MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > あなたにとって「赤」が似合う車は?名曲「プレイバック」世代が選んでみた【推し車】
メーカー・車種別

更新

あなたにとって「赤」が似合う車は?名曲「プレイバック」世代が選んでみた【推し車】

フェラーリの「ロッソコルサ」や「ロッソスクーデリア」、マツダの「ソウルレッド・プレミアム・メタリック」など、赤をコーポレートカラー、またはそれに準じたイメージカラーとしている自動車メーカーがあります。

しかしそれら「他の色でも構わないけど、基本は赤と宿命づけられた車」以外にも赤が似合う車もあり、今回はそうした車を2台+特別出演1台、紹介します。

ポルシェ 911(2代目930型・1974年)

♪緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ

ポルシェ911タルガ(2代目930) 
©Gaschwald/stock.adobe.com

「赤が似合う車」で真っ先に思い浮かんだ名曲が「プレイバックPart2」。

いろいろなアーティストにカバーされましたが、筆者のように高校時代にもカラオケで熱唱していたアラフィフ世代にとっては、1978年の大ヒットナンバー、山口百恵の熱唱によるものです。

昔から「ここで歌われているのはどのポルシェか?」という話題は尽きず、女性が乗るなら914か924とも言われました。

しかし、幼少時代に栃木県宇都宮市在住で、ツーリングの行きか帰りか、日光街道の並木の間を走り抜けるポルシェ軍団を見ていた筆者にとって、「馬鹿にしないでよ」と言うくらい強気の女性が乗るならば、911のタルガかカブリオレだろうと思うのです。

マツダ ファミリア(1980年)

栃木の山奥だとさすがに陸サーファーはいなかった

「赤いファミリア」マツダ ファミリア(5代目)

ゴテゴテした昔のアメ車風から、凹凸が少なくていかにも空気抵抗が少なく、風を切り裂くように走りそうなフラッシュサーフェス・デザインの車が登場した1980年前後、それを初めてモノにしたのが5代目マツダ ファミリアでした。

後にターボが追加されるとはいえ、どうということのない実用エンジンでしたが、サスペンションの工夫で軽快に走り、現在のソウルレッドと異なる単純な赤が妙に似合い、「赤いファミリア」はマツダ史上初めて、販売面でトヨタのカローラを脅かします。

海なし栃木県出身の筆者は見ませんでしたが、当時はこの赤いファミリアのルーフにサーフボードを載せてナンパする、「陸(おか)サーファー」も流行りました。

【特別出演】ヤンマーYMシリーズトラクター(1970年代)

燃える男の夢を載せて、一台一台丹念に作りました!(当時のCMより引用)

ちょうど「燃える男の赤いトラクタ~!」と歌われた頃、1979年に登場したヤンマー YM1401D
flickr.com Author: Joost J. Bakker IJmuiden CC BY-SA 2.0

風に逆らう俺の気持ちを、知っているのか赤いトラクター…小林旭の「赤いトラクター(1979年)」が流れるCM、40代後半以上の方なら覚えてると思います。

ヰセキ(井関農機)やクボタなど、当時は農機のCMがやたらと流れており、中でもヤンマーの「燃える男の赤いトラクター」は最高にカッコよかったものです。

幼児期の刷り込みか、サラリーマン時代の筆者は営業先のヤンマー営業所で最新のトラクター(当時は「エコトラ」)を見つけ、「これが憧れの赤いトラクターか!」と、仕事そっちのけで運転席に乗せてもらい、はしゃいだ思い出もあります。

なお特別出演の次点は、くるりの「赤い電車」(2005年)で歌われた京急電鉄でした。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード