MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 「カロゴンズ」で大ヒットもブームは一瞬?1990年代のステーションワゴンたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

「カロゴンズ」で大ヒットもブームは一瞬?1990年代のステーションワゴンたち【推し車】

最近、カローラツーリングやコンパクトミニバンの2列シート車で復権の兆しがあるとはいえ、日本における自動車史の中で1990年代にブワッ!と盛り上がった「ステーションワゴンブーム」ほど、、短期間でシオシオと下火になってしまった祭はなかったでしょう。

ライバルが全てスバルのレガシィツーリングワゴンに勝てず、3列シートミニバンの3列目を畳めば代用できてしまうため市場自体が縮小してしまい、あれほど盛んに新型のステーションワゴンを発売していた各メーカーとも、あまり熱心ではなくなってしまいました。

しかしブームだった時代は確かに存在し、今回はそこで重要な役割を果たした3台を紹介しましょう。

スバル レガシィ ツーリングワゴン(初代・1989年)

「ステーションワゴン=ライトバンの乗用版」を覆した名車

スバル レガシィ ツーリングワゴン(初代)

日本でもマイカー時代に入った1960年代、ステーションワゴンは既に「セダンと同じ感覚で荷物も積める便利なクルマ」として販売されていましたが、ほとんどが商用ライトバンと同じボディで「会社のクルマを借りている貧乏くさいイメージ」が抜けません。

しかし、1980年代の北米市場不振で自動車メーカーとして存亡の危機にあったスバルが心機一転、レオーネの上級グレード後継となる新型車レガシィを発売する際、ライトバン仕様のないワゴン専用ボディと、セダンRS同様の高性能版「GT」の設定で大ヒット!

「ライトバンに毛の生えたクルマ」というイメージを覆し、「カッコイイのに便利!」と一転して好印象を持った日本のユーザーへ、各メーカーが既存ワゴンの仕立て直しや新型車を投入、ワゴンの大ブームが起きました。

しかもレガシィは全てのライバルに完勝、後継車レヴォーグは今もなおスバルの看板車種、国産ワゴン代表として君臨しています。

トヨタ カローラ ツーリングワゴン(7代目・1991年)

カロバンと同じでも「カロゴンズ」のCMでイメージアップした成功作

トヨタ カローラ ツーリングワゴン(7代目E100系)

ワゴンブームでは「同じボディのライトバンがあると売れない」のが特徴で、専用ボディを作る余裕のない各車は何とかバンと同じく見られないようデザインを工夫したり、思い切ってライトバンをOEMへ切り替えたものです。

しかし、後にテールランプのみ変更した程度で、ライトバンのカローラバンとほとんど同じデザインのボディで大成功してしまった数少ない例が、7代目E100系カローラのツーリングワゴンでした。

E100系自体、バブル景気の影響で贅沢かつスタイリッシュで高品質なのに加え、4A-GE+6速MTのスポーツモデル投入、そして何よりユースケ・サンタマリアと篠原ともえによるユニット「カロゴンズ」によるCMで愛称「カロゴン」定着などテコ入れが大成功。

その割に後継車はカローラフィールダーへアッサリ改名しましたが、トヨタが現在のカローラツーリングまでワゴンを継続して販売できたのは、カロゴンの成功あってこそでした。

日産 ステージア(初代・1996年)

ワゴンブームの中でもさらにホンの一瞬!Lクラスワゴンブームの立役者

日産 ステージア 260RS(初代・前期型)

ワゴンブームの圧倒的勝者、レガシィへもっとも対抗したのはアベニールを擁する日産でしたが(何しろグランドワゴン/ランカスターへ対抗するアベニールブラスターまで発売した)、レガシィと違う土俵に目をつけ発売したのが初代ステージアです。

1990年まで販売したR31スカイラインワゴン以来の大型ワゴンですが、高級セダンベースの新型ワゴンがないのに目をつけ大正解、スカイラインGT-RのRB26DETTエンジンを積むステージア260RSまで追加し、高級スポーツワゴンを求めるユーザーにヒットします。

これを見たトヨタもクラウンエステート(11代目S170系・1999年発売)で対抗、ステージアも2代目(2001年)で応酬しますが、2000年代に入るとミニバンへ取って代わられたワゴンブームは急速に下火となり、両者の短く熱い争いもその代限りで終わりました。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード