MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > 車用掃除機おすすめランキング&人気13選|選び方のポイントは?コードレスが便利?
アイテム

更新

車用掃除機おすすめランキング&人気13選|選び方のポイントは?コードレスが便利?

車用掃除機選びは、吸引力と使いやすさのバランスが肝心です。コンパクトな車用掃除機は扱いやすい反面、吸引力が不足しがち。便利 なコードレスも吸引力の弱さが心配です。最適な車用掃除機を選ぶためのポイントを解説するとともに、人気の車用掃除機10個をピックアップ。用途にマッチした掃除機を選び出しましょう。

車用掃除機の選び方とポイント

車用掃除機
©weerapat1003/stock.adobe.com

取り回しのいい1kgほどのコードレス型がおすすめ

車用掃除機を使うメリットはコンパクトであること。軽量・大容量のリチウムイオンバッテリーと、強力な吸引力を発揮するサイクロン方式を組み合わせた車用コードレスクリーナーは軽量で取り回しがよく、入り組んだ車内の掃除にうってつけです。

USB充電が主流になっているため、スマホ用充電器があれば車内に置きっぱなしで使えます。

ダストカップが丸洗いできると便利

土足で利用する車のフロアには砂や土などの汚れが多いため、ダストカップが丸洗いできるものを選ぶと便利です。

また、フィルターも水で丸洗いして繰り返し使える製品なら、車内に置きっぱなしでも匂いや雑菌の繁殖を抑えられます。念のため、交換フィルターが販売されているかもチェックしておくことをおすすめします。

音は60dB程度なら安心

静かな掃除機に分類されるのは音量60dB以下の掃除機です。60dBとは1m離れた人との会話レベルの騒音であるため、車内でも煩わしいと感じることなく使うことができます。コンパクトな車用掃除機は、静粛性を高めるのが難しいため、およそ70dB前後の製品が主流。なかには50dBの静音設計の掃除機も販売されています。

土や泥を掃除するなら湿乾両用モデルが安心

土や泥など水分を多く含んだゴミを掃除する機会が多いのであれば、湿乾両用モデルを選びましょう。乾式でも多少の水気のあるものは吸い込めるものの、故障の原因になります。

アウトドアレジャーやマリンスポーツなど、室内に水が入る環境で使う場合は湿乾両用モデルが安心です。

吸込仕事率(W)が高めの掃除機を選ぼう

吸引仕事率とは、掃除機の吸引力を仕事率W(ワット)で表した数値であり、この数値が高いほど効率よくゴミが吸い込める掃除機です。

しかし、吸引仕事率が表示された車用掃除機は少ないため、吸引仕事率の代わりに真空度Pa(パスカル)を参照しましょう。真空度が高いほど吸引仕事率が高くなります。

ダストピックアップ率(%)の表記があるなら100%に近いものを

ダストピックアップ率とは、一定条件の掃除機がけで実際にゴミが吸い取られた割合を表した数値です。吸込仕事率と同じく車用掃掃除機では表示されない場合が多いため、真空度Pa(パスカル)を参照しましょう。車用掃除機は真空度が高いほどダストピックアップ率も高くなる傾向にあります。

じっくり掃除したいならシガーソケットからつなげるコード式を

コードレスクリーナは稼働時間が短く、充電にも時間がかかるのが難点。シガーソケットから給電できるコード式ならバッテリー残量を気にすることなく掃除ができます。

ただし、コード式にもモーターの過熱を防ぐために稼働時間の制限が設けられているため、コード式であっても連続稼働時間は確認しておきましょう。

タイプ別車用掃除機おすすめランキング

3位:コンセントに繋げる家庭用掃除機

コンセントに繋げるタイプの家庭用掃除機の最大のメリットは、吸引の強さ。強・中・弱など吸引力を細かく調整できますが、弱でも十分な吸引力と言えるでしょう。

最近の家庭用掃除機は以前に比べるとコンパクトになっている傾向にはありますが、それでもかさばって重いのは否めないようです。また、コンセントが近くにないと使用できないのがデメリットと言えます。

2位:シガーソケット式掃除機

シガーソケット式掃除機は、 軽量で持ち運びが楽なので、車内で使いやすいというメリットがあります。車内に収納しておいて、使いたいときにさっと取り出せるのが良いですね。

しかし、難点はシガーソケットでつないでいないと使えないため、汎用性が低いでしょう。

1位:コードレス型掃除機

コードがないため、自由自在に車内の細かいところまで掃除することができます。また、家庭でちょっと掃除したいときにも便利です。

デメリットとしては、満充電でも使用時間が10分程度しか使用できず、長時間使用することができません。人によっては、吸引力が弱く満足できないかもしれません。

車用におすすめのコードレス型掃除機おすすめ人気4選

Angma「ハンディクリーナー」

細身でありながら、120Wの強力なモーターを搭載した乾式クリーナーです。吸い取るゴミの大きさによって使い分けられる9,500〜11,000Paの2モードを搭載。約4時間のUSB充電で最大35分の連続運転が可能です。

MEKUULA「ハンディクリーナー」

傘のようなグリップが特徴の乾式クリーナー。サイズも折りたたみ傘並にコンパクトかつ軽量です。4時間のUSB充電で最大20分の連続運転が可能。真空度は3,800Paと低めながら、作動音は50dB以下に抑えられています。

HAYASI「カークリーナー」

スタイリッシュなデザインの乾式クリーナーです。約2.5時間のUSB充電で連続稼働時間は13〜15分。コンパクトサイズながら5,300Paの強力な吸引力を発揮し、ダニや微粒子もしっかりと吸引します。

BE1「車用掃除機」

吸引とブロワー機能を備えた乾式ハンディクリーナーです。吸引ノズルが届かない場所でもブロワーでホコリを吹き飛ばして効率的に掃除できます。稼働時間は4時間のUSB充電で約20分。本体はシンプルな筒状で、収納場所にも困りません。

シガーソケットからつなげるコード式掃除機おすすめ人気3選

ブラック&デッカー「フレキシーオート2」

1.2mの長いホースがついた小型乾式掃除機。コードの長さは5mであるため、大きなミニバンでも隅々まで掃除できます。ハンディクリーナーに比べて大柄であるものの、コンパクトに収納できるよう設計されています。

メルテック「ハイパワーカークリーナー」

LEDライト付きで暗い車内でも使えるように配慮された乾式ハンディクリーナー。連続稼働時間は10分であり、それ以上使うとヒューズが切れて本体を保護します。予備ヒューズに加え、収納バックと蛇腹ホース、各種ノズルが付属します。

スターアロー「サイクロン カークリーナー」

サイクロン方式を採用する強力な乾式ハンディクリーナーです。丸洗い可能なダストカップに加え、掃除に便利な6種のアタッチメントが付属。まとめて専用収納ケースに入れて保管できます。コード長は4m。連続稼働時間は15分です。

車用におすすめの湿乾両用掃除機おすすめ人気3選

Kimitech「ハンディクリーナー」

8,500Paの吸引力を発揮するコードレスクリーナー。湿乾両用に対応するステンレス製のフィルターは1,000回洗って使える高耐久を誇ります。約3時間のUSBおよびACアダプターでの充電で35分の連続稼働が可能です。

DEKOPRO 「ハンディクリーナー」

120w高性能モーターを搭載し5,500Paの強力吸引を可能にしたコードレスクリーナー。わずか460gの軽さも魅力です。USB充電ケーブルが付いていて、電池残量表示があるため電池残量を確認でき安心です。

VEEAPE「ハンディクリーナー」

タイヤの空気入れ機能付コード式クリーナーです。設定した空気圧で自動停止する安全設計で、浮き輪やゴムボードにも使えます。吸引力は6000Pa。湿乾両用に加えLEDライトも備わるためアウトドアレジャーにおすすめです。

砂利も吸い取れる強力な車用掃除機おすすめ人気3選

ブラック+デッカー 車用掃除機

サイクロン方式で強力な吸引力で車内の細かいところまで掃除できます。ダストケースが水洗いでき、簡単で清潔にお手入れできる点もうれしいですね。

アイリスオーヤマ コードレスハンディクリーナー 車用掃除機

DCブラシレスモーターを採用しているため、コンパクトでありながら強力なパワーを生み出します。

2種類のアタッチメントで掃除したいパーツごとに使い分けできたり、バッテリー残量表示があったりシンプルかつ機能が備わっている点が魅力です。そのほか、スタンド式充電も簡単で便利です。

HOTGEE ハンディクリーナー 車用掃除機

540gのとコンパクトでありながら、90Wのモーターを搭載し、10,000PA以上の超強力な吸引力が備わっています。細かな粉塵や食べカスはもちろん、付属の隙間ノズルを使えば吸引力が強くなるため、砂利や小石まで吸い込むことができます。

吸引力重視なら家庭用掃除機をコンセントに繋いで使うのもアリ

車内には、食べカスや砂などが車の細かいパーツに入り込むこともあるため、吸引力が必要になってきます。特にお子さんがいる家庭では、食べカスや砂などがよく出るのではないでしょうか。

いろんなタイプの掃除機がありますが、しっかりと掃除したいという場合は、やはりコンセントにつないで使用する家庭用掃除機が吸引するパワーが大きいものが多い傾向にあります。

車の清潔さを考えて、吸引力を重視したい!という方はコンセントタイプの家庭用掃除機を利用するのも一つの手でしょう

また、ガソリンスタンドや洗車場では強力なパワーをもつ業務用の掃除機が完備されているため利用するのも良いかもしれません。

一般的には、5分100円ほどで使用できるようになっています。高出力のため小石や砂利も十分に除去できる上、普段掃除できないようなエアコンフィルターやマットなど隅々まで掃除できるのが大きな魅力です。車内をしっかり掃除したい方には、おすすめです。

その他のカーアイテムに関するおすすめ記事はこちら

ダッシュボードに使える便利グッズおすすめ人気ランキング!

年齢別おすすめのチャイルドシートランキング!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード