MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > スピードメーターの人気おすすめ商品と選び方
アイテム

更新

スピードメーターの人気おすすめ商品と選び方

スピードメーターは公道を走行するすべての自動車に装着されていますが、運転中に見やすい位置に取り付けることでより速度の確認をより確実に行なうことができます。以前は取り付けに専門知識や技術が必要だった追加スピードメーターですが、現在ではGPSやECUといった技術を利用することで、簡単に取り付けることができる商品も増えています。

スピードメーターを追加するメリット

@titima157/stock.adobe.com

元々取り付けられているスピードメーターにはアナログ式やデジタル式があり、設置位置なども車種によって異なります。好きで選んだ車種のメーターが、自分の好みに合わない形式であるということもあるでしょう。

後付けタイプにはアナログタイプもデジタルタイプもあるので、好みの表示タイプを追加するということができます。また、スピードアラーム機能やピークホールド機能など、純正のスピードメーターには無い機能が付加されているタイプもあります。

また、多くのスピードメーターはハンドルのスポークの間から確認するようになっています。

追加スピードメーターを運転中に見やすい位置に取り付けることで、目線を動かす距離を減らすことができるので、より安全に運転できるようになります。

スピードメーターの選び方

追加スピードメーターを選ぶ際に注意したいのは、そのメーターのスピードの測定方式です。

GPSタイプは衛星経由でスピードの情報を得るため、受信状態が悪いと表示ができなくなることもあります。OBD2経由でスピードの情報を得るタイプは確実ですが、配線の処理などきれいに取り付けるには一手間かかります。

GPSとOBD2の両方に対応しているタイプもあるので、車両の状態や好みに合わせてチョイスしてください。また、OBD2タイプは電源もOBD2経由で取れるものがほとんどですが、GPSタイプはUSBなどから電源を取る必要があります。

スピードメーターおすすめ6選

【おすすめ1】GPSスピードメーターG1(wiiyii)

視認しやすいデジタル表示で、速度以外のデータも表示

衛星経由で速度のデータを得るタイプで、走行距離、走行方向、走行距離といったデータも表示することができます。速度の表示はkm/hとMPHに切り替えることができ、速度超過と疲労運転のアラームが装備されるなど、安全な走行にも寄与します。速度超過アラームのデフォルト設定は120km/hまたは120MPHですが、必要に応じて調整できます

【おすすめ2】スピードメーター(オートゲージ)

コクピットにスポーティなイメージをプラスする、追加メーター

直径80mmで視認しやすい、アナログ表示タイプのアイテムです。スムーズな針の動きを実現するステッピングモーターを採用し、ピークホールド機能を備えています。バックライトはLEDタイプで視認性が良く、ブルー/ホワイト/アンバーのカラーが選択できます。速度センサーからデータを得るタイプなので、取り付けにはある程度の専門知識や技術が必要です。

【おすすめ3】スピードメーターV(ピボット)

PIVOT ( ピボット ) スピードメーターV (赤表示) SML-V

PIVOT ( ピボット ) スピードメーターV (赤表示) SML-V

7,722円(05/19 10:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

車体の動力性能も計測できる、高性能アイテム

軽自動車からスポーツカーまで装置約できる12V車専用設計で、車速センサー経由の速度表示以外に、加速時間の自動計測や加速度を測るGメーターなども備えています。車種によってはスピードリミッターの解除をすることができるので、サーキット走行用としても最適です。

速度は350km/hまで表示でき、加速時間を自動計測する「ゼロヨンオート計測」は、100、200、300、400mの距離が設定できるようになっています。

【おすすめ4】デジタルGPS速度計(ELING)

動作電圧9~32Vで、様々な車種に対応できる

別体型のGPSアンテナを備え、より正確なスピード表示が可能なアイテムです。視認性の良いデジタルタイプで、速度以外に移動方向や移動距離を表示することができます。IP67グレードの防水仕様なのでオープンカーなどでも安心して使用でき、優れた防曇機能のある特性のガラスを使用しているので視認性も抜群です。

【おすすめ5】スピードメーター(aierbo)

見やすい位置に取り付けられて、運転に集中できる

OBD2とGPSの両方に対応している、コンパクトサイズのアイテムです。OBD2接続すると、速度意外に水温、電圧、燃費、回転、油温、タービン圧力といったデータの表示も可能です。また、0-100km/hまでの加速時間100km/hからの停止時間などを計測する機能なども備えており、自動車の性能を把握にも役立ちます。

【おすすめ6】多機能GPSスピードメーター(Aifeideen)

安全で快適なドライブをサポートする、様々な機能を搭載

ダッシュボードに馴染むデザインを採用した、GPSタイプの速度計です。進行方向や走行距離、運転時間なども表示することができ、自動照度調整やスピードアラーム機能なども搭載しています。USBから電源を取るだけで作動するので、設置も非常に簡単に行なえます。

追加メーターのおすすめメーカー4選

タコメーターとは?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード