初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

チャイルドシートやジュニアシートの助手席は法律でOK!ただし危険!

子供の命を守るチャイルドシートです。6歳未満の子供を自動車に乗せる場合、必ず使用しなければなりません。乗せる場所に関しては、とくに決まりがあるわけではありませんが、助手席に乗せるのはやめましょう。そこで今回は、なぜチャイルドシートを助手席に乗せてはいけないかを紹介します。

小さい子供はチャイルドシートに必ず乗せよう

チャイルドシートの使用は義務

チャイルドシートやジュニアシートの使用は道路交通法で義務付けられていて、6歳未満の子供が車に乗る場合、必ずチャイルドシートに乗せなければなりません。

また、子供の年齢が6歳以上になり、チャイルドシートの使用義務が無くなったとしても、身長が140cm未満の子供は引き続きチャイルドシートを使用することをおすすめします。

なぜなら、車のシートベルトは身長140cm以上の人を対象に設計されているので、体格の合わない子供が使用すると骨や内臓を痛めてしまう恐れがあるからです。

以上のことから、子供がシートベルトを着用できる身長になるまでは、成長に合わせて最適なチャイルドシートを選ぶようにしましょう。

チャイルドシートの種類

チャイルドシートは大まかに分けて、「ベビーシート」「チャイルドシート」「ジュニアシート」の3種類があり、それぞれ特徴があります。

それぞれの特徴や対象としている年齢層を理解して、子供の年齢や体格にピッタリ合うものを使用しましょう。

「ベビーシート」「チャイルドシート」

ベビーシート:生後約10カ月(体重10kg未満、身長70cm以下)までの首の座らない新生児が使うシートです。後ろ向きに使用し、腹式呼吸がしやすいように平らなベッドになるタイプを選びましょう。

チャイルドシート:生後約10カ月~4歳(体重10~18kg未満、身長100cm以下)までの幼児が使うシートです。

一人座りができるようになったはじめのころは、衝撃を背中で分散できるように車の進行方向と逆に取り付け、ある程度大きくなったら進行方向と同じ向きに取り付けましょう。

「ジュニアシート」

ジュニアシート:約4歳~10歳(体重15~36kg未満、身長135cm以下)までの子供が使うシートです。座高を上げ3点式シートベルトを使用し、小さい子は背もたれつきのシート、大きい子は座面のみのシートを使うことをおすすめします。

使用する身長や体重、各シート兼用タイプの有無などは製品会社により異なるので事前に確認してください。

チャイルドシートは助手席でも使える?違反ではないの?

違反ではないけれど

チャイルドシートを助手席で使用することは、法律違反ではありません。道路交通法でも、チャイルドシートを設置する“場所”に関しての規定はありません。

しかし、違反ではありませんが、危険性が高いという問題があるのです。なので、チャイルドシートを助手席に設置することはおすすめできません。

チャイルドシートを助手席に設置した場合の危険性とは?

エアバッグに危険性あり

エアバッグは本来、大人を対象にして設計された物なので、助手席のエアバッグが勢いよく開くと小さな子供は衝撃に耐えられない場合があります。

また、チャイルドシートを助手席に設置すると、本来の座席部分から前に出た位置に子供が座ることになるので、エアバッグが顔に押し付けられて窒息してしまう危険性もあるのです。

ドライバーの集中を欠いてしまう

小さな子供を運転席の横に乗せてしまうと、なにかと気になって運転に集中できません。大声で泣かれたりしたら、運転をする余裕なんてあっという間に無くなってしまうでしょう。

子供の様子を見るためによそ見をして、事故を起こしてしまうということも十分あり得るので、チャイルドシートは後部座席に設置し、同乗者がいる場合にはその人に面倒を見てもらいましょう。

助手席は死亡率が高い

チャイルドシートを助手席に乗せてはいけない一番の理由は、交通事故が起きたときの助手席の死亡率の高さにあります。

政府統計によると、交通事故が起きたときの死亡率は後部座席よりも助手席の方が高いというデータが出ているのです。

シートベルトの着用率が低い後部座席より死亡率が高いということからも、その危険性がわかります。(自動車は全席シートベルト着用の義務があります)

当然、小さな子供の体は大人より衝撃に弱いので、助手席に乗せて事故を起こしたら、大変なことになってしまうでしょう。

やむを得ず助手席に乗せる場合は?

乗車定員や荷物の関係で、どうしてもチャイルドシートを助手席に設置しなければならない場合は、チャイルドシートを前向きに設置し、シートポジションをできる限り後ろに移動させましょう。

先述の通り、エアバックは逆に子供を傷つけてしまう可能性があるため、エアバックからできるだけ遠ざける必要があります。

チャイルドシートを卒業するまでは、子供に助手席はやめましょう

子供が助手席に乗りたがっても、チャイルドシートを卒業して、ある程度体格がしっかりするまでは、助手席に乗せることはおすすめできません。

助手席に乗れる位大きくなったら、あらためて親子仲良く安全なドライブを楽しみましょう。

こちらの記事もおすすめ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す