華な7代目(E100系・1991年)

7代目E100系カローラセダン

現在のカローラの方がよほど高価とはいえ、発売当時は「あの安いけど”それなり”だったカローラがどうした?!」と驚かれるほどの高品質で話題になったのが、7代目E100系。

トヨタとしても相当な自信を持っていたようで、当初は上級グレード名を「SE-L」にしたところ、560SELなど高級セダンを販売していた元ネタ、メルセデス・ベンツからクレームが来たというエピソードも残っています。

発売した頃にバブルが崩壊、次の8代目E110系ではコストダウンを強いられたため、バブル時代に開発された車特有なE100系の贅沢さは余計に際立ちました。歴代カローラ史上、最高の傑作と言えるかもしれません。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード