MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > マツダ開発中スーパースポーツ「RX-9」は2023年発売?オープンモデルも登場か
マツダ

更新

マツダ開発中スーパースポーツ「RX-9」は2023年発売?オープンモデルも登場か

550馬力以上のロータリーエンジンを搭載予定

マツダ RX-VISION CONCEPT

マツダが2015年に発表したコンセプトカー「RX-VISION」の市販モデルとなるスーパースポーツカー「RX-9」に関して新たな情報が入りました。

2023年発売を目標に開発を進めており、現在は550馬力以上の出力を誇るロータリーエンジンの燃費改善を進めているようです。

燃費はリッター8キロ…「悪すぎる」と改善を図る

マツダ RX-VISION CONCEPT

RX-9に搭載されるロータリーエンジンは、2019年には500馬力、2021年には630馬力を発生させるエンジンとして試作されていたと情報提供がありました。

ただし、このエンジンは燃費や異音に問題を抱えており、現在はその問題解決にあたっているようです。

試作品のロータリーエンジンは燃費が1リッターあたり8キロ前後となっていて、これは過去のロータリーエンジンを搭載するスポーツカーの中では良い数値です。しかし、開発陣はRX-8以上の燃費目標を掲げていて、現在の数値では「燃費が悪すぎる」として改善の対象にしているとのこと。

また、高負荷をかけたときに不快なノイズが発生するという問題もあり、これも改善を図っている最中だとしています。

オープンモデルも視野に?

マツダ RX-VISION CONCEPT

RX-9はRX-VISIONのデザインを踏襲しつつも、市販にあたっては多少の変更がおこなわれます。

RX-VISIONではテールライトに被さるように配置されたスポイラーが装着されていましたが、RX-9では3代目RX-7(FD3S)のようなドルフィンタイプのリアスポイラーが装着されるようです。

また、現段階では検討に留まっているようですが、オープンモデルの発売も視野にあるようです。2代目RX-7(FC3S)ではフルオープンのカブリオレが販売されていましたが、RX-9ではタルガトップタイプになるものと思われます。

RX-9はマツダ最後のピュアスポーツに…

マツダ RX-VISION CONCEPT

非常に高い出力を持つことになるRX-9ですが、これはマツダにとって最後のピュアスポーツカーだからだと関係者が明かしています。

マツダの歴史を彩ってきたロータリーエンジンは今後発電用エンジンとしての新たな活路が用意されていますが、コスモスポーツやRX-7、そしてル・マン24時間耐久レースで日本車初の総合優勝を果たした787Bなど、マツダのロータリーエンジンの歴史はマツダのスポーツカーの歴史とも言えます。

そうした中で、マツダはRX-9をロータリーエンジンを搭載する最後のピュアスポーツカーとして、有終の美を飾らせてやりたいという狙いがあるとのことです。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

その他の最新情報

【動画有】日産の軽EV「SAKURA」のテストカーがアメリカで目撃される!

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード