MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > ベルト鳴き止めスプレーの人気おすすめ商品と選び方
アイテム

更新

ベルト鳴き止めスプレーの人気おすすめ商品と選び方

エンジンをかけたら、エンジンルームから「キュル、キュル……」という音が聞こえたことはありませんか?これはエンジンルーム内にあるベルトがスリップしている音で、ベルトの劣化や伸びによって生じます。このベルトのスリップ音は「ベルト鳴き」と呼ばれ、ベルト鳴き止めスプレーを使うことで解消されることがあります。

ベルト鳴きの発生理由と、鳴き止めスプレーの使い方

©Kanemme6/stock.adobe.com

エンジン周りにはファンやオルタネーターの駆動用など、何種類かのベルトが使用されています。このベルトはゴム系の材質でできており、長い間使用していると硬化したり伸びたりして劣化してきます。

このベルトの劣化がベルト鳴きの主な原因で、基本的にはベルト調整や交換などのメンテナンスが必要になります。

劣化したベルトそのまま使用し続けてしまうと、ベルト切れを起こして大きなトラブルの原因になる可能性があります。できるだけ早くメンテナンスに出すべきですが、時間的な問題などでどうしても一時的に音を消したいという場合もあると思います。そんな時に使用するのが、ベルト鳴き止めスプレーです。

ベルトに吹き付けることで鳴きを解消できるアイテムですが、あくまでも応急処置と考えるべきです。次にベルト鳴きが発生する前にきちんとしたメンテナンスをするようにしましょう。

ベルト鳴き止めスプレーの選び方

ベルト鳴き止めスプレーにはベルトの劣化抑えたり、汚れを落としたりするのが基本ですが、研磨剤を配合してベルトの表面を改善するタイプなどがあります。

製造メーカーによってアプローチの仕方や成分、容量の差などがありますが、使用方法や効果などは大きく変わりません。しかし、いずれも、先にも触れたように基本的には応急処置用のアイテムと考えておくべきでしょう。

どんな製品も劣化の酷いベルトには効果が無いので、ベルト鳴き止めスプレーを使用しても鳴きが収まらない場合はすぐに調整や交換などのメンテナンスを行なってください。

ベルト鳴き止めスプレーおすすめ6選

【おすすめ1】ベルト鳴き止めスプレー(ソフト99)

ゴムの劣化を防いで、スリップを防止する

ファンベルトやクーラーベルトの鳴き、滑り、異音を止めるアイテムで、ベルトの保護や劣化防止効果もあります。使用方法は、エンジンを停止した状態でベルト内側およびプーリーの溝に吹き付けてエンジンをかけてベルトを動かし、再度エンジンを停止させます。これを2~3回繰り返し行ない、液をベルトの内側全体に均一に行き渡らせます。

【おすすめ2】ベルト鳴き止め&コンディショナー(KURE)

KURE ベルト鳴き止め&コンディショナー 1425 220ml

KURE ベルト鳴き止め&コンディショナー 1425 220ml

599円(05/24 16:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

音や滑りを瞬時に解決する、高性能スプレータイプ

スプレーするだけでゴムベルトの鳴きを解消し、スリップを防止することで伝道効率を向上させるアイテムです。また、ゴムの劣化や硬化を防ぎ、部品の耐久性を向上させる効果もあります。専用のノズル付きで、缶を逆さにしても使用できるタイプなので、奥まった部分などにも噴射しやすくなっています。

【おすすめ3】ベルトワックス(AZ)

AZ(エーゼット) ベルトワックス スプレー 220ml V003

AZ(エーゼット) ベルトワックス スプレー 220ml V003

3,000円(05/24 16:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

ベルト周りのメンテナンスを、トータルで行なえる

ゴムベルト用のケアアイテムで、平ベルトやVベルトのスリップを防ぎ、鳴き止めに効果を発揮します。ベルト滑りが無くなることで伝導効率がアップし、プーリーを確実に回すことで機械としての効率も上げることができます。主な成分はロジン、アルコール系溶剤、炭化水素系溶剤、潤滑油なとで、噴射剤を含めた容量は220mlです。

【おすすめ4】ベルトドレッシング(ピットワーク)

ゴムのコンディションを整え、鳴きや滑りを防ぐ

プロの整備士にも愛用される、整備用ケミカルメーカーが製造するスプレータイプのアイテムです。エンジン周りの冷却ファンベルト、クーラー用ベルトなどのスリップや鳴きを確実に防止することができます。ゴムの劣化を防ぐ効果もあるのでベルトの寿命を伸ばし、長期間にわたって確実に回転を伝えることができます。

【おすすめ5】ベルト鳴き止めスプレー(Holts)

クリーニングとコンディショニングで、トラブルを防ぐ

強い脱脂力で汚れを落とし、ゴムの柔軟性を高める効果のあるケミカルです。ベルトのベタつきやひび割れを防止し、保護することで耐久性をアップします。クーラーベルト、パワステベルトなど様々なタイプのベルトに使用することができるので、1本持っておくと便利です。

【おすすめ6】ベルト鳴き止め剤(SUMICO)

接触部分を改善することで、確実な摩擦を生み出す

Vベルトとプーリーの接触圧力を均一にしてくれる、二硫化モリブデンと研磨剤を配合した特殊摩擦安定剤です。ベルトの劣化や硬化により発生する滑りや音を防止し、確実な駆動力の伝達を実現してくれます。このアイテムは研磨剤なので、潤滑が必要な箇所には絶対に使用しないように注意しましょう。

タイミングベルトの交換は必要?しないとどうなる?

タイミングチェーンとタイミングベルトの違いとは?

パーツクリーナーの人気おすすめ商品と選び方

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード