MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダユーザーの一部しか知られていない?ホンダMM思想を体現した四角い車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

ホンダユーザーの一部しか知られていない?ホンダMM思想を体現した四角い車たち【推し車】

スポーツカーやF1に始まったとはいえ基本的には大衆車メーカー、DOHC VTECなど高性能車はあくまでイメージリーダーであり、販売面では環境対策車やミニバンSUVで台頭してきたホンダ。

スポーティイメージに合わせたスタイリッシュなデザインが多く、案外「四角い車」はないものですが、それでも「四角くするからにはとことんやる!」というのがホンダ流なようです。

ライフ ステップバン(1972年)

当時の1BOX車でも、ここまで徹底した四角い車はそうそうない

ホンダ ライフステップバン

当時のFF軽乗用車ライフをベースに、エンジンを押し込めた短いボンネットから後ろは徹底した四角さとFFだから可能な低床キャビン&ラゲッジによって、フルキャブオーバー型の軽1BOX車に対してどうしても不足する車内スペースを最大限確保した意欲作。

現行軽商用車のN-VANと基本的に同じコンセプトを40年以上前に、四角いハイルーフボディでスペース効率を追求する意味でも、初代ワゴンR(1993年)や初代ミニカトッポ(1990年)よりはるか以前の先進的な車でしたが、当時は理解されませんでした。

ホンダは時にこういう「早すぎた車」を出しがちで、タイミングさえ合えばこの車もヒット作になっていたかもしれません。

最新「ライフステップバン」中古車情報
本日の在庫数 7台
平均価格 127万円
支払総額 91~170万円

ステップワゴン(初代・1996年)

FFベースで四角さを極めた車!ステップバンの精神は変わらず

ホンダ ステップワゴン(初代)

RVブームでミニバンにも流行の兆しが出た頃、まずはアコードベースで背の低い初代オデッセイ(1994年)をヒットさせたホンダでしたが、大本命はシビックベースのステップワゴンでした。

FF大衆車をベースに短いボンネットと四角い低床キャビンというレイアウトは、まんま24年前のステップバンと同じ手法でしたが、当時のハイルーフミニバンはミッドシップのエスティマも含め全てFRかMRの後輪駆動で、不思議とこのような車を作らなかったのです。

FF・低床・ハイルーフのスペース効率追求型ミニバンの元祖となりましたが、アレコレと追加された2代目以降より、初代の割り切った道具感を好むユーザーも少なくありません。

最新「ステップワゴン」中古車情報
本日の在庫数 1643台
平均価格 213万円
支払総額 20~1,150万円

モビリオ(2001年)

究極のMM精神!キャビンがとことん四角いコンパクトミニバン

ホンダ モビリオ

5ナンバーフルサイズのFFハイルーフミニバンが出揃うと、次は大型ミニバン、さらにコンパクトミニバンが作られますが、短い全長でボンネットのある1.5L級FF3列シートミニバンは難しく、無理に作っても3列目は補助席でした。

そこに全長4m少々、極限まで短いボンネットと可能な限り四角く広いキャビンを組み合わせたのがモビリオで、確かに実用性のある3列シート車にはなりましたが、横から見ると「窓が広い電車そのもの」で、吊り革をつけたくなります。

ホンダのMM思想(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)を極めたデザインでしたが、さすがに行き過ぎだったようで、次のフリードは少し全長を伸ばしてデザインを整えました。

最新「モビリオ」中古車情報
本日の在庫数 17台
平均価格 42万円
支払総額 19~60万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード