MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > フィアット > 【ジャンニーニ500シリーズ】知る人ぞ知るフィアット・チンクエチェントのチューンモデル
フィアット

更新

【ジャンニーニ500シリーズ】知る人ぞ知るフィアット・チンクエチェントのチューンモデル

イタリアの老舗チューンメーカー・ジャンニー二の歴史

Giannini (ジャンニーニ) 500TV オートモビルカウンシル2019
500TVのジャンニー二・エンブレムは、西洋の七宝焼き技法で作られた。

ジャンニー二の歴史は古くその創業は1920年。イタリア・ローマにアッティリオとドメニコ兄弟が始めた機械修理店でした。当初はイタリアで大手のカロッツェリアであったITALA(イタラ)車の修理を手掛け、その経験を買われ1927年から始まったミッレミリアの初回から、イタラ車のレースチューンを受け持つこととなります。

1930年代にはフィアット 500の初代トポリーノのチューンにもたずさわりますが、エンジン開発にも規模を広げ経営は悪化。1961年には一度破綻してしまいます。しかし、1963年には分社化のかたちで再び創業。その生き残った企業が現存するチューンメーカー「ジャンニー二 オートモビリ S.p.A」です。

現在、ジャンニー二はFCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)傘下となり、フィアットモデルへのチューンや特殊車両、クラシックモデルのレストア(古い車の修復・加工)を行っています。

ジャンニー二500シリーズの進化はアバルトへの対抗意識?

Giannini (ジャンニーニ) 500TV オートモビルカウンシル2019
ジャンニー二500TVは前期型が後ろヒンジ・前開き、後期型が前ヒンジ・後ろ開きドアだ。

アバルト 595(レプリカ)

フィアット アバルト 595
ChiemseeMan パブリック・ドメイン
出典 : https://ja.wikipedia.org/

1963年、ジャンニー二 500シリーズの初代モデル「500TV」がデビュー。TVとはイタリア語で「Turismo Veloce(ツーリスモ ヴェローチェ)」の略称で、高速・長距離向きの車を意味しています。その年代のフィアット500をベースとし、当初はフィアット500 Dをベースとしたため、ドアは前開き後ろヒンジとしていますが、1965年以降のモデルではドアが前ヒンジ後ろ開きへと変更になっています。

デザインではベース車からの大幅な加工は行わず、変更点はわずか。フロントグリル上のジャンニー二エンブレムに、サイドの専用デカール、リア部のバッジ、専用オイルパンなどさりげないほどの箇所としています。

1964年にはさらにジャンニー二 590GTを発表。このモデルは前年にデビューして話題となっていたチューンモデル「アバルト 595」を非常に意識したものとも言え、見た目のマイルドさとは対照的にその中身は真のホットハッチへと進化させているのです。

Giannini (ジャンニーニ) 500TV オートモビルカウンシル2019
サイドにさりげなく入るジャンニー二専用デカール。

1949年にイタリア・トリノで創業した世界的にも有名なチューンメーカー「アバルト」。しかし、母国ではジャンニー二も同じように老舗メーカーとしてリスペクトされています。

なかには世界限定200台のコルサも!気になるスペック

Giannini (ジャンニーニ) 500TV オートモビルカウンシル2019
エンジンは水冷直列2気筒OHVをリアに置いた。

ジャンニー二 590GT

フィアット ジャンニー二 590GT
Logsis92 CC 表示 2.0 / CC BY 2.0
出典 : https://fr.wikipedia.org/

デビュー当時のジャンニー二 500TVは、フィアット 500Dの直列2気筒エンジンをベースにカムシャフト・モーターシャフトを変更、シリンダーヘッドはあらたに作り替え、キャブレターにも改造が加えられました。その結果最高出力は25PS、最高速度は105km/hを達成しました。

590GTでは、ストロークを77.5mmに延長。シリンダーヘッド・ドライブシャフトにも変更がかけられ、最終バージョンとなるGTSでは最高出力35PS、最高速度は130km/hを達成するホットハッチに仕上げられたのです。

1990年代初頭、ジャンニー二はベースとなるフィアット 500の程度良好なもののみを集め、590GTのリバイバルモデル「ジャンニー二 590GT コルサ」を発表。同モデルは大きく張り出したオーバーフェンダー、ハイカム入り650ccエンジンにデロルト製キャブ、ロールバー完備のモンスターハッチで、世界限定200台の稀少車とされました。

Giannini (ジャンニーニ) 500TV オートモビルカウンシル2019
この年代のナンバー灯はどれも可愛い。
Giannini (ジャンニーニ) 500TV オートモビルカウンシル2019
計器類は丸形で統一。

ジャンニー二は整備工場としてのスタートから車のチューニング・加工などを行う現在まで、長年にわたる実績と信頼を築き上げていて、高性能なチューニング・パーツや高技巧のコンプリートカーを作り続けているのです。

ジャンニー二 500シリーズ激レアで価格応相談のケースも

Giannini (ジャンニーニ) 500TV オートモビルカウンシル2019
リアには斜めに配置されるジャンニー二ロゴがGood!
Giannini (ジャンニーニ) 500TV オートモビルカウンシル2019
サイドには専用デカールに沿うかたちでアルミ製ラインがまっすぐに引かれている。

ジャンニー二 500シリーズは販売台数自体も少なく、イタリア本国でも稀少車であるため、日本に出回るケースは非常に稀で出回ったとしても直ちにSOLD OUTになってしまうようです。参考価格としては300万~500万円ほど。程度によっては価格応相談となる場合もあるでしょう。

{"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86."}
Giannini (ジャンニーニ) 500TV オートモビルカウンシル2019
オールドモビルカウンシル2019に展示されていたジャンニー二500TVの資料。

ジャンニー二 500TVのスペック表

エンジン直列2気筒OHV
最高出力25PS/-
最大トルク
ボディサイズ
車両重量
トランスミッション4速MT
駆動方式RR
乗車定員4人
新車時車両価格

撮影:宇野 智(MOBY)オートモビルカウンシル2019にて

最新「500」中古車情報
本日の在庫数 758台
平均価格 115万円
本体価格 18~439万円
500の中古車一覧へ
最新「アバルト595」中古車情報
本日の在庫数 282台
平均価格 269万円
本体価格 98~419万円
アバルト595の中古車一覧へ
すべての画像を見る (11枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
石黒 真理

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード