MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > ポータブル電源「ADVANCE650」をレビュー!ソーラーパネルとの組み合わせも
アイテム

更新

ポータブル電源「ADVANCE650」をレビュー!ソーラーパネルとの組み合わせも

ポータブル電源「ADVANCE650」をレビュー

今回紹介するADVANCE650は、米ロサンゼルスに拠点を構えるアウトドア電源メーカー「TogoPower」が販売しているポータブル電源です。

TogoPowerは2020年に埼玉県に日本支社を設立しており、近年は日本市場にも力を入れています。

届いた製品はしっかりした作りの箱で梱包されています。

内側は製品の全面が発泡スチロールでカバーされていました。

内容物

製品に含まれているものは以下の通りです。

  • 本体(ポータブル電源)
  • 本体充電用ケーブル(4種類)
  • 説明書
  • 保証書

充電用ケーブルは4種類が付属

本体を充電するケーブルは4種類が付属しています。それぞれの規格は以下の通りです。

  • コンセント
  • シガーソケット
  • MC-4(別売りのソーラーパネル用)
  • ACプラグ

取り扱い説明書も日本語に対応。

保証もしっかりと用意されていて、「海外メーカーだから不安」という方も安心です。

デザイン

前面

表面には電源ボタンやディスプレイ、充電・出力プラグの差込口があります。

電源に接続する部分はそれぞれがしっかりとカバーされています。

後面

後面では、外箱に記載されている本体の仕様や注意事項などを確認することができます。

側面

左側面のみ、取っ手のボタンを押すことで点灯するライトが配置されています。詳細は記事後半で解説しています。

また、黒い部分はゴム製で、滑り止めの役割を果たします。

上面

上面は、Qi充電に対応するスマートフォンを置くことでワイヤレス充電をすることができます。

底面

底面には使用する上での注意事項が記載されています。

アウトドアで利用する際に留意すべき点としては、防水機能がないということと、氷点下での使用ができないということです。

製品仕様(ボディサイズ・スペック)

29.0cm
奥行き20.1cm
高さ20.0cm

サイズ感の参考

製品と2Lペットボトルと13インチノートパソコンを横に並べてみると上画像のようになります。

スペック

バッテリー
タイプ
リチウムイオン
バッテリー
容量
634wh
DC入力12-28V、最大100W
AC出力100V 50/60Hz 500W
(瞬間最大1000W)
シガーソケット12V/10A
USB-3.0出力5-12V 3A
合計最大54W
USB-PD出力5-20V 3A
合計最大60W
ワイヤレス
チャージャー
10W
LEDランプ0.5W
懐中電灯1W
使用温度範囲0~40℃

スペックは外箱側面にも記載されています。

充電性能

製品の前面にあるディスプレイには、中央にバッテリー残量、右側に現在出力している電力量が表示されます。

DC・USB・ACの3つのボタンがあり、出力したい規格のボタンを押すと、緑色のライトが点灯し、使用できる状態であることを示します。

充電中はディスプレイ左側に入力されている電力量が表示されます。

コンセント(ACプラグ)

コンセント(ACプラグ)部分を覆うカバーのみプラスチック製。

可動部は結構強めなスプリング(バネ)式になっています。

一般的な家庭で使用されているコンセントにもしっかり対応しています。

製品は50/60Hz手動切り替え機能を搭載しており、国内のどの地域でも利用可能です。

USB/DCケーブル/シガーソケット

コンセント以外ではUSB3.0ポートが3つと、USB-PDポート、DCケーブル、シガーソケットの差込口がそれぞれ1つずつあります。

こちらはプラスチックではなく、ラバーキャップで覆われています。

ワイヤレス充電(Qi充電)

本体の上面にはワイヤレス充電対応のスマートフォンを充電できる機構が備わっています。

編集部のスマートフォンで試してみたところ、しっかり動作しました。ワイヤレス充電は特別な操作不要で行うことができます。

ワイヤレス充電は他の充電ポートとの同時使用ができるので、USBポートを埋めることなくスマートフォンを充電することが可能になります。

懐中電灯としても活用できる

取っ手部分の電球マークがライトの点灯スイッチ

ポータブル電源としての機能以外にも、LEDライトまたは懐中電灯を点灯させることができます。

取っ手のボタンを押すことで切り替えることができます。

LEDライトモード

ボタンを一回押すと取っ手部分のLEDライトが点灯します。

懐中電灯モード

もう一度ボタンを押すと左側面の懐中電灯が点灯。こちらは暗い道を徒歩で移動する際に重宝しそうです。

LEDライト→懐中電灯→消灯の順で切り替わっていき、LEDライトと懐中電灯の同時点灯はできません。

アウトドアで使ってみた

実際にアウトドアで使用した様子です。ランタンやサーキュレーター、スマートフォンの充電を行いましたが、問題なく使用できました。

夏のシーズンは気温が高いので、屋外でサーキュレーターを使用できるようになると、かなり快適に過ごすことができるでしょう。

前述した通りライトとしても活用できるので、暗い道にちょっとした用があるときなどは便利でした。

ソーラーパネルと組み合わせることで、利便性はさらに高まります。

商品価格・公式サイト

ADVANCE650の価格は86,800円。同水準のポータブル電源ではやや高めの価格設定です。

公式サイトのほか、Amazonや楽天市場でも正規販売を行っています。

Amazonでは公式サイトと同じ86,800円ですが、楽天市場では「お買い物マラソン」という企画によって6万円台という価格設定。そのため、どちらかというと楽天で購入するのがおすすめです。

購入はこちらから

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード