MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 見た目は地味だけどエンジンがスゴイ!外見と性能のギャップが大きい車【推し車】
メーカー・車種別

更新

見た目は地味だけどエンジンがスゴイ!外見と性能のギャップが大きい車【推し車】

見た目のおとなしさにだまされると実は高性能な車、いわゆる「羊の皮を被った狼」的な車は国産輸入問わずいくつもあります。しかし、直6エンジンを積むためノーズを伸ばしたS54スカイラインGT-Bなど、外見上なかなか隠しきるのは難しいものです。

今回はそんな「実は狼な羊」の中から、見た目は地味だけど、とびっきりすごいエンジンを積んだ車を3台紹介します。

三菱 シャリオリゾートランナーGT(1995年)

三菱 シャリオリゾートランナーGT

今の視点で見れば、インタークーラー用のボンネットインテークで地味な見た目ではないのでは?と思わせますが、歩行者衝突時の被害軽減が考慮されていなかった当時、ディーゼルターボ車でもこの程度は当たり前、RVならなおさらです。

そしてこの車は3列シート7人乗りながら、積んでいるのはランエボと同じ4G63ターボ。しかもフロアシフトで、4ATだけでなく5MTも選べる2リッターターボ4WD+5MTのミニバンでした。

最高出力こそ230馬力(4AT車は220馬力)に抑えていましたが、「シャリオエボ」の異名を持つ当時の国産最強ミニバンです。

最新「シャリオ」中古車情報
本日の在庫数 1台
平均価格 77万円
支払総額 77~77万円

ダイハツ ストーリアX4(1998年)

ダイハツ ストーリアX4(画像の個体はサイドメッキモールやボディ同色ドアミラー、ホイールなどがノンオリジナル)
©DCTMダイチャレ東北ミーティング

黒いドアミラーにサイドメッキモールもリアワイパーもない廉価グレードと同じ外装。前置きインタークーラーゆえに当時のホットハッチターボ車で必須だったボンネットインテークもなく、ノーマルではグリル奥のインタークーラーを見なければ普通の安い車。

しかし中身は通常の1リッター3気筒エンジンではなく、メーカーチューンドで公称120馬力。ブーストアップや吸排気チューン程度で容易に160馬力へ達する専用エンジン、713cc4気筒ターボのJC-DETです。

ラリーでアルトワークスへ勝つためだけに生まれたストーリアX4(クロスフォー)は、ノーマルだと外見と性能のギャップが激しいモータースポーツベース車でした。

最新「ストーリア」中古車情報
本日の在庫数 6台
平均価格 108万円
支払総額 50~199万円

三菱 タウンボックスRX(1999年)

三菱 タウンボックス(初代・デビュー時)

新規格軽自動車版の軽商用1BOX、ミニキャブの乗用ワゴン版です。上級グレードのRXには先代にあたる「ブラボー」最終モデル後期型GTから受け継いだ、660cc4気筒20バルブの4A30ターボエンジンを搭載(後に排ガス規制のためSOHC16バルブ版へ更新)。

エアロパーツや派手なデカールなどRV色が強く見た目で明らかだったブラボーGTと異なり、初期のタウンボックスはミニキャブからの変更点が少なく、バンパーがボディ同色でテールデザインが異なる以外は商用バンそのものです。

後にマイナーチェンジで外装に装飾が増えていきますが、初期のタウンボックスRXは「商用バンの皮を被った高性能軽1BOXワゴン」でした。

最新「タウンボックス」中古車情報
本日の在庫数 153台
平均価格 84万円
支払総額 16~208万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード