MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 接待トークも弾む?ゴルフを嗜むちょいワルオヤジにぴったりのセダンたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

接待トークも弾む?ゴルフを嗜むちょいワルオヤジにぴったりのセダンたち【推し車】

ちょいワルオヤジなら、ゴルフへ行く事もあるはず・・・ですが、だからといってクラウンやアルファードを選ぶというのもナンです。

ゴルフなら接待する事もあるしセダンだろう、しかし接待相手(逆かもしれませんが)より格上ではない、しかしタダモノではなく、かつ年上が多い中で「オッ、懐かしいね!」と、ちょっぴり話が弾みそうな車をチョイスしてみました。

AMG 300E6.0(1985年)

古いベンツと思いきや、AMGの6リッターV8ハンマーヘッドが唸る!

AMG 300E6.0

シブくキメるなら190Eなどバブル時代の「子ベンツ」で知られるW201系もアリですが、ただのベンツというより、まだメルセデスAMGになる以前のAMG車、それも「ハンマーヘッド」と呼ばれるAMGチューンのエンジンを積んだ化け物マシンが欲しいところ。

W201系の190E5.0AMGよりさらにパワフル、1クラス上のW124系(初代Eクラス)へ6リッターV8ハンマーヘッドを積み、最高速306km/hを誇るAMG300E6.0はイチオシです。

余裕ある車内と頑強なボディに385馬力のハンマーヘッドを唸らせ、ゴルフ場の帰りにワインディングを駆けて、温泉へ寄り道などオツです。

BMW アルピナ B10 BITURBO(1989年)

バブル世代を知るちょいワルオヤジはM5よりアルピナを好む?

出典:flickr.com Author:nakhon100 CC BY 2.0

最近、アルピナ車の権利をBMWへ譲り、次世代モビリティへ専念する決定が話題となった「アルピナ」ですが、メルセデスAMGやBMW Mに比べ、日本では知らない人が多いかもしれません。

BMW老舗公認チューナーのアルピナは、普通のBMW車とそう変わらない外観で中身はフルチューンなのが特徴で、バブル時代にはただの318iをデカールでアルピナ仕様にするなど、ちょっとした憧れだったものです。

現在のちょいワルオヤジもそんな時代を知る世代ですから、E34型5シリーズをベースに360馬力の3.4L直6ツインターボを積み、側面のアルピナデカールでさりげなく主張するB10 BITURBOでゴルフに行ければ、最高でしょう。

日産 プレジデント(2代目250型・1973年)

現役ちょいワルオヤジが高校の時リアル花形満してた国産高級セダン

日産H252 プレジデント ソブリン(2代目後期)

筆者の昔の知り合いで、家が山奥にある地主がいるのですが、免許を取るや高校へマイカー通学を始め、しかも愛車がプレジデントという、ちょっとヤンチャなリアル花形満(by巨人の星)。最近の写真を見ると、ちょいワルオヤジそのものです。

信号でAE86と並べば「4.4L V8ナメんな!」とイキがっていた彼は、いきなり最高級セダンから始まったためか、次第に小さい車が面白いと大衆車の世界にハマっていきます。今の彼がゴルフ場へまたあのプレジデントで現れれば、かなり似合いそうです。

輸入ハイパフォーマンスカーに対抗できそうな国産セダンはなかなかありませんが、インパクトで対抗するならこんな車もアリかもしれません。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード