MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > シーマ > 「日産の最高級車はやっぱコレでなくちゃ」売れなくてもいてほしかったフラッッグシップセダン・シーマ【推し車】
シーマ

更新

「日産の最高級車はやっぱコレでなくちゃ」売れなくてもいてほしかったフラッッグシップセダン・シーマ【推し車】

売れなくともないと寂しいのが「高級車」というもので…

レクサスLS(旧トヨタ セルシオ)とは違う方向で「高級車らしさ」を狙ったシーマだったが…4代目までは確かにカッコよかった

かつては「シーマ現象」という言葉すら産んだほどの国産高級車革命の旗手、日産が誇る高級セダンだったシーマですが、2022年にフーガやスカイラインのハイブリッド車ともども販売を終えてしまい、今や影も形もありません。

トヨタなど他社の状況を見ても、セダンがメーカーの象徴となる高級車であること自体、もはや「古臭い」のでは仕方ありませんが、長年の日産ファンとしては寂しさを感じる人も多いことでしょう。

MOBY編集部がAIに聞いた、「30〜50代のクルマ好きが気になる名車」には歴代シーマがノミネートされていますし、今回はシーマでも末期のモデルとなる、4代目(2001年)と5代目(2012年)を紹介します。

プレジデントのショート版で高級!カッコイイ!でも販売は…4代目(2001年)

ロングボディのショーファードリブンがプレジデント、ショートボディの最高級オーナーズカーが4代目シーマだった

2001年1月にフルモデルチェンジした4代目シーマは、セドリック/グロリアの上級派生版として型式もY31~Y33系だった先代までとは異なり、13年ぶりにモデルチェンジした日産の最高級車、プレジデントのショートボディ版という大変化が!

おかげで高級感は格段に上がり、エンジンもシーマ伝統の3リッターV6DOHCターボ(先代からのVQ30DET)だけでなく、4.5リッターV8直噴エンジンVK45DD搭載車も設定、2~3代目のように、「プレジデント未満だから4.1リッターね」ということもありません。

V8エンジン車のヘッドランプには、小型プロジェクターランプを中心に6つのランプが砲身のようにグルリ取り囲む、通称「バルカンヘッド」という特徴もウケました。

2008年2月までのモデルは少々、「メルセデス・ベンツ風に寄り過ぎ?」とも感じましたが、それ以降のインフィニティ風デザイン(実際、海外では3代目インフィニティQ45として販売)よりは、「日産が誇る最高級ドライバーズカー」という趣。

ロングボディでショーファードリブンのプレジデントともども、「これぞ新しい日産のフラッグシップにふさわいいクルマ!」と期待させましたが…既にエルグランドなどオラオラ顔の大型高級ミニバンがウケる時代でしたから、販売実績は寂しいものでした。

常にフーガより1桁少ない台数しか売れず、末期には年間販売2桁では仕方ありませんが、2003年には直噴V8が普通のV8へ、2007年にはVQ30DETが廃止されて「シーマのアイデンティティ」が失われていき、2010年にはついに後継車もないままシーマ自体、廃止!

一時はフーガが日産の最高級セダンになるのでした。

廃止で困るユーザーの求めに応じ復活!ついに日産の最高峰へ!5代目(2012年)

「フーガ」では納得いかないユーザーのため、2代目フーガハイブリッドのロングボディ版が5代目フーガとして登場、プレジデントなき後のフラッグシップセダンとして、2022年に廃止されるまでが「成り上がりシーマ」の花道だった

セド/グロが消え、プレジデントもシーマもなくなり、フーガをフラッグシップセダンとして売り出した日産ですが、サニーやブルーバードのような大衆車ならともかく、歴史も威厳もないフーガに法人向け高級セダンまでは荷が重すぎたようです。

ユーザーから販売店へ、販売店からメーカーに届いた苦言によって、先代限りで廃止したはずがわずか2年、2代目フーガハイブリッドのロングボディ版として、「5代目シーマ」復活!

先代がプレジデントのショートボディ版でしたから、実質はシーマの後継がフーガ、プレジデントの後継がシーマということになり、ついに日産の最高級ショーファードリブンカーへと車格が成り上がったわけです。

初代の頃は、3リッターV6ターボでテールを沈めて猛然と加速する「元気がいいニッポンの新しい高級車」として、「シーマ現象」なる言葉まで生むヒット作でしたが、晩年はプレジデントに代わり、3.5リッターV6フルハイブリッドでしずしずと走るクルマへ。

デザインは完全にインフィニティのものですが、フーガやスカイラインと違ってフロントグリルには日産マークが輝き、販売台数は少なくとも、日産のフラッグシップセダンとして堂々としていたものです。

しかし世界的にセダンが売れず、海外仕様のインフィニティQ70自体が後継モデルもなしに廃止されれば、シーマやフーガも作り続けることはできません。

それで2022年8月には再び廃止されますが、それに代わるにもスカイラインはスポーツに振りすぎですし、販売競争に負けて今は存在感の薄いエルグランドがモデルチェンジするまで(しますかね?)、日産の最高級車はしばらく「空位」となりそうです。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】メーカー別に《推し車》を見たい方はコチラ

【推し車シリーズ】スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

【推し車シリーズ】「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード