MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > ETC車載器のおすすめ人気10選と選び方|主流はETC 2.0?自分で取付けできる?|2020年最新情報
アイテム

更新

ETC車載器のおすすめ人気10選と選び方|主流はETC 2.0?自分で取付けできる?|2020年最新情報

ETC車載器の取付け方法|自分で取付けることはできる?

ETC車載器を自分で取付ける方法

1.取り付ける場所とアンテナを設置する場所を確認する

ETCを取り付ける場所とアンテナを設置する位置を確認します。設置する位置は、フロントガラス上部中央のガラス部分です。

2.電源コードにコネクタを取り付ける

次に、付属されている電源コードに接続コネクタを取り付けます。電源コードの黄色の配線と赤色の配線の両方に接続コネクタをプライヤーを使って取り付けます。このときに、フリータイプのヒューズ電源にある赤色配線にも接続コネクターを取り付けます。

3.ヒューズボックスを探す

次にETC車載器を取り付けるにあたって必要になるヒューズボックスを探します。ヒューズボックスとは、自動車の電源を一か所に集め、過度な電流が流れた際に、過電流から車を守る役目をする箱のことです。

ヒューズボックスを見つけたら、ヒューズを抜きます。ヒューズボックスのカバーを外すと、その裏にヒューズを外すためのピンチがあるので、それを使って外しましょう。

4.電流が流れているかを確認する

抜き終わったら、検電テスターで電流がしっかり流れているかどうかを確認します。電流が流れていると、テスターが赤く光るので、非常にわかりやすいです。テストが終わったら、次は低背ヒューズ電源を取り付けます。

5.ヒューズ電源を取り付ける

取りつけ終えたら、ETCの電源の+側をヒューズ電源に、-側をボディに取り付けます。終わったらアースをつなげ、ラチェットで締め、ETC本体を取り付けて完了です。取り付けが完了したら、最後に通電しているかを確認しましょう。

ETCの取付けはDIYするのとオートバックス、どっちがお得?

【費用】ETCを自分で取付けるといくらかかる?

ETCを自分で取付ける場合、ETC本体の値段や、セットアップ料金などを合わせると、約15,000円ほどです。ETC本体の値段や使用するヒューズ電源によって、上下することもあります。この価格はおおよその目安として参考程度にとどめておきましょう。

【費用】オートバックスでETC車載器を取付けるといくらかかる?

オートバックスでは、ETC本体とセットアップ費用、基本工賃を合わせたお得なパックがあります。こちらは約10,800円という低価格で取り付けをしてもらえます。また、ETCのセットアップの際には、車検証が必要となるので、忘れずに用意しておきましょう。

自分で取り付けることのメリットとデメリット

自分で取り付けることのメリットは、何より基本工賃がかからないことです。よって、当然ながらその分費用は安くなります。また、取り付けるETCを自由に選べるので、自分好みに取り付けることができます。

ただし、電装系に関して多少知識が必要となったり、自分で取り付けなければならないため、手間や時間もかかったりします。

オートバックスで取付けるメリットとデメリット

オートバックスで取り付けてもらうと、時間も大してかからずに取り付けてもらえます。

ただし、セットアップ料金として2,700円、取り付け費用として5,400円ほどかかります。しかし、先ほど紹介したお得なパックを使用すれば、場合によっては自作で取り付けるよりも低価格でETCを取り付けることができます。

通販でETCを購入したらどうする?

通販でETCを購入した後に、委任状と車検証のコピーをメールなどで送る必要があります。その後、案内のメールが来るので、委任状に必要事項を記入します。特に問題がなければ、受付完了のメールが来て、商品が発送されます。

【結論】位置や配線にこだわりたいなら自分で。基本はお店に頼むのが簡単

知識があり、自分好みに取り付けたい場合は自分で取り付ける、とにかくETCが使えるようになればいい、というのであればお店に取り付けてもらう、ということになります。どちらがいい、というよりは、自分がどちらに当てはまるかを考えて選択しましょう。

【まとめ】ETC 2.0対応の車載器を買おう。取付けはお店に依頼するのが簡単

新しくETC車載器を購入する場合、ETC 2.0対応機種を購入しましょう。新品の製品であればほとんどが2.0に対応していますが、中古品を購入する場合は注意が必要です。車載器のバージョンが異なっても、従来のETCカードを利用できます。

ETC車載器の取り付けはDIYでも可能ですが、セットアップは登録店でしか行なえません。そのため、購入からセットアップまでを含む取り付けはカー用品店やディーラーにお願いするのが簡単です。割引サービスを使うと、場合によっては自作で取り付けるよりも低価格でETCを取り付けることができます。

すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部カー用品チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!