MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 昔も今でも人気!日産パオ・フィガロなど日産パイクカーの名車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

昔も今でも人気!日産パオ・フィガロなど日産パイクカーの名車たち【推し車】

現在でもアルトラパンやミラトコット、マーチボレロなど「既存車ベースでレトロ調デザインを取り入れた車」が、主に女性向けをターゲットとして販売されていますが、その元祖的存在が1980年代から1990年代はじめにかけ、日産が送り出した一連のパイクカーでした。

エスカルゴ以外は初代K10マーチをベースにしつつ、原型を留めないレベルで内外装を作り直し、デザインもコンセプトもそれまでの日本車とは一線を画する革命的な逸品で、台数限定で売れば完売どころか中古車にプレミアがつき、期間限定でも注文殺到。

K10マーチ生産終了とともにパイクカー開発も終わったとはいえ、現在まで中古車の人気は衰えていません。

Be-1(1987年)

Be-1 キャンバストップ

日産パイクカー軍団第1号で、空気抵抗を下げるため表面を平滑化するフラッシュサーフェス化や、シャープな印象をもたせるクサビ型のウェッジシェイプといった、カクカクしたデザインテイストへ真っ向から挑む、ヘッドライトもボディも丸っこいシンプルなデザイン。

1985年の東京モーターショーで発表されるや話題沸騰、約1年2ヶ月後に限定1万台で発売されるや、当時のマーチ3ドア・ノンターボ車の最上級モデルより30~50万円以上高いのに2ヶ月で予約完売。

購入できなかったり、納車を待ちきれないユーザーが殺到した中古車にはプレミア価格がつくほどの人気で、その後の国産コンパクトカーのデザインへも大きな影響を与えました。

最新「Be-1」中古車情報
本日の在庫数 22台
平均価格 100万円
本体価格 55~179万円

パオ(1989年)

パオ キャンバストップ

パイクカー第2弾で、過熱しすぎたBe-1ブームの反省から3ヶ月の期間限定で予約受付、受注した全車を販売する方法としましたが、それでもBe-1の3倍以上となる3万台あまりが生産されました。

「冒険心」をテーマに、外側に半ばヒンジが露出したドア、上下に分割で下半分は内側から押し出して開くフリップアウト式のクォーターウィンドウ、見かけはパイプそのものな前後バンパーなど、あえて古めかしい内外装を採用。

「本当にそこへ行かなくとも、乗った瞬間から非日常的な冒険が始まった気分になる」という、クロスオーバー的なコンセプトは後のラシーン(1994年)にも踏襲され、パオともども長く熱い人気を誇っています。

最新「パオ」中古車情報
本日の在庫数 49台
平均価格 114万円
本体価格 42~219万円

エスカルゴ(1989年)

エスカルゴ キャンバストップ(リヤサイドウィンドウ仕様)

日産パイクカーで唯一、K10マーチがベースではない商用車。1982年に生産を終えたVN10型パルサーバン、それを応用したミニバン・初代プレーリーに使った積載力の高いリヤ低床プラットフォームに、背の高い荷室を設けています。

丸いカーブのボンネット先端から飛び出した丸目2灯ヘッドライト、Aピラーから荷室後端までカーブを描くキャビン&ラゲッジは車名のエスカルゴ(フランス語でカタツムリ)そのもので、全長の短さから実用性はライトバンに劣ったものの、デザイン最優先。

ラゲッジのサイドパネルは丸窓つきの有無が選べ、後者は企業や店舗のロゴを大きく貼った走る広告塔としても最適で、商用車として長らく愛用されました。

最新「エスカルゴ」中古車情報
本日の在庫数 4台
平均価格 124万円
本体価格 78~199万円

フィガロ(1991年)

フィガロ

近年は刑事ドラマ「相棒」で”右京カー”として注目されてから中古車人気が高く、この種の小型車を好むイギリスを中心に海外でも人気が高い、パイクカー唯一のオープンカー(ただし開くのはルーフからリヤウィンドウにかけてのみで、フルオープンではない)。

ベース車より全長を縮めつつ4名分の座席を確保、装飾やオープンカーのための補強ゆえか車重が800kgを超えたため、マーチターボ用の1リッターターボエンジンを搭載しました。

先代にあたるパオとは違った意味で「日常の中の非日常」を追求し、国産車らしからぬ風貌もあって日本の街中で見かけると周囲の風景まで違って見え、カワイイ輸入車と思っている人がいるかもしれません。

最新「フィガロ」中古車情報
本日の在庫数 23台
平均価格 200万円
本体価格 66~495万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード