MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 軽バンおすすめ3モデルを比較&選び方|軽トラとの違いは?
メーカー・車種別

更新

軽バンおすすめ3モデルを比較&選び方|軽トラとの違いは?

軽バンとは?

©prism graph/stock.adobe.com

軽バンとは、荷室スペースの利便性を最優先につくられた軽自動車規格の屋根付き貨物車です。車両価格や維持費に対して積載量が多く、運搬コストを低く抑えられるため、たくさんの荷物や用具の運搬を必要とする業務やレジャー用途に適しています。

もっとも一般的な形状の軽バンは、荷室長が稼げるようにエンジンを座席下に配置したキャブオーバータイプの1BOX型です。そのほかにも、一般的な軽自動車の後部座席を改装して貨物用途の車両規格に適合させた乗用車ベースの軽バンが存在します。

軽バンのメリット

荷室が広い

荷室の広さが軽バンの最大のメリットです。とくに、さまざまな業種で用いられる1BOX型の軽バンは、規格品の畳やコンパネが積載できるように設計されており、荷室は大人が横になれるほど広く平らな空間になっています。

荷室高は、大柄な人でも荷室に座ってくつろげる1.2m以上を確保しているため、大人2人の車中泊も可能です。軽バンは業務だけでなく、釣り竿やサーフボードなどの長物を積載する必要があるアウトドアスポーツやレジャーでも大活躍します。

維持費が安い

軽バンは貨物用途の車両規格である4および6ナンバー登録になるため、一般的な軽自動車に比べてさらに維持費が安価です。もっとも大きな違いは自動車税額。乗用軽自動車では年間10,800円かかる自動車税が軽バンなら5,000円になります。

重量税は計算方法が異なるものの乗用軽自動車と同額です。新車登録を含む車検期間が一貫して2年になるほかは、乗用軽自動車と維持方法に違いはないため、おおむね自動車税の差額分だけ安く軽自動車を維持することができます。

軽バンのデメリット

快適性が低い

軽バンは乗用軽自動車よりも乗り心地に劣ります。とくに折りたたみ式にしなくてはならないリアシートは簡素につくらざるを得なく、座り心地はお世辞にも良くありません。

そのうえ、重い荷物を積載しても走行安定性が保てるように、硬いサスペンションが装備されているため、空車時の乗り心地は劣悪といえるでしょう。

また、内装パネルや遮音材が省かれている場合もあるため、走行中の騒音が車内に響きやすい欠点もあります。

安全性が低い

軽バンは衝突安全性にも劣ります。とくにキャブオーバータイプの軽バンは、運転席が限りなく前方にあるため、正面衝突時に前席乗員が重篤なケガを負いやすい傾向にあります。また、総じて背が高いため、急カーブの走行時や側面からの衝突時に横転しやすい欠点もあります。

燃費が悪い

荷物を積載したときの発進性能を確保するため、軽バンはギア比が低く設定されています。そのためエンジン回転数が高くなりがちであり、とくに高速走行時の燃費性能は乗用軽自動車に比べ大きく劣ります。

またコストダウンの目的に加え、エンジンや駆動部の耐久性を確保するために、ハイブリッドシステムなどの燃費を引き上げる特殊な装置が搭載されない点もデメリットです。

軽バンと軽トラ、どっちがいい?

©prism graph/stock.adobe.com

軽トラックも軽バンと同じ軽自動車の貨物車です。よく似た構造ではあるものの、軽バンと軽トラでは適した用途が異なります。それぞれの特徴を知り、業務やライフスタイルに合わせて最適な車を選びましょう。

特化型の軽トラ

乗車定員2名である代わりにオープンデッキの軽トラは、重量350kg以下・高さ3.8m以下・車体全長の1/10までであれば積載物に制限はありません。

幌やトノカバーを使えばオープンデッキでもある雨や風から荷物を守ることもできます。さらにダンプや冷蔵・冷凍庫、キャンパーやラックなど、用途に応じて機能を拡張できる点も軽トラのメリットです。

また軽トラは、軽バンに比べホイールベースが短いため、狭い場所での小回りが効くうえ不整地での走行性能に優れています。グレードによっては高い悪路走破性を発揮するデフロック機能も搭載されます。

土や泥、水などが付くものを載せるなら荷台が掃除しやすい軽トラがベストです。本格的な農業や特殊な物品を運ぶ業務への使用に加え、キャンピングカーへの改装やオフロード走行を想定しているなら軽トラを選びましょう。

万能型の軽バン

1台の車で荷物の積載から日常的な移動、車中泊まで何にでも使える万能性が軽バンの特徴です。荷室は軽トラのように水で丸洗いはできないものの、掃除がしやすい構造であるため簡易的な農作業にも使えます。

車内の快適性は、軽トラに比べて圧倒的に広い車内をもつ軽バンの方が上です。ホイールベースが長く直進安定性にも優れるため、軽バンの方が長距離移動に適しています。

キャビンと荷室が一体になった軽バンは荷室容積に限りがあるものの、天候によって荷物を汚さずに済む利点があるため、大切な仕事道具や汚れては困る荷物を載せるなら軽バンがベストです。極端に特殊な用途でない限り、軽バンを選んでおけば後悔せずに済むでしょう。

現在軽バンは実質3車種

軽バンは各自動車メーカーから販売されているものの、そのほとんどはスズキもしくはダイハツが開発した軽バンを自社商品として販売しているOEM車両です。現在販売されている軽バンは実質的に3車種のみになります。

スズキ エブリイ

スズキ エブリイは、エンジンを前席下に配置したキャブオーバータイプの1BOX型軽バンです。6代目エブリイは一切のムダを廃した飾りっ気のないデザインと、クラスNo.1の荷室寸法が特徴であり、郵便局や電力会社などの公共機関でも使用されています。

自然吸気とターボの2種類のエンジンに組み合わされるトランスミッションは5速MT・4速AT・5AGSの3種類。5AGSは、5速MTに自動変速機能を追加したトランスミッションであり、ATの利便性とMTのダイレクトなトルク伝達を両立しています。

4速ATおよび5AGSには、前後誤発進抑制機能・前後衝突被害軽減ブレーキなどの各種運転支援装置が搭載され、2019年のマイナーチェンジでは夜間歩行者の検知にも対応したステレオカメラ方式のデュアルカメラブレーキサポートにアップデートされました。

業務用途に使う軽バンなら、エブリイを選んでおけば間違いはないでしょう。マツダ スクラム・日産 NV100クリッパー・三菱 ミニキャブは、スズキ エブリイのOEM車両です。

最新「エブリイ」中古車情報
本日の在庫数 3374台
平均価格 76万円
本体価格 2~370万円

ダイハツ ハイゼットカーゴ

ダイハツ ハイゼットカーゴは、エブリイと同じキャブオーバータイプの軽バン。現行型10代目は2004年から販売されており、車体・エンジンともに設計の古さは否めず、荷室寸法もエブリイに劣ります。

しかし、その差はわずか数mmで実用上の差はほぼありません。また、エブリイよりも凝ったエクステリアデザインで、ビジネス用途だけでなく趣味やレジャー用としても高い人気を維持しています。

搭載エンジンは自然吸気とターボの2種類。トランスミッションは、5速MTと4速ATが用意されています。もちろん前後衝突被回避支援ブレーキや前後誤発進抑制機能などの運転支援機能も搭載。MTモデルにも自動ブレーキが備わっているのはハイゼットカーゴの大きな特徴です。

また、エブリイにはない豊富なボディバリエーションもハイゼットカーゴの魅力です。乗車定員を2名とする代わりに荷室面積を有効に使える2シーターモデルや、乗車定員4人のキャビンを確保したまま後端をオープンデッキとしたデッキバンモデルも用意されているため、用途に最適な形状が選べるでしょう。

アウトドアレジャーで使う1BOX型軽バンをお探しの方にはハイゼットカーゴをおすすめします。トヨタ ピクシスバンとスバル サンバーバンは、ダイハツ ハイゼットカーゴのOEM車両です。

最新「ハイゼットカーゴ」中古車情報
本日の在庫数 3632台
平均価格 73万円
本体価格 0~283万円

ホンダ N-VAN(Nバン)

ホンダ N-VANは、スーパーハイトワゴンであるホンダ N-BOXを商用車として改装した軽バンです。エンジンが前方にあることで乗用軽自動車並の正面衝突安全性と静粛性を確保し、キャブオーバータイプより荷室長は短いものの、300mm以上も高い頭上空間が備わります。

自然吸気とターボのそれぞれのエンジンに組み合わされるトランスミッションは、商用車向けに改良されたCVTと6速MTです。ギア比をワイドにすることで、たくさんの荷物を積んだ状態でも優れた発進性能を確保しつつ、乗用軽自動車に劣らない高速巡航性能・燃費性能を備えています。CVTモデルには、自動ブレーキをはじめとする運転支援機能も搭載されています。

助手席Bピラーレスの大開口ドアは、業務用途だけでなくレジャーでも使いやすい装備です。愛嬌あるエクステリアデザインも相まって、日常生活で乗用軽自動車と同じように使えるのもN-VANの美点といえるでしょう。N-VANは荷物の運搬や、車中泊などの画一的な使い方に留まらない多彩な要望に応えてくれる軽バンです。

背高な荷物を積み込む場合や、キャンプ用の車、ロードバイクのトランスポーターとして使うなら低い床面が特徴のN-VANをおすすめします。

【ホンダ新型N−VAN vs ダイハツ ハイゼットカーゴ】徹底比較!

最新「N-VAN」中古車情報
本日の在庫数 147台
平均価格 131万円
本体価格 68~309万円

軽自動車で車中泊おすすめランキング&車中泊グッズ【2020年最新】

軽バンのおすすめカスタムは?

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード