MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スバル > レガシィアウトバック > 今週から米国で2023年式アウトバック生産開始…日本でもこの顔で販売される?
レガシィアウトバック

更新

今週から米国で2023年式アウトバック生産開始…日本でもこの顔で販売される?

スバルが米国でアウトバックの2023年モデルを生産開始

スバル アウトバック 2023年モデル(北米仕様)

北米スバルは、レガシイのSUVのクロスオーバーモデルであるスバル アウトバックの2023年モデルを発表しました。

新型アウトバックはアウトバックは安全技術や車載マルチメディアシステムの強化にどどまらず、フロントフェイスも大幅に変更。

細かな改良だけでなく、アウトバックの2023年モデルは印象も大きく様変わりして登場します。

スバルのオープンカー!? それもWRX!

現行モデルからの主な変更点

スバル アウトバック 2023年モデル(北米仕様)

もっとも目を引く大きな変更点はフロントフェイスの意匠変更です。ヘッドライトとフロントグリルが大型化され、それに合わせてフロントバンパーの意匠も大胆なものへと変更されます。

スバルの運転支援機能「アイサイト」は最新バージョンに置き換わり、ハードウェアや制御ソフトウェアの更新により動作範囲と安全性を拡大。一部車種には、見通しの悪い交差点で活躍するフロントに広角単眼カメラが備わり、アイサイトと連携してブレーキなどを制御して都市部での安全性を高めます。

スバル アウトバック 2023年モデルの内装(北米仕様)

北米版アウトバックは182PSの2.5L水平対向4気筒エンジンが標準装備となっていますが、2023年モデルの「XT」と「ウィルダネス」と呼ばれるモデルには、強力な2.4L水平対向4気筒ターボエンジンが標準装備となります。

この2.4Lターボエンジンは、最大出力は260hp/5,600rpm、最大トルク38.3kgm/ 2,000~4,800rpmを発揮。内外装に専用のアクセントが追加されるオニキスエディションは2つのエンジンを選べます。

そのほかにもディスプレイオーディオも11.6 インチ最新バージョンに更新される模様です。

もちろんアウトバック全車に高い悪路走破性能を発揮するXモードを備えたシンメトリカルAWDを搭載。2023年モデルは、ベース価格はが2万8,395ドル(約390万円)と2022年モデルよりも価格が安くなっていることにも注目です。

日本でも次回の年次改良で同様の変更アリ?

現在日本で販売されているレガシィアウトバック Limited EX

期待されるのはこのビッグマイナーチェンジに近い変更が加えられたアウトバックが日本へ導入されるかどうか。現行型は2021年10月に販売されたため、年次改良を受けるのもちょうどその時期になります。

とはいえ、スバル アウトバックは昨年フルモデルチェンジを果たしたばかりです。たった1年での外観変更は考えづらいため、フェイスリフトされた新型アウトバックは登場するとしても2023年と見るのが妥当でしょう。

現行型アウトバックの情報はこちら

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

スバルの新型車情報はこちら

北米で生産されている海外専用モデル「アウトバック ウィルダネス」を捉えた

インプレッサに7,000万円?イギリスで発売の「P25」とは

その他の最新情報

8月デビューか!フルモデルチェンジ版・新型シエンタを捉えた

遂に発表!新型シビックタイプRが世界初公開

スズキがインドで開発中のジムニーシエラ5ドアをスクープ!

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード