MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > 車の内張りはがしおすすめランキングTOP10│選び方や使い方の解説も
アイテム

更新

車の内張りはがしおすすめランキングTOP10│選び方や使い方の解説も

車内 パーツ取り外し
©buritora/stock.adobe.com

車の内張りはがしはいつ使う?

内装のカスタマイズ時に

内張りはがしを正しく使えば、内装のパーツを傷つけずに綺麗に取り外すことができるので、自分で車のドレスアップやカスタマイズをする場合には必須のアイテムといえます。

内装パネルの交換に

内張りはがしは内装パネルを交換したい場合にも使うことができます。事前に内張りはがしで内装パネルのロックをすべて外しておくことで、残りは手作業で簡単に取り外すことができるので便利です。

代用はできる?

内張りはがしの代用として、マイナスドライバーの先端にラップを巻いて使うという方もいますが、これだと部品を傷つけたり変形させてしまう危険性が生じてくるためおすすめはできません。

ドアの内張りのはがし方を解説した動画

内張りはがしの選び方

内貼りはがしの種類

内貼りに使う「プラスチック製」

柔らかい素材のプラスチック製は、取り外すパーツを傷つけにくいのが特徴です。大半のパーツの取り外しに使えるので、初心者の方におすすめです。

プラスチック製でも種類により柔らかさは異なります。特に傷をつけたくない箇所にはしなりが良い柔らかいタイプを使用し、作業性を優先したいときには硬質タイプを使用するなど使い分けて作業すると良いでしょう。

クリップ外しに便利な「金属製」

金属製の内張りはがしは、先端がY字型のドライバーのような形をしているのが特徴です。先端にクリップなどを挟み、テコの原理を活用することで簡単に引クリップ外しができます。

金属製の内張りはがしは持ち手がある程度太く、丸みを帯びているようなものが扱いやすくおすすめです。

外したいパーツに合わせて選ぶ

先端がカールしている「プルタイプ」

プルタイプは先端がカールしているのが特徴なので、オーディオを交換するときなどに適しています。

通常の内張りはがしだと斜めに差し込みながら作業しなければなりませんが、プルタイプは先端が曲がっているのでそのままパネルに差し込み作業することができます。

幅が広く太い「幅広タイプ」

幅広タイプは幅が広く太い形状が特徴で、ステップのような大きめのパーツを外すことに適しています。

通常の内張りはがしを使って大きめのパーツを外そうとすると耐えきれずに折れてしまう可能性があるので、より耐久性のある幅広タイプを使用するようにしましょう。

細長い「ロングタイプ」

ロングタイプは先端が丸いタイプと、少し尖ったタイプの2つがあります。先端が丸いタイプは先端が薄くなっているため、通常では入らない狭い箇所にも使えるのが特徴。もう一つのタイプは、その細長さを生かしてツメを外しやすいのがポイントです。長細い形状で、パーツの奥にあるツメも楽に外せます。

便利なセット品がおすすめ

初心者の方には複数の形状が組み合わされているセットタイプがおすすめです。単品で購入し揃えていくよりもリーズナブルなことが多く、種類も一気に揃えることもできるので最初にどれを買えばいいか悩んでる場合はセットタイプを購入しましょう。

車の内張りはがしおすすめランキングTOP10

第10位:PORAXY 内装剥がし 41点セット

豊富な自動車メンテナンス用ツールが41点も揃い、自動車整備に大活躍なセット商品です。ハンディリムーバーは作業時に握りやすい肉厚設計で、傷を付けにくいPOM素材を使用しており、扱い易いく安心して使用できます。

第9位:KTC クリップショートセット

国産車のドア・バックドア・クォータパネル・フロア等の内張りに最適な金属タイプの内張りはがしです。大中小の3サイズクリップに適用し、大サイズクリップクランプツールは、クリップ形状に合せた先端すり鉢形状に設計されています。

第8位:Cookie Bread 内張り剥がし19点セット

自給の潤滑性が高く、耐疲労性もよくて、優れた磨耗性もあり、高温下に耐える耐クリープ性を持っています。電気絶縁性も備えているので、電子機器関連のパーツ、カバー類などへの使用に最適です。

第7位:Manelord 内張り剥がし 9点セット

自動車の内装、外装の各部やセンターコンソール・オーディオ/カーナビ/F/Rバンパーなどの脱着の専用工具です。自動車以外でもエアコン、照明器具のパネル、ルームランプカバー等の樹脂部品の取り外しにも使用できます。

第6位:BeiLan 内張り剥がしセット

様々なサイズと種類の内張りはがしが揃っているので、愛車の他にエアコン、照明器具のパネル等にも使えます。綺麗な収納できる専用ケース付属されているので、持ち運びがとても便利です。

第5位:Gliston 内装剥がし7点セット

収納袋が付いているので、カーラジオの取り外し、パネルの取り外しなど、いつでもどこでも車の修理に使用することができます。

第4位:SENHAI 内張りはがし 8点セット

車のスピーカー/オーディオ、ドアパネル、窓、内部のアクセサリー、自転車のタイヤを取り外すことまで対応できる内張りはがしの8点セットです。金属製ファスナーリムーバーもセットに含まれているお得セットです。

第3位:エーモン 内張りはがし

全長約210mmのクリップ・クランプの取り外しや自動車の内張りコンソールパネルの取り外しに便利な内張りはがしです。部品にキズをつけにくいソフトタイプです。

第2位: エーモン パネルはがし

内張りからオーディオ周辺パネルまで幅広く使える内張りはがしです。ピットでも多く使用されている素材形状で、ダッシュボード奥への配線もしやすいロングタイプ。先端が「くぼみ形状」で、狭い箇所でも「引っ掛けて・引っ張り出す」ことが可能です。

第1位:BOROLA 自動車内張り外し

トリム、モールディング、ドアパネル、ダッシュボードを簡単に取り外すことができるプラスティクタイプの内張りはがしセットです。握りやすい肉厚設計なのでストレスなく作業できます。

内張りはがしの購入前に確認したいこと

A

内張りはがし購入時の注意点は?

内張りはがしを外したいパーツによって使い分けることで、効率よく作業することができます。DIYで取り外す予定のパーツを考慮しながら、内張りはがしを選ぶようにしましょう。

A

内張りはがしの種類は?

先端がカールしている「プルタイプ」や、幅が広く太い「幅広タイプ」、細長い「ロングタイプ」などがあるので、外したいパーツに合った内張りはがしを選んで効率よく作業しましょう。

A

内張りはがし購入時のおすすめは?

初心者の方は、単品の内張りはがしを購入するよりも、複数の形状が組み合わさっているセットタイプの商品を購入することをおすすめします。

執筆者プロフィール
MOBY編集部 カー用品チーム
MOBY編集部カー用品チーム
すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事